公認(こうにん)グランプリ [編集]

高年齢層をターゲットにしたタカラトミー公認の大規模大会。
競技運営ルールによると公式大会として位置づけられる。

2015年、デュエルロードの廃止に伴い、イベント体系をデュエ祭、全国大会、公認グランプリ、チャンピオンシップに変更することが告知された。公認グランプリはこの一環で設置された。会場の都合や全国大会との日程調整の兼ね合いもあり、春(関東)と秋(関西)の年に2回のペースで開催される。GP9thからは2020年東京オリンピックの影響で首都圏の会場の確保が難しくなった為、静岡県や愛知県といった東海地方でも開催されるようになった。

初回となる「デュエル・マスターズグランプリ-1st」では、当初から1080人規模で行われることが告知された。追加募集もあり、応募人数1156名、最終参加人数1114名で無事に実施された。人数に対応するため、全国各地からチャンピオンシップ主催経験者が集められた。

  • 会場の様子はニコニコ生放送で実況中継された。プレミアム会員であれば現在でもタイムシフト視聴が可能。テキストカバレージも用意されている。

GP-2nd以降は一気に2000人規模に倍増された。その人数に対応できるようにするためか、事前に認定ジャッジ検定を実施してタカラトミー認定ジャッジを選定し、そこからジャッジを積極採用する方式が採られた。2016年10月現在、東京で実施されたほか、兵庫でも開催された。地方開催の足がかりとして位置づけられている。

GP-3ndまでの「上位64名が本戦出場」というルールは予選1敗のプレイヤーの一部がオポネント落ちするという過酷な設定であったが、GP-4th以降1敗全員と2敗の一部が予選突破となる「上位128名が本戦出場」という設定になった。

2018年に入るとGP6thでは3人1組のチーム戦が、GP7thでは2ブロック構築が新たに導入された。

2019年のGP8thでは史上初の2日間連続での開催が発表された。

  • GP-10thはかねてから世界中で猛威を振るう「Covid-19(新型コロナウイルス)」の影響で、GP史上初の開催延期となった。2020年4月時点ではあくまで「延期」であって「中止」とは明言されず、会場も変更なく愛知国際会議展示場の予定であった。
    • その後も開催が模索されてきたが、緊急事態宣言が全国に拡大された事もあってか4月29日になって正式に開催中止が発表。開催中止は勿論史上初となる。国内での感染拡大が続いている事から2021年の開催も白紙であり、11th以降が開催されるかは不透明な状態である。

イベント一覧 [編集]

