MEGATOON(メガトーン)・ドッカンデイヤー》 [編集]

MEGATOON・ドッカンデイヤー VR 火文明 (5)
クリーチャー:ビートジョッキー/ワンダフォース 5000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の手札をすべて捨てる。
自分の手札を1枚捨てた時、GR召喚する。(GR召喚:自分の超GRの上から1枚目を、コストを支払ったものとして召喚する)
※殿堂入り

DMRP-10で登場したビートジョッキー/ワンダフォース

cipでオールディスカードする上に、ディスカード時にGR召喚する誘発型能力を持つ。

《BAKUOOON・ミッツァイル》同様に大量のGR召喚が可能なのは魅力。
こちらはフィールドアドバンテージを損せずに展開でき、状況によってはあちら以上に場を埋め尽くせる。前もって出しておいた《ガチャダマン》《カリー・ポッター》などのサポート役と組ませやすいのも利点。

《MEGATOON・ドッカンデイヤー》が複数体いれば、手札を捨てた時に、手札を捨てた枚数×《ドッカンデイヤー》の数GR召喚ができる。

ルール [編集]

  • 「手札を1枚捨てた時」の条件は、2枚以上捨てた時でも「1枚捨てるをn回繰り返す」と見なすので問題なく捨てた枚数分行える。
  • GR召喚効果は1ディスカード分ずつ待機する。例えば、このカード効果で10枚手札を捨てた時に超GRの残り枚数が8枚しかない場合であっても、出したGRクリーチャー自壊させることなどによって超GRに戻すことで残りの2回GR召喚の分を解決できる。

テクニック [編集]

【ヨミジループ】の要領で《斬罪 シ蔑ザンド》破壊効果ストックを作り、バトルゾーンに《デイヤー》を2枚用意し、墓地に《デイヤー》と《腐敗麗姫ベラ》を1枚ずつ置くと、手軽にループできる。この時、超GRは空になっていること。手札は0枚が前提。

  1. 予め作った《回収 TE-10》cipで適当なカードを1枚墓地回収する。
  2. 《斬罪 シ蔑ザンド》の効果で予め出した《回収 TE-10》を破壊。
  3. 予め出した《ヨミジ 丁-二式》を自身の能力自壊させ、墓地の《デイヤー》をリアニメイト
  4. リアニメイトした《デイヤー》で1枚ディスカードして3体分の《デイヤー》ディスカード時能力が発動。GR召喚3回ストック。
  5. 超GRは《回収 TE-10》《ヨミジ 丁-二式》確1枚だけのはずなので、それらをGR召喚。
  6. 《ヨミジ 丁-二式》《斬罪 シ蔑ザンド》を装着。
  7. 1.に戻る。

これでGR召喚のストックを無限に作ることができるので、後は《ヨミジ 丁-二式》《腐敗麗姫ベラ》をリアニメイトすることと《斬罪 シ蔑ザンド》《腐敗麗姫ベラ》を破壊することを繰り返してライブラリアウトで勝利に向かうことができる。

環境において [編集]

登場当初は、召喚したその後のプレイが出来なくなるオールディスカード能力というのは、得てして使いづらいとされていた。
手札を溜め込む性質上、このクリーチャーを出す前は《BAKUOOON・ミッツァイル》以上にハンデスが苦手で、何より自前でのスピードアタッカー付加の有無が大きく、環境での主流は《BAKUOOON・ミッツァイル》に譲っていた。

ところが「DMGP-9th」で意表を突くように専用デッキ【メルゲドッカンデイヤー】がベスト4を獲得しており、当初の評価をある程度覆した。【メルゲドッカンデイヤー】自体はこのカードの発売当初から存在していたが、これほどの実績を残す素質のあるデッキだとは事前に予想されていなかった。要因としては直前のDMRP-11にて獲得した《生命と大地と轟破の決断》によって速度やコンボ耐性・安定性を向上したことが大きい。

DMEX-07期には【青魔導具】に採用されるケースも見られるようになった。というのも、【青魔導具】は《卍 新世壊 卍》が引けないという手札事故により手札を溜め込む展開になりがちで、そこでだぶついた手札を盤面に変換できるこのカードに白羽の矢が立ったのである。

その後、2020年1月1日付で《BAKUOOON・ミッツァイル》の殿堂入りと共に、相方の《アクア・メルゲ》プレミアム殿堂に指定され、【メルゲドッカンデイヤー】は消滅。

しかし、今度は殿堂入りした《BAKUOOON・ミッツァイル》と共にDMRP-12で新たに登場したGRクリーチャーを取り込んだ【ドッカンデイヤーミッツァイル】トップメタとなった。
《アクア・メルゲ》がいなくとも《天啓 CX-20》《サザン・エー》などの手札補充でオールディスカードを簡単にカバーできたのであった。

