流星(りゅうせい)のガイアッシュ・カイザー》 [編集]

流星のガイアッシュ・カイザー SR 水/自然文明 (6)
クリーチャー:ブルー・コマンド・ドラゴン/グリーン・コマンド・ドラゴン/ハンター 8000
相手のターンの終わりに、相手がそのターン中、マナゾーンのカードをタップせずに、クリーチャーを出すか呪文を唱えていて、バトルゾーンに自分の 《流星のガイアッシュ・カイザー》がなければ、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、カードを2枚引く。
自分のコスト10以上のクリーチャーの召喚コストを4少なくする。ただし、コストは0以下にはならない。
相手のクリーチャーは出たターン、自分を攻撃できない。

DMEX-17で登場した/自然ブルー・コマンド・ドラゴン/グリーン・コマンド・ドラゴン/ハンター

複数の能力を持ち、そのそれぞれが優秀な性能である。

1つ目の能力は侵略ZEROのような条件でタダで召喚できるというもの。このカードだと、《ベイB ジャック》《蛙跳び フロッグ》の能力での『バトルゾーンにあるクリーチャーのみでコストを支払った召喚』、コストを支払ったものにするGR召喚ギャラクシーGO、コストを支払わずに唱える呪文[1]でも反応する。
ただし、《ジョリー・ザ・ジョルネード》《鬼ヶ羅刹 ジャオウガ》にある制限のように、同名カードをずらっと並べることはできない。
コマンドドラゴンを持っており、返しのターンに侵略革命チェンジも狙える。

2つ目はW・ブレイカー。奇襲で攻め込むにも十分な打点を持つ。

3つ目はcipで2ドロー。踏み倒し時に発動してくれる点ももちろん便利だが、4つ目・5つ目の能力との噛み合いも良い。
手打ちで出したとしても、2ドローで目当てのカードを手札に加えつつ、攻撃制限により時間を稼ぎながら、4マナ軽減できるので、コスト10以上のサポートとしては充分な性能。

4つ目はコスト10以上のファッティ召喚コストを4軽減するコスト軽減《剛撃古龍テラネスク》等ではできなかった2→4→6→11というマナカーブも可能であり、《勝利宣言 鬼丸「覇」》のような1体でゲームエンドとなるクリーチャーを素出しできるようになる。

5つ目は、出たターンからプレイヤーに攻撃できる能力や効果があったり、ルールで召喚酔いしないクリーチャーであっても、そのターンに自分を攻撃できない状態にさせる。(ダイヤモンド状態を除く。)
このテキストで指す「自分」とは、《ガイアッシュ・カイザー》を出しているプレイヤーのこと。クリーチャーへの攻撃は規制しないのでマッハファイターなどには影響がない。
1つ目の踏み倒し効果が相手ターンの終わりなので、アドバンスで相手の使った《GIRIGIRI・チクタック》などのGR召喚を逆利用しない限り、速攻メタとしては安定性は低い。《「正義星帝」 <鬼羅.Star>》など、マナを支払わずに出るターン中に複数打点を生み出すカードにも一手遅れてしまう。
上述の通り、素出しした時の次のターンまでの時間稼ぎの為の効果だろう。

目立った弱点がなく纏まった性能を持つクリーチャー。強いて上げるとすれば上記のように、ターンの終わりに発動する能力なので、ビートジョッキーや火タッチ光軸レクスターズなどが得意とする早期の大量展開からのワンショットには対応できないことくらいか。

ルール [編集]

  • 名前に《りゅうせい》を持つが、ひらがなであるためリュウセイには含まれずサポートを受けられない。

環境において [編集]

登場早々のDMEX-17期に【ドギラゴン閃】におけるカウンター札として利用されることとなった。通常のビートダウンデッキより重視されがちな手札を稼ぐことができ、【ドギラゴン閃】ミラーマッチで役立つ速攻メタが付いているタダ出し2打点が弱い訳がないのである。【ドギラゴン閃】の場合、革命チェンジ進化踏み倒しで出す《王来英雄 モモキングRX》が存在し、コスト踏み倒しをしたターンにワンショットを決めることもざらとは言い難いため、このカードを疑似侵略ZEROで出す機会は非常に多い。

DMEX-17発売から1週間もしないうちにこのクリーチャーをカウンターで出すことでサブプランの《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》を円滑運用する型の【青赤緑ドギラゴン閃】が結果を残し、コスト軽減が活かされるようになった。《超神龍バイラス・カースド》《勝利宣言 鬼丸「覇」》を詰め札として組み合わせた型も使われるようになった。

