《“魔神轟怒(マジゴッド)万軍投(マグナ) [編集]

“魔神轟怒”万軍投 MSS 火文明 (6)
呪文
マスターG・O・D・S(この呪文を、自分の手札を1枚捨てて、唱えてもよい。そうしたら、このターン中に捨てた自分の手札1枚につき、この呪文を唱えるコストを2少なくする。ただし、コストは0以下にはならない)
GR召喚を3回する。

DMEX-07で登場した呪文

新能力マスターG・O・D・Sと、GR召喚を3回行う能力を持つ。

見かけ上のマナコストは6だが、手札を1枚捨てることで4コストで唱えることができる。
2ターン目に《フェアリー・ライフ》などを撃てば3ターン目には準備が整う。
後攻なら《神出鬼没 ピットデル》手札をあらかじめ2枚捨てれば1ターン目に唱えることができる。

GR召喚を3回行うのも強力で、丁度《“魔神轟怒”ブランド》の自身にスピードアタッカーW・ブレイカーを与える能力の条件が満たされる。
めくれたGRクリーチャー能力によってはドローできるので、捨てた手札の損失も取り返しやすい。

4マナでGRクリーチャー3体を並べられる展開力は魅力的。後述するようにマナゾーンに5枚以上カードがある場合に使用できる重量級マナドライブ持ちクリーチャーと組み合わせることで爆発的なアドバンテージを得られる。最速で唱えるか、マナブーストしてから撃つかは採用するデッキ次第となるだろう。

マスターG・O・D・Sで捨てる手段は特に指定がない。事前に《戦略のD・H アツト》《【問2】ノロン⤴》を出せば、手札交換ついでにこの呪文を1コストで唱えることができる。《エマージェンシー・タイフーン》を唱えて《一なる部隊 イワシン》を捨ててもいいだろう。

この呪文自体の効果で捨てた枚数も累積して計算されるので、1ターンに2回唱えるのも難しくない。同じくDMEX-07で登場した《回収 TE-10》マナドライブ5(水)で呪文1枚をサルベージ可能。6マナ貯まった状態でGR召喚された場合、墓地回収したこの呪文をすぐに唱えられる。

コスト踏み倒しと異なり、対象となるクリーチャーを手札に確保しておく必要がなく、腐りにくいのも利点となる。

額面コストが6なので《正義の煌き オーリリア》ラビリンスに引っ掛からないという利点がある。

《龍装艦 チェンジザ》を事前に場に出しておいた状態でこの呪文を唱えると、マスターG・O・D・Sによるディスカード《烈王“轟怒”飛流投》を踏み倒すことができる。そのまま2つの呪文のGR召喚と《烈王“轟怒”飛流投》によるスピードアタッカー付与1ショットキルに向かうことができるため、この組み合わせはを入れた【チェンジザドンジャングル】(いわゆる【赤チェンジザ】)のGR召喚プランの候補になる。

ルール [編集]

マスターG・O・D・Sは《“必駆”蛮触礼亞》B・A・D・S2を彷彿とさせるが、こちらは手札が《“魔神轟怒”万軍投》のみだとコスト軽減できないという大きな違いがある。

  • マスターG・O・D・Sを使用するには、手札を1枚捨てる必要がある
  • マスターG・O・D・Sを使用しない場合、そのターン何枚手札を捨てていてもコストは軽くならない
  • マスターG・O・D・Sを使う前に1枚も捨てていなくても、マスターG・O・D・Sを使えばコストは2少なくなる

という処理のため、次のように読むとわかりやすいだろう。

(この呪文を、自分の手札を1枚捨て、コストを2少なくして唱えてもよい。そうしたら、このターンこの呪文の効果以外で自分の手札を捨てていた場合、そのカード1枚につきコストをさらに2少なくする。ただし、コストは0以下にはならない)

B・A・D・Sと異なり手札を捨ててからコスト軽減し、そこでコスト計算が確定する扱い。そのため、このカードでディスカードするとその分が《虚構の影バトウ・ショルダー》の影響を受ける。

マスターG・O・D・Sを使う前からマスターG・O・D・Sで唱えられないコスト計算となる場合、ディスカードのみを使うことはできない。(2019/12/05事務局確認)

マスターG・O・D・Sを使う前の時点でマスターG・O・D・Sで唱えられる計算の場合唱えることはできる。但し、ディスカードして《虚構の影バトウ・ショルダー》常在型能力でコスト増加した結果マナが足りなくなった場合、唱えられずに手札に留まる(2019/12/05事務局確認)。