特にDMRP-12で登場した自壊GRクリーチャーが《ミッツァイル》無しのGR再展開とソリティアを助長し、このカードや他の複数回GR召喚を行うカードのバリューが跳ね上がったことで、《BAKUOOON・ミッツァイル》殿堂入り《アクア・メルゲ》プレミアム殿堂後は、このカードに頼り切った構築が主流になった。《ミッツァイル》に負けず劣らずのその活躍ぶりから、「《ミッツァイル》は殿堂入りしていない。5枚デッキに投入できるようになっただけだ」と揶揄する者もいた。
《ミッツァイル》とは異なり名目コストが低いため《マリゴルドIII》で踏み倒せるのも強力であり、《ドッカンデイヤー》を複数体並べて超GRが空になるまでGR召喚をするのも容易。《マリゴルドIII》に限らずこのカードで肥やした墓地を活かして後続のこのカードを《ヨミジ 丁-二式》でリアニメイトする動きも強力。このようなことから、《ヨミジ 丁-二式》でのループを狙った【4色ドッカンデイヤー】が構築される。このデッキは受けが固い上に耐えてしまえばブレイクにより増えた手札をGRクリーチャーに変換できるため生半可なビートダウンでは全く太刀打ちできず、コントロール《“魔神轟怒”万軍投》からGR召喚される強力なGRクリーチャー達が生み出す圧倒的なリソースを前に成す術がない。また、4~5ターンに始動するため並のコンボデッキより早い上に安定し、これより早く勝ちうるものは当時では【カリヤドネループ】【白緑ファイブスター】くらいのものであった。

DMRP-12で登場した自壊GRクリーチャーとのあまりの相性の良さから、開発陣がこのカードの性質を考慮せず自壊GRクリーチャーを登場させたのではないかという指摘も見られるようになった。

約1か月の間【ドッカンデイヤー】でトップメタの座についていたが、DMEX-08期では一時期【青赤緑バーンメアジョーカーズ】にその座を奪われることとなる。あちらに、ループを阻止する《奇天烈 シャッフ》《洗脳センノー》が投入されるようになったことが原因である。しかし、研究が進むにつれ、環境に適応できる自由枠が多く、更に安定感の高い【ドッカンデイヤー】の立場はより強固なものとなっていき、ほぼ一強の状態が続くこととなる。

その後、十王篇環境に入って《GOOOSOKU・ザボンバ》を獲得した【赤白レッドゾーン】が復権し、【バーンメアジョーカーズ】と並んで【ドッカンデイヤー】に対抗できるビートダウンデッキが登場。環境は概ね【ドッカンデイヤー】をトップとし、その下に【レッドゾーン】【バーンメアジョーカーズ】【カリヤドネループ】という構図になった。

このように大量GR召喚手段としてメタゲームを支配していたことから、2020年7月1日付で殿堂入りとなった。ワンダフォースとしては《BAKUOOON・ミッツァイル》に続き2例目、GR召喚手段としてはゲーム開始時にバトルゾーンに存在出来るカードを除けば《BAKUOOON・ミッツァイル》に続き2例目の殿堂入り。

殿堂入り後も【青魔導具】における膠着状態を打破するカードとして挿されていたが、DMBD-15期(2ブロック構築)でタッチした【白青ギャラクシールド】において試合が長引いた時のためのサブフィニッシャーとしてチャンピオンシップ準優勝を果たしたことが報告された。

シールド回収によりGR召喚のコストとなる手札が供給しやすいため、【赤黒邪王門】系統に隠し味として投入されるケースもあった。

その他 [編集]

  • 前準備での手札補充が肝になるので、このクリーチャーでデッキを組むならはほぼ必須になるだろう。
    • その一つ目の例として《花美師ハナコ》《熱湯グレンニャー》などで手札補充しつつ殴っていき、このクリーチャーの大量展開でトドメを刺す型が考えられる。こちらの方が構築費用が少なく、デッキのプレイングにおける難易度も低いのが利点。相手にハンデスを使う暇を与えさせないのも優秀。
    • 二つ目の例ではサポートクリーチャーを用意しておき、大量展開をさらに強めて制圧する型である。全体的にコンボデッキ寄りであり、後述の《アクア・メルゲ》型も広義にはこのタイプに含まれる。
  • モチーフは手榴弾。手札を爆発させて多大な被害を齎す様はまさに爆弾である。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-10
    文明など恐れるに足らず! 吾輩の爆弾で粉みじんにしてくれるわ! デイヤーーッ! ― MEGATOON・ドッカンデイヤー

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《MEGATOON・ドッカンデイヤー》の出た時能力で、自分の手札3枚を捨てました。この時、何回GR召喚できますか?
A.1枚捨てるたびに1回GR召喚できますので、この場合3回GR召喚することができます。
引用元