《キャンベロ <レッゾ.Star(スター)>》 [編集]

キャンベロ <レッゾ.Star> SR 火文明 (5)
スター進化クリーチャー:ジョーカーズ/ソニック・コマンド/レクスターズ 7000
スター進化:レクスターズまたは火のクリーチャー1体の上に置く。
侵略:火のコスト4以上のレクスターズ(自分の火のコスト4以上のレクスターズが攻撃する時、自分の手札にあるこのクリーチャーをその上に重ねてもよい)
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、次の相手のターン、相手はクリーチャーを1体しか出せない。
このカードが離れた時、その下にあったクリーチャーをアンタップする。

DMRP-19で登場したジョーカーズ/ソニック・コマンド/レクスターズ

コスト4以上のレクスターズから侵略できる。スター進化と違い侵略元の条件は狭い。

とはいえ該当する侵略元はこのカードの判明時点でもそれなりにいる。コスト4かつ召喚したターンに攻撃できるクリーチャーに限ってもスピードアタッカー《モモスター キャンベロ》《モモキング -始丸-》《大爆龍 ダイナボルト》マッハファイター《進化王来 モモキング》が存在する。スター進化クリーチャーも選択肢に含めるならかなり幅広く侵略できる。

他にも《エヴォ・ルピア》から進化できる。

効果は強力で、登場時に《アイアン・マンハッタン》と同等のロックを仕掛けることができる。クリーチャー制限のロックをかけることで返しのターンの逆転の芽を摘めるため、隙が生じにくい。

もう一つの効果は、《ダチッコ <マック.Star>》と同じく、除去された時に進化元アンタップする。S・トリガーによる反撃で除去されても進化元をアンタップさせるので、追撃したり、そのまま攻撃せずに殴り返しを受けなくするなど、プレイングに幅を利かせてくれる。また侵略の弱点であるコスト踏み倒しメタにもある程度強くなる。流石に侵略そのものを封じられると厳しいが、コスト踏み倒しメタによる除去を利用できれば進化元による連続攻撃ができる。

  • 《ゴルドーザ <ドラギリア.Star>》とは相性がよく、《ドラギリア.Star>》の攻撃時にあちらのアタックトリガーによる自壊をこのカードが侵略引き継ぐことで、連続攻撃を行うことができる。《<ドラギリア.Star>》の進化元召喚酔いしてなければ、《<レッゾ.Star>》で2枚、《<ドラギリア.Star>》 で3枚ブレイクし、そのまま進化元でダイレクトアタックまでもっていける。
    同様の事が《我我我ガイアール・ブランド》でも可能。こちらの場合は、進化元を考慮してもあちらより軽いため、比較的早期に2度のW・ブレイクを仕掛けることができる。一方で、《ガイアール・ブランド》自身の自壊ができなくなるので《ガイアール・ブランド》の自軍アンタップ+スピードアタッカー化を能動的に使えなくなる弱点はあるものの、相手の除去を敬遠させられる為攻撃自体は通りやすくなる他、あちらの能力が必要な場面ではそもそも侵略させなければ良い為、共存は十分に可能と言える。
    どちらにも違ったメリットがある為、デッキに合わせた方を選ぶと良いだろう。無論両者を共に採用し、再現性を高めるのも悪くは無い。
  • これまでのモモダチはそれぞれ「コスト9のドラゴン」の力を継承していたため多くのプレイヤーが「キャンべロもそうなるのでは?」と予想していたが、結果は予想を裏切り《轟く侵略 レッドゾーン》となった。

サイクル [編集]

DMRP-19で登場したベリーレアスーパーレアでセットになっている侵略持ちスター進化サイクル進化元

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]