《クイーン・アマテラス》 [編集]

クイーン・アマテラス P(VR) 水文明 (8)
クリーチャー:ナイト/サムライ/オリジン 7000
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札を見る。その中からコスト6以下の、クリーチャーではないカードを1枚選び、相手に見せてから自分の手札に加えてもよい。山札をシャッフルし、その後、そのカードを手札からコストを支払わずに使う。

DMX-24で登場したナイト/サムライ/オリジン

プレミアム殿堂入りした《蒼狼の始祖アマテラス》調整版その3。コスト6以下の非クリーチャーカードなら種類を問わずに山札から手札を経由した上でコスト踏み倒しできるcipを持つ。

《蒼狼の始祖アマテラス》との比較はともかく、1コストが増えた事で《光器アマテラス・セラフィナ》《龍素記号Og アマテ・ラジアル》より圧倒的な汎用性を得た。
踏み倒し先としては、呪文D2フィールドあたりが最適だろうか。呪文の多様性は言わずもがな、D2フィールドの大半もデッキから展開可能であり、コンボの組み合わせ方は非常に幅広い。

コスト6の呪文は、《デーモン・ハンド》《地獄門デス・ゲート》などの単純なものを唱えるのもよいが、何らかのコンボパーツを用意した上で、《魔天降臨》などの殿堂入りカードを詠唱してやりたい。

コストの重さがネックだが、《Dの機関 オール・フォー・ワン》を使えば、早期にバトルゾーンに出せる。Dスイッチを併用すれば、この強力なcipを2回使用できる。

「クリーチャーではないカード」というテキストなので当然だが、今後新規のカードタイプが登場すれば6コスト以内であればそれらも踏み倒せる。まさに無限の可能性を秘めたカードであると言えよう。 

  1. バトルゾーン《Dの機関 オール・フォー・ワン》とコスト6以上のクリーチャー(《シンカイサーチャー》《斬隠蒼頭龍バイケン》が適任)がいる。
  2. 手札《クイーン・アマテラス》がある。
  3. 墓地《邪眼皇アレクサンドルIII世》がある。
  4. 墓地《エマージェンシー・タイフーン》《サイバー・チューン》がある。(最終的には《エマージェンシー・タイフーン》ループとなる)
  5. 墓地山札《インフェルノ・サイン》《煉獄と魔弾の印》がある。
  6. 山札《龍素知新》がある。

    最終的な勝ち筋としては、【パクリオループ】《超次元の手ホワイト・ブラックホール》ループ、【ヴォルグ・サンダーライブラリアウト】でもなんでも可能。

ルール [編集]

その他 [編集]

  • このカードの登場で《蒼狼の始祖アマテラス》プレミアム殿堂で弱体化・消滅したデッキ群を再構築する事が可能になった。ただし、素のコストが上がったため、構築難度はこれまでより大分高い。
    • 再構築可能となったデッキには以下のような物がある。
  1. 環境における代表的な構築であり、【クイーン・アマテラスループ】として生まれ変わった【アマテラスエンジン】
  2. 汎用性を生かした【バキュームアマテラス】【キングロックキリコ】【アモンロック】
  3. 種族デッキ進化元として【グレイテスト・シーザー】【マスター・オブ・デスティニー】【ヴァルキリアス・ムサシ】【創世神】

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]