環境において [編集]

大方の予想通り登場後は《龍装艦 チェンジザ》と組み合わせられ、【青赤緑ミッツァイル】を中心に使用されている。それまでそちらのデッキにおいて手薄であったマナになるのも大きい。

【赤青ジョーカーズミッツァイル】では捨てた手札を《パッパラパーリ騎士》マナブーストに活かすことができる。

《一なる部隊 イワシン》と組み合わせてディスカードを繰り返せば、《音奏 プーンギ》などの呪文コスト加重をものともしないコスト軽減を実現できる。

重量級マナドライブとの相性は最高の一言。例えばマスターG・O・D・Sにより4コストで唱えて《天啓 CX-20》《カット 丙-二式》《クリスマIII》が捲れた場合、実質的な《エナジー・ライト》(《“魔神轟怒”万軍投》そのものの消費とディスカードを差し引きハンドアドバンテージ1)で3コスト分、《解体事変》で4コスト分、疑似《白米男しゃく》で2コスト分(タップインによるマナブーストは通常のマナブーストよりもマイナス1コスト査定)で、合計9コスト分のアドバンテージになる。このことから、ビッグマナなどのコントロールにさえも積まれた。手札消費の激しさは重量級マナドライブのcipによる手札補充で相殺された。

一見相性が良さそうな【クラッシュ“覇道”】との相性は一概に良いとは言えない。というのも、必要分ディスカードする手段やGR召喚したクリーチャーにスピードアタッカーを付与する手段に乏しいためである。また、《“必駆”蛮触礼亞》を使う都合上ディスカードを要求するこのカードを使う余裕がないのである。

2020年7月1日の殿堂レギュレーション改訂によって《MEGATOON・ドッカンデイヤー》殿堂入りに指定されたため、低コストでまとまった回数のGR召喚ができる手段として最有力カードとなった。改訂に伴い【4色万軍投ジョリー】が成立し、そちらが一瞬で廃れると後釜には【4色万軍投モモキング】が入り込んで環境に定着した。《天災 デドダム》で3→5と繋ぎ、このカードを唱える動きは【4色万軍投】の鉄板の動きとなり、《クリスマIII》を捲ってマナドライブ6を強引に達成することもざらであった。アドバンテージ量の期待値を考えれば、5マナ域でマナドライブ6が捲れても許容範囲内だった。

DMEX-12期には【青黒GRハンデス】にこのカード、《DROROOON・バックラスター》《BAKUOOON・ミッツァイル》などのを足した型のチャンピオンシップ3位入賞が報告された。

ところが王来篇環境になると一変、GR召喚に対する強力なメタカードである《とこしえの超人》が登場。このシリーズでは大流行している【5色コントロール】と相性が良いものの、《とこしえの超人》のせいで採用が稀になった。採用したとしても《とこしえの超人》を処理した後のタイミングで1回打てれば良いところという理由で1枚積みにとどめることがざらになった。

それでも、2021年8月下旬から9月にかけて公表されたリモートデュエマの非公認大規模大会予選の上位入賞構築に、このカードが散見されるようになった。

アニメ「デュエル・マスターズ!!」29話 [編集]

ボルツキラ戦で使用。バトルゾーン《ダダダチッコ・ダッチー》《“魔神轟怒”ブランド》《ドドド・ドーピードープ》を出した。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMEX-07
    “魔神轟怒”ブランドが最終決戦に向けて装着した新パーツの秘密。それは振り回した拳によって万軍の兵を投げつける超兵器だった!

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《“魔神轟怒”万軍投》の効果で《夜露死苦 キャロル》を捨て、置換効果により《夜露死苦 キャロル》が手札に戻った場合、《“魔神轟怒”万軍投》は何コストで唱えられますか?
A.いいえ、6のままです。「このターン中に捨てた自分の手札」のように、この効果で捨てたカード以外を参照する必要がある場合、結果的に墓地に置かれたカードのみを数えます。
引用元
(2021年9月24日更新)

Q.このターン「マスターG・O・D・S」を使う前に手札を2枚捨てていたらどうなりますか?
A.「マスターG・O・D・S」を使うために1枚捨てて合計3枚捨てたことになるので、コストは6少なくなります。ただし、0以下にはならないので1支払う必要があります。
引用元