進化(しんか)クリーチャー [編集]

クリーチャーの上に重ねて(=進化させて)バトルゾーンに出す、特殊なクリーチャー

DM-02から登場し、以降弾を重ねるごとに着実に進化クリーチャーは増えている。強力なものが多く、デュエル・マスターズの華の一つともいえる。

守護聖天ラディア・バーレ SR 光文明 (6)
進化クリーチャー:ガーディアン 9500
進化−自分のガーディアン1体の上に置く。
ブロッカー
W・ブレイカー

召喚の際、進化元ディスアドバンテージとなるため、進化クリーチャーは通常のクリーチャーよりもコストパフォーマンスが高く設定されている。

進化元のカードを複数必要とする進化V進化GV究極進化という種類の進化クリーチャーも存在する。またマナ進化など、バトルゾーン以外にあるクリーチャー進化元にするものもある。(詳しいバリエーションについては進化の項目を参照)

多くは種族文明が進化する時の条件となる。
初期は種族による進化が多かったが、後に文明を条件とするものが現れた。また、複数の文明に跨るサバイバーナイトオリジン等や、ドラゴンサイバー等特定の種族グループを進化元にとる、緩い条件のものが増えつつある。

ほとんどのカードはコスト論で換算できない性能を持つが、一応黎明期は「非進化よりパワー+4000」という基準は存在したようだ。(具体例はコスト論を参照のこと。)

基本ルール [編集]

  • 進化クリーチャーの進化元が存在していない状況(デッキ進化や手札進化など、召喚手順の中で条件を満たすか否か決定する場合を除く)なら、召喚したりバトルゾーンに出したりできない。
  • カード指定除去を使う場合、進化クリーチャーと進化元を1枚ずつ別のカードとして扱う。これによって、進化元のカードだけ除去したり、一番上のカードだけを除去することができる。一番上のカードを除去した場合、下にあったクリーチャーは、そのまま残る。詳しくは退化再構築を参照。
  • 進化元を残して進化クリーチャーだけが墓地に置かれた場合は破壊された扱いになり、進化クリーチャーだけが離れた場合はクリーチャーとして離れた扱いになる。「このクリーチャーが破壊された時」、「このクリーチャーが離れた時」などの能力があれば誘発する。

メテオバーン進化元をバトルゾーンに出す場合 [編集]

  • 分離したクリーチャーは別のゾーンからバトルゾーンに移動したわけではないが、原則召喚酔いするという裁定に準じてか、cip能力は誘発することになっている。
  • 下に一組のゴッドがあり、元々G・リンクしていたとしても、進化元にはリンク/非リンクは存在しないので、いずれか1枚のみを選べる。その場合は非リンク状態に陥る。
  • バトルゾーンに出す際に重ねた進化元以外も適正である。

その他のルール [編集]

  • 進化したクリーチャーは、進化元が受けていた効果の影響をそのまま受ける。詳しくは、引き継ぎを参照。

その他 [編集]

  • カードイラストのどこかに、進化元と同じ数の進化マークが描かれている。このため、イラストを見ただけでもそのクリーチャーが進化クリーチャーかどうかわかるようになっている。
  • 後に登場したTCG「カードファイト!! ヴァンガード」で用いる「ライド」という能力と類似点があることから、進化を俗に「ライド」と呼称するプレイヤーもいる。

進化クリーチャーに関連した能力を持つカードの一例 [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《「祝」の頂 ウェディング》の「このクリーチャーが召喚によってバトルゾーンに出た時」の能力で進化クリーチャーを選んだ場合はどうなりますか? 「合計4枚」とテキストにあるので、進化クリーチャーの一番上のカードだけがシールドに置かれますか?
A.カード単体ではなくクリーチャーを対象とした効果なので、進化クリーチャーを選んだ場合は進化元のカードも一緒にシールドゾーンへ移動します。それらのカードは重ねず、それぞれ新しいシールドとして置きます。
引用元

Q.《無量大龍 ノヴェ・シエントス》の「出た時または攻撃する時」の能力で進化元がカード1枚の進化クリーチャーを選んだ場合どうなりますか?
A.進化元と進化クリーチャーの合計2枚がまとめて山札の上か下に置かれます。上と下に1枚ずつ分けて置くことはできません。なお、山札に置く側のプレイヤーはそれら2枚を好きな順番で置くことができ、その順番を対戦相手に見せる必要はありません。
引用元