着地置換効果 節を編集

置換効果の1つ。「バトルゾーンに出るかわりに」別のゾーンに送る効果の俗称。

聖鎧亜キング・アルカディアス SR 光/闇文明 (7)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド/ロスト・クルセイダー 9000
進化−自分の多色クリーチャー1体の上に置く。
W・ブレイカー
相手は、多色以外のクリーチャーがバトルゾーンに出る時、かわりに墓地に置かれる。
※プレミアム殿堂
「修羅」の頂 VAN・ベートーベン SR 無色 (11)
クリーチャー:キング・コマンド・ドラゴン/アンノウン/ゼニス 14000
T・ブレイカー
このクリーチャーが召喚によってバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーをすべて持ち主の手札に戻す。
相手がコマンドまたはドラゴンをバトルゾーンに出す時、相手はそのクリーチャーをバトルゾーンに出すかわりに墓地に置く。
エターナル・Ω(このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、かわりに手札に戻す)
悪魔神バロム・クエイク P 闇/自然文明 (10)
進化クリーチャー:デーモン・コマンド 13000
マナ進化:デーモン・コマンドを1体自分のマナゾーンから選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、デーモン・コマンド以外のクリーチャーをすべて破壊する。
相手のクリーチャーがコストを支払わずにバトルゾーンに出る時、相手はそのクリーチャーをバトルゾーンに置くかわりに自身のマナゾーンに置く。

ルール 節を編集

  • 手札からバトルゾーンに出そうとしたクリーチャーが、着地置換効果によって墓地に置かれた場合、それは手札から「捨てた」扱いにはならない
  • クリーチャーをリアニメイトしようとしたが、着地置換効果によって墓地に置かれる場合、そのクリーチャーは墓地から離れずにとどまったままの状態になる。そのため、《一なる部隊 イワシン》のような「どこからでも墓地に置かれた時」の能力はトリガーしない。
  • 着地置換効果の対象外のクリーチャーを墓地進化マナ進化などでバトルゾーンに出す際に、進化元に着地置換効果の対象となるクリーチャーを選んだ場合、問題なく進化してバトルゾーンに出せる。これは、墓地進化マナ進化によって進化元になったクリーチャーは、バトルゾーンに出た扱いにはならないという裁定から。
  • 逆に着地置換効果の対象となっているクリーチャーが、墓地進化マナ進化などでバトルゾーンに出す時、進化元が着地置換効果の対象外のクリーチャーでも、進化元のクリーチャーはそのゾーンにとどまり、進化してバトルゾーンに出そうとしてクリーチャーは置換されて指定のゾーンに置かれる。
  • 《龍覇 ザ=デッドマン》等、コストの支払いを別のものに置き換えて召喚する効果の場合、召喚する事自体は置換効果の影響がないため、この着地置換効果に引っかかる裁定となっている。(事務局確認日:2016/08/19)

参考 節を編集