死神術士(しにがみじゅつし)デスマーチ》 [編集]

死神術士デスマーチ UC 闇文明 (1)
進化クリーチャー:デスパペット 1000
ブロッカー
墓地進化:闇のクリーチャーを1体自分の墓地から選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
このクリーチャーがバトルする時、そのバトルの終わりまで、バトルしている相手クリーチャーのパワーを-4000する。

DM-32で登場した非常に軽量な墓地進化デスパペット

抜群のコストパフォーマンスを誇る進化クリーチャーである。

墓地に1体でもクリーチャーがいれば、わずか1マナのスピードアタッカーとして運用できる。【速攻】でよく使われる《鬼切丸》《密林の総督ハックル・キリンソーヤ》が3マナだったことを考えると、このカードの軽さには驚くべきものがある。

マナゾーン墓地を操作できる《ダンディ・ナスオ》《ジオ・ナスオ》と組み合わせれば、2ターン目から進化速攻することも可能。(→ナスマーチ
登場以来【墓地進化速攻】のメイン戦力となっている。

さらに、バトルする相手のパワーをそのバトルの終わりまで-4000する。1コストながらパワー5000まで相打ちに持ち込むことができ、クリーチャー戦にも強い。

オマケのようにブロッカーも持っている。《火炎流星弾》《爆竜 GENJI・XX》などに引っ掛かるため、どちらかというとデメリットに近いが、対ビートダウン戦で守りにも使えるので、完全に無駄な能力ではない。

【速攻】に入るような軽い墓地進化には《鬼面妖蟲ワーム・ゴワルスキー》《死神竜凰ドルゲドス》がいる。それぞれスペックが異なるので、自分のデッキに合うものを選びたい。もちろん複数採用してもいいだろう。

軽いのは長所だが、パワーは1000しかないことに注意。《ローズ・キャッスル》《希望の親衛隊ファンク》などのパワー低下に引っ掛かりやすいのが弱点と言える。

【速攻】に入る印象が強いが、その軽さゆえに進化元としても使える。《神羅ヘルゲート・ムーン》《神羅スカル・ムーン》などの究極進化にもちょうどいいだろう。

神化編墓地進化は全体的にハイスペックなカードが多く、これはその筆頭と言える。依然として優秀なので、多くのデッキで見かけるだろう。

ルール [編集]

運用に関して [編集]

  • 【青黒退化】の必須カードでもあり、そのデッキではこれを使うことで大抵は4ターン目あたりに闇の非進化ファッティを出せる。

環境において [編集]

神化編環境からドラゴン・サーガ環境においては【黒緑速攻】の核として活躍。

エピソード2環境トップメタを飾った【オール・イエス】でも、同じターン中に召喚酔いしないクリーチャーの召喚と《至宝 オール・イエス》クロスを両立できるという理由でよく使われた。そちらでは、《ファンタズム・クラッチ》S・バックコストにして墓地に置いたクリーチャーチャンプブロックした《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》を進化元にすることが多かった。

ただ、《ベイB ジャック》採用型の【黒緑速攻】の場合は墓地ギミックを利用しないので採用されなかった。

双極篇環境では《“轟轟轟”ブランド》の余りの盛況から【黒緑速攻】《“轟轟轟”ブランド》を入れたものが【黒緑“轟轟轟”ブランド】と称される始末で、その中でこのカードもパーツの1つとして考慮された。

超天篇環境終期には、《破壊の儀》達成による盤面のロスを補うダイレクトアタック要員として【零龍ギャスカ】に投入されるケースが見られるようになった。

漫画・アニメでの活躍 [編集]

その他 [編集]

  • よく「死神術」と誤記される。表記の際は注意。
  • 「デスマーチ(death march)」は「死の行進」と訳され、主に戦時中に捕虜や囚人に対して行われる、生命の危険を顧みない過酷な行進のこと。転じて、主にソフトウェア開発会社などで、メンバーに徹夜や休日出勤の常態化などの極端な負担を強いる過酷なプロジェクト、あるいはプロジェクトがそのような状況に陥ること。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-32
    へと堕ちた魂は、絶望という名の糸で操られる。
  • DMC-60
    屍こそが、悪魔たちの苗床。

収録セット [編集]

参考 [編集]