無視 [編集]

カードカード能力効果など、指定する何かを無いものとして扱うこと。
主にクリーチャーが対象になる。

概ね以下の意味に分類される。

  1. 特定の能力または効果の無視(無効化)
  2. 特定のカードの能力または効果無視
  3. カードの特性の無視
  4. カードの存在の無視

ここでは1.と2.について解説

1.特定の能力または効果の無視(無効化) [編集]

超法無敵宇宙合金武闘鼓笛魔槍絶頂百仙閻魔神拳銃極太陽友情暴剣R・M・G チーム・エグザイル〜カツドンと仲間たち〜 P 光/水/闇/火/自然文明 (∞)
エグザイル・クリーチャー:アウトレイジMAX 17000
T・ブレイカー
このクリーチャーが自分の手札またはバトルゾーンにある時、自分のエグザイル・クリーチャーの持つ、エグザイル・クリーチャーをバトルゾーンに出せないようにする能力を無視する
ウルトラ・ドロン・ゴー:このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、エグザイル・クリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。
卍 新世壊 卍 VR 水文明 (2)
無月フィールド
自分の魔導具を持つ呪文を持つ呪文を唱えた時、唱えた後で墓地に置くかわりに、このフィールドの下に置いてカードを1枚引いてもよい。
自分の魔導具またはドルスザクを持つ呪文を唱えられなくする能力を無視する
無月の門99:自分のターンの終わりに、このフィールドの下に4枚以上カードがあれば、ゲーム中で一度、水のコスト99以下の呪文を1枚、自分の手札または墓地からコストを支払わずに唱えてもよい。
仮面のマジン・クロスノーム VR 光/水文明 (7)
クリーチャー:メタリカ/チーム銀河/スペシャルズ 13000
<ギャラクシールド>[光/水(5)](このカードを使うコストの代わりに、[光/水(5)]を支払ってもよい。そうしたら、このカードを表向きにし、新しいシールドとしてシールドゾーンに置く)
自分のターンのはじめに、このクリーチャーが表向きで自分のシールドゾーンにあれば、コストを支払ったものとして召喚する。
T・ブレイカー
相手のカードの効果によって、このクリーチャーが攻撃できない時、その効果を無視する
このクリーチャーが攻撃する時、カードを2枚まで引き、その後、相手のクリーチャーを2体まで選ぶ。次の自分のターンのはじめまで、それらは攻撃もブロックもできない。

《超法無敵宇宙合金武闘鼓笛魔槍絶頂百仙閻魔神拳銃極太陽友情暴剣R・M・G チーム・エグザイル〜カツドンと仲間たち〜》《卍 新世壊 卍》などが持つ能力がこれに該当する。
特定の能力効果を無いものとして扱い、無効化する。

例えば《チーム・エグザイル〜カツドンと仲間たち〜》の場合、例え自分のエグザイル・クリーチャーバトルゾーンにあっても、同じ名前を持つエグザイル・クリーチャー手札山札墓地マナゾーンシールドゾーンのどこからでも出せるようになる。

2.特定のカードの能力または効果無視 [編集]

あたりポンの助 SR 無色[ジョーカーズ] (6)
クリーチャー:ジョーカーズ 6000
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、《あたりポンの助》以外のクリーチャーのカード名を1つ選ぶ。
選んだ名前を持つクリーチャーの能力をすべて無視する
神聖龍 エモーショナル・ハードコア SR 光文明 (7)
クリーチャー:オラクル・ドラゴン/オラクリオン 9500
ブロッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》以外のクリーチャーの名前を1つ選ぶ。
選んだ名前を持つクリーチャーの能力をすべて無視する
相手がクリーチャーを選ぶ時、バトルゾーンに自分の他のオラクルがあれば、このクリーチャーは選ばれない。(ただし、このクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい)
めっちゃ! デンヂャラスG3 P 無色[ジョーカーズ] (10)
クリーチャー:ジョーカーズ 21300
G・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、「シールドいらねえー!」と言ってもよい。そうしたら、そのターン、自分のクリーチャー3体に「G・ブレイカー」を与える。
ケッシング・ゼロ P 無色 (5)
呪文
S・トリガー
「気に入らねぇやつは消す」と言ってもよい。そうしたら、このターン、相手のクリーチャーの能力すべてを無視する
∞龍 ゲンムエンペラー KGM 水/闇文明 (∞)
クリーチャー:∞マスター・ドラゴン/チーム零 ∞
<ムゲンクライム>4(自分のクリーチャーを4体タップして、[水/闇(4)]支払って、このクリーチャーを自分の手札または墓地から召喚してもよい)
∞ ブレイカー(「∞ブレイカー」を持つクリーチャーは、相手のシールドを好きな数ブレイクできる)
ブロッカー
コスト5以下のクリーチャーの能力とコスト5以下の呪文の効果を無視する。