【白青赤緑ドギラゴン閃】でもアドバンスオリジナルを問わず活躍。

自身のドロー能力や《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》のサーチなどのリソース系のカードの相乗効果によって、殿堂入りではあるが自身で革命チェンジできる《蒼き団長 ドギラゴン剣》を引っ張り込む機会は案外多い。

【4色ロマノグリラ天門】【5色ディスペクター】では、《霊宝 ヒャクメ-4》と合わせて《零獄接続王 ロマノグリラ0世》《黒智縫合 レディオブ・ローゼルド》を出すためのカウンター札として採用されている。

自然コマンドなので、【青黒緑デッドダムド】とも相性が良い。

どちらかというとGR召喚によって自己コスト踏み倒しの発動を狙いやすいアドバンスでの活躍が主体。自身はデッキの核とはしづらいが、最速3ターン目の《ドギラゴン閃》の攻撃に対してできるだけ手札に持っておけるようにしたい、《勝太&カツキング》からの革命チェンジで処理された場合に2枚目をカウンターで展開できるなどの理由で採用枚数が多くなりやすいため、シングル価格はDMEX-17のカードの中でも群を抜いて高騰している。

DMBD-18期のアドバンス環境では、全く色の合わない【赤白ドギラゴン閃】での準優勝まで報告された。

他のカード・デッキとの相性 [編集]

その他 [編集]

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《流星のガイアッシュ・カイザー》の能力で、「バズレンダ」によって追加で3コスト支払う《キング・マニフェスト》の召喚するコストを4少なくできますか?
A.いいえ、できません。そのクリーチャーの元のコストが10以上でなければ、コストを4少なくできません。
引用元(2021.10.22)

Q.《流星のガイアッシュ・カイザー》の能力で、《大樹王 ギガンディダノス》の「フシギバース」のコストや、《∞龍 ゲンムエンペラー》の「ムゲンクライム」のコストを4少なくできますか?
A.はい、できます。そのクリーチャーの元のコストが10以上である場合は、「フシギバース」や「ムゲンクライム」などの召喚コストも4少なくできます。ただし、その結果コストがそのクリーチャーが持つ文明の数より少なくなった場合も、文明の支払いは必要です。
例えば、《∞龍 ゲンムエンペラー》の「ムゲンクライム4」で支払うマナの数は、文明の数である2よりも少なくはなりません。
引用元(2021.10.22)

Q.相手の《獣軍隊 ヤドック》がバトルゾーンにいて、自分のマナゾーンにカードが5枚あり、自分の《流星のガイアッシュ・カイザー》が手札に2枚ある状況です。相手のターンの終わりに両方の「相手のターンの終わりに」の能力を使えますか?
A.はい、相手のターンの終わりに、2枚の《流星のガイアッシュ・カイザー》の誘発型能力の使用宣言をすることはできます。最初にバトルゾーンに出る《流星のガイアッシュ・カイザー》《獣軍隊 ヤドック》の置換効果によってマナゾーンに置かれますが、2体目の《流星のガイアッシュ・カイザー》は自分のマナゾーンのカードが6枚になったので、そのままバトルゾーンに出せます。
引用元(2021.10.22)

Q.《流星のガイアッシュ・カイザー》が手札に2枚ある場合、相手のターンの終わりに両方の「相手のターンの終わりに」の能力を使えますか?
A.はい、相手のターンの終わりに、2枚の《流星のガイアッシュ・カイザー》の誘発型能力の使用宣言をすることはできます。ただし、バトルゾーンに出るのは1体のみです。1体目がバトルゾーンに出た後、2体目は召喚できないので、手札に残ります。
引用元(2021.10.22)

Q.《流星のガイアッシュ・カイザー》の「相手のターンの終わりに」の能力にはどこから召喚するか書かれていませんが、《流星のガイアッシュ・カイザー》自身が墓地やマナゾーンにある状況でも使えますか?
A.いいえ、通常は手札からのみ使えます。この能力は、自分がクリーチャーを召喚できるゾーンに《流星のガイアッシュ・カイザー》がある場合にのみ使えます。
ただし、《砕慄接続 グレイトフル・ベン》がいればマナゾーンからも使えるようになるなど、特定のゾーンから召喚できる能力を持つクリーチャーがいる場合、そのゾーンからも能力を使えるようになります。
引用元(2021.10.22)


[1] 例外的に、《龍覇 ザ=デッドマン》の能力を使ったコスト踏み倒しだと、マナゾーンのカードをタップしているので対象にはできない。