勝利(しょうり)のアパッチ・ウララー》 [編集]

勝利のアパッチ・ウララー UC 闇/火文明 (6)
クリーチャー:メルト・ウォリアー/ダークロード/ハンター 3000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、またはこのクリーチャーが破壊された時、相手の手札を見ないで1枚選び、相手はそれを見せる。そのカードと同じ文明を持つ、コスト8以下のハンター・サイキック・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。

DMR-04で登場したメルト・ウォリアー/ダークロード/ハンター。2018年7月14日付で殿堂入り。その後、2020年1月1日付で殿堂解除

cippigで相手の手札を1枚見て、それと同じ文明コスト8以下のハンターサイキック・クリーチャーを1体出す。

2度サイキック・クリーチャーを出せるチャンスがあるクリーチャーであるため、強力なカード。出せるサイキック・クリーチャー文明は相手の手札という不確定要素によって決まるので、出来るだけどの文明が来ても問題なくハンターサイキック・クリーチャーを展開できるような構成にしたい。

相手の手札が無いと能力が不発に終わるため、相手が手札を使い切るタイプのようなデッキだと腐りがち。そういった点も気をつけておきたいところ。


  • 代表的な呼び出し先には以下が挙げられる。

コスト8以下の光 [編集]

コスト8以下の水 [編集]

コスト8以下の闇 [編集]

コスト8以下の火 [編集]

コスト8以下の自然 [編集]

コスト8以下の多色 [編集]

環境において [編集]

登場してしばらくはマチマチの評価だったが、《蒼き団長 ドギラゴン剣》ファイナル革命コスト踏み倒しできることから突如脚光を浴びた1枚。同時期に評価が見直されたクリーチャー《勝利の道標レティーシャ》がいるが、こちらは《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》と同じ文明を持っている点が強み。

ただ、殿堂入り前当時は《斬隠蒼頭龍バイケン》のような耐性を潜り抜けるカウンター札も環境によく見られたため、油断は禁物であった。

大型スピードアタッカーコスト踏み倒しした上でサイキック・クリーチャーまで呼び出し、変幻自在に相手を追い詰める動きがあまりにも強力すぎた為、2018年7月14日をもって殿堂入り。これで少しは【赤黒ドギラゴン剣】も弱体化するか。

さらに2019年3月1日には本丸の《蒼き団長 ドギラゴン剣》自体も殿堂入りになり、一方のこちらは2020年1月1日付で殿堂解除が決定した。

余談 [編集]

その他 [編集]

  • 名前の元ネタは漫画『キン肉マン』の登場人物ジェロニモだろう。「アパッチのおたけび」という必殺技を使用する際に「ウララー」と雄叫びを上げる。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]