手札進化(てふだしんか) [編集]

DM-32で登場したキーワード能力
手札の同文明クリーチャーの上に重ねて召喚する進化クリーチャーである。文明にのみ存在する。

クリスタル・アックス VR 水文明 (7)
進化クリーチャー:リキッド・ピープル 11000
手札進化-水のクリーチャーを1体自分の手札から選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
このクリーチャーはブロックされない。
W・ブレイカー

通常の進化とは違い、バトルゾーンのクリーチャーの数を増やすことができるが、代わりに手札が一度に2枚減ってしまう。
感覚としてはいわゆる進化速攻か、「手札を捨てて出るスピードアタッカー」といったところ。

  • プレイ召喚またはジェネレート)以外の方法でバトルゾーンに出る際、手札から適正な進化元を選ばなければバトルゾーンにでることに失敗するが、その際に自分の手札を公開する必要は無い(もっとも、非公開情報について「無い」ことを証明しろという方が無理があるのだが)。
  • 出すクリーチャー、進化元ともに相手にとっては非公開情報であるため、他の進化方法よりも奇襲性が高い。
  • 最初は強力な能力として注目されたが、同時期に登場したサイバー進化に押され、類似効果含めてたった5枚しか作られなかった。神化編が終わった後はフィーチャーが終了してしまい、新規カードも再録もほとんどなかった。
    • DMEX-03で復刻能力として取り上げられるまで、実に9年近くプレイヤーの目に触れていなかった計算になる。

手札進化のクリーチャー [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.相手の《地封龍 ギャイア》がバトルゾーンにいる状況で、自分は《魔皇アンドラージ》を召喚しました。どうなりますか?
A.手札進化は召喚してからカードを重ねた状態でバトルゾーンに出ますので、手札進化したクリーチャーは進化元と一緒に《地封龍 ギャイア》の置換効果によってマナゾーンに置かれます。
引用元