指定されたクリーチャーが持つあらゆる能力を持たないかのようにゲームを処理する。
ブロッカー」や「スピードアタッカー」、「W・ブレイカー」と言ったあらゆる能力が無視され、あたかもバニラクリーチャーかのように扱われる。
封印に似ているように思えるが、こちらは攻撃が可能で呪文や他のクリーチャーが持つ能力の対象として選ぶことができる。

また、他のカードによって「能力」が付与されている場合、それも無視される。これは、付与された能力もそのクリーチャーが持つ能力として扱われるためである。
ただしパワー種族文明などの能力以外の要素、およびパワーの増減、種族文明の追加など能力以外を変更する継続的効果は無視されない。

カギカッコで囲まれていない付与、例えば「自分のクリーチャーはブロックされない。」といった能力は、発生源が無視されていないのなら、無視されない。
能力が無視されているクリーチャーに他のカードによってアンブロッカブルが追加された場合、ブロックされないのはクリーチャーの性質を定義しているだけでありそのカードテキスト能力が追加された訳ではないのでブロックされることはない。

無視が適応されるのは指定されたクリーチャーバトルゾーンにある時のみ。
《あたりポンの助》《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》に指定されたクリーチャーバトルゾーンに出る前にシンパシーなどでコスト軽減を受けたり、マナ召喚墓地召喚などバトルゾーン以外で発揮される能力は無視されない。

処理法やルールはMtGの「能力を失う」継続的効果に近い。

4.クリーチャーがバトルゾーンに出ることによって起こる効果の無視 [編集]

キングダム・オウ禍武斗 MAS 自然文明 (9)
クリーチャー:グランセクト 14000
マッハファイター
T・ブレイカー
破天九語:このクリーチャーがバトルに勝った時、相手のシールドを9つブレイクする。
轟破天九十九語 MAS 自然文明 (10)
呪文
各プレイヤーは、すべてのクリーチャーを自身のマナゾーンからバトルゾーンに出す。これらのクリーチャーがバトルゾーンに出ることによって起こる効果はすべて無視する。(マッハファイターなどの、そのターンの間働く能力は無視されない)

クリーチャーバトルゾーンに出て誘発する効果がすべて無視される。
クリーチャーcipはもちろん、他のクリーチャーが出て誘発する効果(いわゆるcipの擬似付与)もすべて不発となる。

また、同一の文明を持つコマンドがバトルゾーンに出ても封印は外されない
これは、クリーチャー能力を無視しているのではなく、クリーチャーバトルゾーンに出ることによって起こる効果を無視しているためと思われる。

ただし、バトルゾーンに出る直前に処理される効果は無視されない。
例えば、「バトルゾーンに出すかわりに」と書かれた置換効果や、タップインなどは無視されない。

処理法やルールはMtGの「戦場に出るクリーチャーは能力を誘発させない」継続的効果に近い。

3.進化元の特性の無視 [編集]

進化などによってカードの下に置かれているカードは特性が無視される。
これは効果ではなくルールによるもの。

例:《コッコ・ルピア》から《超竜G・紫電・ドラゴン》に進化させた。これにより進化元になった《コッコ・ルピア》の「自分のドラゴンの召喚コストを2少なくする。ただし、コストは1以下にならない」常在型能力は使えなくなる。
ちなみに《超竜G・紫電・ドラゴン》の召喚時は《コッコ・ルピア》の能力により召喚コストが2少なくなる。

4.カードの存在の無視 [編集]

封印されたクリーチャー・オブジェクトの構成カードと、《緊急プレミアム殿堂》の効果で指定された名前を持つクリーチャー・オブジェクトは、ゲーム中ないものとして扱われる。特性はおろか、カードとして完全に無視されるため、カード指定除去で対象に取ることもできない。

その他 [編集]

参考 [編集]