《バジュラ・ザ・スター》 [編集]

バジュラ・ザ・スター P 火文明 (5)
進化クリーチャー:アーマード・ドラゴン 13000
進化:自分のドラゴン1体の上に置く。
T・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃する時、相手のマナゾーンからカードを1枚選んでもよい。相手はそのカードを自身の墓地に置く。

DMX-24で登場した進化アーマード・ドラゴン
アタックトリガーで相手のマナを1枚ランデスする。

要はランデスするカードが減った代わりに5マナになった《超竜バジュラ》
もしくは、火力を失った代わりにコストが2下がった《超竜バジュラ・セカンド》

5マナパワー13000のT・ブレイカーを出せるというだけでもなかなか強力。下手な殴り返しを許さずに強引にシールドを割っていける。アタックトリガーによるランデスも強力で、序盤からテンポアドバンテージを獲得しながら、シールドブレイクで増えた手札の使用を妨ぐことができる。マナを減らせば、手札からの除去札やニンジャ・ストライクの発動を阻止できる。

元祖《超竜バジュラ》と比べると早出ししやすいが、ランデスは1枚に減少しているため中盤以降に出した場合の効力は薄い。
コストが軽くなったのは大きく、マナブーストを挟めばそこそこ安定して4ターン目に進化できる。進化元さえ用意できれば幅広いデッキでの採用が検討できるだろう。
《霊峰竜騎フジサンダー》のような4マナドラゴンを使ったり、ハムカツ団アクミ団などの種族ドラゴンを内包した革命チェンジ進化元を用意するとよいだろう。ドラゴンGRクリーチャー《超GR・チャージャー》を用いるという方法もある。
また自然文明を使わないデッキでの採用も見込める。2ターン目に出したクリーチャー革命チェンジさせてドラゴンを出しつつ、チャージャー呪文マナブーストできれば、こちらも4ターン目の召喚が可能。

変わったところでは、バニラドラゴンを使って【バニラビート】フィニッシャーにするのも一考。

コスト5以下ということで、《神聖麒 シューゲイザー》《龍覇 イメン=ブーゴ》&《邪帝斧 ボアロアックス》《湧水の光陣》《Mの悪魔龍 リンネビーナス》《生命と大地と轟破の決断》等のコスト踏み倒しに対応している。
《Mの悪魔龍 リンネビーナス》には墓地からコスト踏み倒ししつつ直接進化できる。《湧水の光陣》は、《龍素記号Sr スペルサイクリカ》《龍装艦 チェンジザ》などのドラゴンの効果で唱えれば即進化できる。《生命と大地と轟破の決断》進化元と一緒にマナゾーンから出せる。

欠点はあくまでドラゴンからの進化である点。革命編革命ファイナルの主流である文明進化ではなく、NEO進化でもないため、軽い文明クリーチャー進化元にすることはできない。
ただ、これは必ずしも悪いことだけではなく、《無垢の宝剣》《メガ・イノポンドソード》を付けたGRクリーチャー進化元に利用できる。このクリーチャーを運用する上での助けになるだろう。

また、早期に出せるランデスクリーチャーとしては《スクランブル・チェンジ》《メガ・マナロック・ドラゴン》、早期に出せる大型フィニッシャーとは《蒼き団長 ドギラゴン剣》など大型革命チェンジクリーチャー達と競合する。それぞれ性質は異なるため差別化は容易だが、彼らは環境トップメタに位置する程のカードパワーをもっており、進化クリーチャーかつドラゴン進化という制約をもつこちらは少々分が悪い。

後に《スクランブル・チェンジ》《メガ・マナロック・ドラゴン》《蒼き団長 ドギラゴン剣》殿堂入りした為、相対的に見直されるか。
コスト5と軽くコスト踏み倒しにも対応しやすいため、今後のカードプール次第では軽さとパワーを両立したフィニッシャーとして期待が持てる。

最速召喚について [編集]

3ターン目で出せるパターンの一例は以下の通り。

一つは《メンデルスゾーン》を用いる方法である。

もう一つは革命チェンジを用いる方法である。

《メンデルスゾーン》を用いる方法はブーストに失敗した時点で不可能、革命チェンジを用いる方法は必要なパーツが多く、コスト踏み倒しメタ侵略ZEROの格好の獲物であり、やはり最速での召喚だけを目的にするのは得策ではないだろう。

ただ、《百族の長 プチョヘンザ》を一方的に踏み潰し、《蒼き団長 ドギラゴン剣》と相討ちを取れるサイズのクリーチャーが3ターン目からマナを削りながら殴り始められるのはやはり強力である。昨今の環境とはいえども正面から対処するのは難しく、成功すれば間違いなく相手の度肝を抜けるだろう。

その他 [編集]

  • 再録を除けば、2020年5月時点における最後に登場したランデス対象の相手のカードを自分が選べるカードである。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]