影速(えいそく) ザ・トリッパー》 [編集]

影速 ザ・トリッパー UC 闇/火文明 (3)
クリーチャー:ソニック・コマンド/ゴースト 4000
スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)
相手はカードをマナゾーンに置く時、タップして置く。

DMEX-17で登場した/ソニック・コマンド/ゴースト

《停滞の影タイム・トリッパー》多色化した代わりに、パワーが+3000されてスピードアタッカーを手に入れ、コマンドに生まれ変わったデザイン。

流石に侵略するとマナタップイン常在型能力は消えるが、パワーが4000まで上がったことで《停滞の影タイム・トリッパー》に見られた非力さは解消された。同じくマナタップインを持つコマンドとして《勝利のリュウセイ・カイザー》《凶鬼02号 ドゴンギヨス》などが存在するが、それぞれ違った強みがあるので差別化は容易である。

《停滞の影タイム・トリッパー》の早期に出せばテンポアドバンテージを得られる性能はそのままに、そちらにあった攻撃までのタイムラグという難点が解消されたため、このカードの登場によって【赤黒レッドゾーン】ダイレクトアタックまでに必要な所要ターンが実質的に短縮されたと言える。

勿論コマンドなので《SSS級天災 デッドダムド》とも好相性。《S級宇宙 アダムスキー》の侵略には非対応だが、《SSS級天災 デッドダムド》さえ乗せれば打点になり、適宜《SSS級天災 デッドダムド》を剥がしてまた疑似ランデスとして使えるようになるコマンドということで、【4色アダムスキー】とも好相性。

ただし、2色なので《FORBIDDEN SUNRISE 〜禁断の夜明け〜》を使っても1コストにはならず、その点では若干勿体ない印象を与える。また、《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》の封印外しには対応しない。そのため、【ドルマゲドンX】とは若干のアンチシナジーを覚悟しなくてはならない。

環境において [編集]

登場早々のDMEX-17期にこれを4枚積みした【4色ヴァイカー】チャンピオンシップ4位入賞を果たした。2ターン目《葉鳴妖精ハキリ》、3ターン目《天災 デドダム》と繋ぎ、3ターン目の攻撃時に《葉鳴妖精ハキリ》で呼び出せば、対面次第で追加ターン獲得同然の状況を作りながら4ターン目の《BUNBUN・ヴァイカー》着地に繋げることが可能。【4色デッドダムド】でもこのカードを4枚積みした構築の入賞が見られた。

オリジナル【赤黒バクロ法師】でも繋ぎ役として結果を残しており、2ターン目の《カンゴク入道》、3ターン目のこのクリーチャーでテンポを取り盤面を補強し手札を潤すという良い事ずくめの動きができる。

【赤黒バクロ法師】によく使われる《アンヤク夜叉》の手札誘発の除去が効かないパワーラインなのもプラス点。

ただし、如何にマナタップイン能力があろうとも相手のマナゾーンに2マナあれば《超英雄タイム》で焼かれるため、過信は禁物。

その他 [編集]

  • 2021年11月初頭にデュエチューブに公開された動画で読み上げられた射場本正巳のコメントによると、【レッドゾーン】対面で《停滞の影タイム・トリッパー》を立てたら強いことから射場本氏がこのカードに至る着想を得たといい、開発初期のデザインそのままが採用されたという。氏は流石に途中で修正が入るだろうと踏んでいたが、そのまま採用されたので驚いたとコメントしている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]