開催日会場主催フォーマットアーティストサイン会限定プレイマットTOP8賞/上位賞/参加賞優勝者使用デッキ定員公式動画
DMGP-1st2015/08/01(土)エスフォルタアリーナ八王子フルコンプ殿堂レギュレーションkawasumi
NAKAMURA 8
Toshiaki Takayama
《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》
《フェアリー・ライフ》(夏Ver.)
《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》
《龍覇 イメン=ブーゴ》
《古龍遺跡エウル=ブッカ》
【イメンループ】約1,000名ニコニコ生放送
DMGP-2nd2016/05/28(土)東京流通センターホビーステーション殿堂レギュレーションDaisuke Izuka
NAKAMURA 8
《極・魔壊王 デスゴロス》
《龍仙ロマネスク》
《不敗のダイハード・リュウセイ》
《ドンドン吸い込むナウ》
《特攻人形ジェニー》
【マークロループ】約2,000名ニコニコ生放送
DMGP-3rd2016/09/19(月)祝神戸国際展示場 3号館フルコンプ殿堂レギュレーションYOICHI ITO
nejita
Murakami Hisashi
《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》
《フェアリー・ライフ》(秋Ver.)
《龍素記号Sr スペルサイクリカ》
《偽りの王 ヴィルヘルム》
《クリスタル・メモリー》
《白骨の守護者ホネンビー》
【赤黒ドギラゴン剣】約2,000名ニコニコ生放送
DMGP-4th2017/04/16(日)池袋サンシャインシティAホールホビーステーション殿堂レギュレーションotumami
shosuke
YOICHI ITO
《解体人形ジェニー》(ハロウィンVer.)
《龍覇 サソリス》
《超戦龍覇 モルト NEXT》《超戦覇龍 ガイNEXT》
《暴走龍 5000GT》
《オリオティス・ジャッジ》(TOP128賞)
《フェアリー・ライフ》
【モルト NEXT】約2,000名ニコニコ生放送
DMGP-5th2017/10/14(土)京都パルスプラザ大展示場フルコンプ殿堂レギュレーションIttoku
Futaro
NAKAMURA 8
《時の法皇 ミラダンテXII》
《テック団の波壊Go!》
《悪魔神バロム》
《ボルシャック・ドギラゴン》
《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》(TOP128賞)
《戦慄のプレリュード》
【ロージアミラダンテ】約2,000名ニコニコ生放送
DMGP-6th2018/4/21(土)幕張メッセ国際展示場2番ホールフルコンプ殿堂レギュレーション/チーム戦Murakami Hisashi
lack
Mikio Masuda
《勝利宣言 鬼丸「覇」》
《爆熱血 ロイヤル・アイラ》
《終末の時計 ザ・クロック》
《S級不死 デッドゾーン》
《終末の時計 ザ・クロック》
《Dの牢閣 メメント守神宮》
【青黒ハンデス超次元】
【白青黒ロージアミラダンテ】
【5色フェアリー・ミラクル】
約3,000名YouTube
DMGP-7th2018/10/8(月)祝京都パルスプラザ大展示場ホビーステーション2ブロック構築boyaking
RUI MARUYAMA
96suke
《「祝」の頂 ウェディング》
《水上第九院 シャコガイル》
《スペリオル・シルキード》
《龍世界 ドラゴ大王》
《ウソと盗みのエンターテイナー》(TOP128賞)+《異端流し オニカマス》
《サイバー・チューン》
【白零サッヴァーク】約2,600名YouTube(予選ラウンド)
YouTube(決勝ラウンド)
DMGP-8th2019/4/13(土)幕張メッセ展示ホール7〜8ホビーステーション2ブロック構築(13日)Tutui Misa
Hisanobu Kometani
《涙の卒業プリン》
《堕魔 ドゥポイズ》
《卍 デ・スザーク 卍》
《超戦龍覇 モルト NEXT》
《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》
《ミステリー・キューブ》
【赤緑印鑑パラキン覇道轟轟轟】約3,500名YouTube(『2ブロック構築』予選ラウンド)
YouTube(『2ブロック構築』決勝ラウンド)
2019/4/14(日)殿堂レギュレーション(14日)IWAO
Yuukoo009
《バジュラ・ザ・スター》
《“轟轟轟”ブランド》
《卍 デ・スザーク 卍》
【赤白ミッツァイル】約3,500名YouTube(『殿堂構築』予選ラウンド)
YouTube(『殿堂構築』決勝ラウンド)
DMGP-9th2019/10/5(土)ツインメッセ静岡フルコンプ殿堂レギュレーションkawasumi
shosuke
Nekobayashi
《闘将銀河城 ハートバーン》
《フェニックス・ライフ》
《ドレミ団の光魂Go!》
《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》
《音奏 プーンギ》
《霞み妖精ジャスミン》
【カリヤドネループ】約2,100名YouTube(予選ラウンド)
YouTube(決勝ラウンド)
DMGP-10th2020/4/11(土)→未定→開催中止[1]愛知国際会議展示場フルコンプ殿堂レギュレーション/チーム戦《フェアリー・ライフ》(春Ver.)
《邪眼皇ロマノフI世》
《究極神アク》《超絶神ゼン》
《卍 新世壊 卍》
《ジェニコの知らない世界》
《卍 デ・スザーク 卍》
《天災 デドダム》
《龍装者 バルチュリス》

参考 [編集]


[1] 新型コロナウイルスの影響