プレミアム殿堂(でんどう) [編集]

指定されたカードは一枚もデッキに入れられないというルール。
殿堂入りの上位で、これに指定されたカードはいわゆる「禁止カード」と呼ばれる。

特定の環境において、あるカードが殿堂入りデッキ内1枚制限)でもゲームバランスを損ねるとメーカー側が判断した場合にはこの措置が取られる。多くの場合は一度殿堂入りを経由する。

プレミアム殿堂に指定されたカードは、公式大会公認大会において1枚もデッキに入れることができない。一見、輝かしい称号なのだが、実際は「規格外の強さが災いして、やむなく公式大会での使用を禁止せざるを得なくなったカード」ということである。

プレミアム殿堂に指定されたカードは、デッキビルディングにおける利用価値が無くなるので、基本的にシングルカード市場の価格は下落する。
ただ、メーカー主催のイベント等で、使用可能なカードに制限がない「フリー対戦スペース」が併設されることもある。フリー対戦用にデッキを組むヘビーユーザーや、純粋なカードコレクターにとっては変わらず貴重なカード資産であり、該当カードのレートも(かつての実績を考慮してか)極端に急降下することは少ない。

なお、公式には「プレミアム殿堂」と「使用禁止カード」は区別され、使用禁止カードにはプロモ版《ガルベリアス・ドラゴン》および日本語版以外のデュエル・マスターズカードが指定されている。前者は殿堂ゼロデュエルなど公式大会でも特定のレギュレーションなら使用できるのに対し、後者はそれらにおいても使用できない。

  • コロコロコミックの菊池修記者が後にTwitterで語ったところによると、カードを作るのに関わった人々の努力を踏みにじるような呼称を導入したくなかったため、名誉的な意味合いを持つこの呼称に決まったという。

現在のプレミアム殿堂カード一覧 [編集]

2006年3月15日 [編集]

2007年1月15日 [編集]

2007年8月15日 [編集]

2008年10月15日 [編集]

2009年4月15日 [編集]

2009年12月19日 [編集]

2010年5月15日 [編集]

2011年1月15日 [編集]

2012年3月15日 [編集]

2014年3月15日 [編集]

2015年3月14日 [編集]

2016年2月28日 [編集]

2016年9月15日 [編集]

2017年2月26日 [編集]

2018年3月1日 [編集]

2019年7月1日 [編集]

2020年1月1日 [編集]

2020年1月18日 [編集]

2020年7月1日 [編集]

かつてのプレミアム殿堂カード一覧 [編集]

2007年1月15日 [編集]

2007年11月15日 [編集]

2009年4月15日 [編集]

プレミアム殿堂の主な要因 [編集]

なんらかの理由で、その当時のゲーム性を損なうと判断されたカードがプレミアム殿堂の対象となる。結果的に「強すぎる」と認められたカードが対象となることが多いが、そう判断される要素はカードによって異なる。

考えられるプレミアム殿堂要因の種別

プレミアム殿堂しているカードは、その強さの方向性によって大きく以下のタイプに分かれると言えるだろう。いずれも基本的には公式が明言したものではなく、プレイヤーの憶測にすぎないこと、またいくつかのタイプを併せ持つ可能性もあることに注意されたい。

トップメタを支配するほどのフィニッシャー

ピーピングライブラリアウト呪文

あまりにも膨大なアドバンテージが得られるカード

強力なロック系の能力持ちのカード

ゲーム性を損なう程手軽な即死コンボ及びロックの核

強力かつ手軽なコスト踏み倒し

今後の新規カードの弊害になりうると判断された

  • ただし以上の例はいずれも、制限が施行される直前にも活躍していた、あるいは相性のいいカードが収録されていたことも指摘されており、プレミアム殿堂した理由は他にもある可能性がある。《ヒドラ》は直前に《大邪眼バルクライ王》が登場しており、《ヴォルグ》は長期にわたり【ドロマー超次元】などで活躍していた。
  • 殿堂入りが制定された段階ではプレミアム殿堂という制度は存在せず、当初は《無双竜機ボルバルザーク》への例外的な措置であったのだろう。だが、《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》等を皮切りに、その後も少しずつ数を増やしていった。
    • 殿堂入りから昇格する場合、その多くは殿堂入り後も採用率が衰えず、「運ゲー」「先に出したもの勝ち」といった評価を受けてから昇格しており、総じて殿堂入りでは効果が薄かった、ないしゲーム性の劣化を助長したカード群が名を連ねている。

その他 [編集]

  • 《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》は、初の発売から1年を待たずしてのプレミアム殿堂であり、それまでの「発売後1年間は殿堂入りされない」という前例までも覆している。それから長らく、1年以内にプレミアム殿堂に指定されたカードは存在しなかったが、後にまさかの発売7日前《緊急プレミアム殿堂》が、その名の通りプレミアム殿堂した。
    • マイナス7日という日数は、デュエルマスターズ内ではもちろんのこと、あらゆるカードゲームを見ても使用禁止指定までの期間としては最速記録。それまでのMTGの最速記録0日を大幅更新している。
    • このカードはジョークカードの面も強く、その意味では《サファイア》を上回るものはいないと思われていたが、後に《ヨミジ 丁-二式》194日とプレミアム殿堂の最速記録を更新してしまった。
  • 殿堂入りの場合と同じく、「プレミアム殿堂にするなら最初から作らないで欲しい」という意見も多く聞かれる。しかし、メーカーとしては拡張パックの売り上げのために少しずつ新しく出るカードの性能を上げていかなければならず、それが結果としてパワーカードの出現やインフレにつながり、プレミアム殿堂カードを生むことになっている。また、後に出たカードとの相性やカードプールの増加によって突然強化されてしまうこともある。どの道、プレミアム殿堂カードはこれからも少しずつ増えていくだろう。とは言え、プレミアム殿堂には環境を切り替え、ゲーム性の変化をもたらす作用もある。単なる規制ととらえず好意的に解釈するのがよいだろう。
  • DMX-12再録された《無双竜機ボルバルザーク》は温泉に浸かったカードイラストだったことから、プレミアム殿堂に指定されることは「温泉行き」「温泉送り」などとも呼ばれる。
    • 温泉ネタは後にも続き、一部のカードでは温泉に入っているかのようなフレーバーテキストが見られる。《クイーン・アマテラス》がその例。
    • そのほかプレミアム殿堂に関するメタネタ的描写としては、「亡き者」「サボり」などが見られる。
    • このような描写の多くはあくまでメタ的ジョークであり、背景ストーリーとは関係ない描写だと考えるのが妥当。ただ「亡き者」の例では後年、この死亡設定がDMBD-01にて背景ストーリーに輸入された。

参考 [編集]