BAKUOOON(バクオーン)・ミッツァイル》 [編集]

BAKUOOON・ミッツァイル SR 火文明 (9)
クリーチャー:ビートジョッキー/ワンダフォース 9000
このクリーチャーを召喚する時、自分のクリーチャーを好きな数破壊してもよい。こうして破壊したクリーチャー1体につき、このクリーチャーの召喚コストを2少なくする。ただし、コストは0以下にならない。
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、このクリーチャーを召喚する時に破壊されたクリーチャー1体につき、GR召喚する。
自分のクリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。
※殿堂入り

DMRP-09で登場したビートジョッキー/ワンダフォース

マナコストが9と重いが、召喚する時に自分のクリーチャーを破壊することで、1体につき2のコスト軽減が可能。
さらに召喚する時に破壊されたクリーチャー1体につきGR召喚する能力と、すべてのクリーチャーにスピードアタッカーを与えるという能力を持つ。

言い換えれば、自分のクリーチャーX体の破壊と引き換えに、(9-X×2)コストでパワー9000のW・ブレイカー持ちのスピードアタッカーを出せ、破壊したX体と同じ数スピードアタッカー付きのGRクリーチャーに転生させる能力である。
破壊するクリーチャーとGR召喚されるクリーチャーの価値は等価ではないものの、数の上でのフィールドアドバンテージで考えれば1体も損をせずコスト軽減できることになる。
むしろコスト軽減時にpigGR召喚時にマナドライブ等のcipが使える点で、利益を出しつつコスト軽減できてしまうことも。

ウィニーを順当に並べていけば、3、4ターン目にはわずか1コストでこのクリーチャーが出せるようになり、即死打点を形成できる。
一度に多くのGRクリーチャーを呼び出せるので、ランダム性の高いGR召喚であるが目当てのクリーチャーを呼びやすい。
ビートジョッキー/ワンダフォースの戦略の「自壊によるGR召喚」との相性は抜群で、より多くGR召喚が行えるようになる。

自分のクリーチャーをタップする能力を持ったカードとも相性がいい。自分のクリーチャーを何体タップしようが、このクリーチャーでそれらを破壊することで超GRからアンタップしているクリーチャーを用意できる。同様に相手の《Dの牢閣 メメント守神宮》Dスイッチや、フリーズプリン効果にも強い。

総じて、非常に高い爆発力を持った攻撃的なクリーチャーと言えるだろう。
このカードによって形成された専用デッキである【ミッツァイル】GRクリーチャーの種類の増加に比例してデッキパワーを高め、果ては環境を【ミッツァイル】一色に塗りつぶしてしまった。

  • このクリーチャーを召喚する時に破壊対象に選んだクリーチャーを、セイバー、またはウルトラ・セイバーを持ったクリーチャーで身代わりにしても、それによって破壊されたクリーチャーは「このクリーチャーを召喚する時に破壊されたクリーチャー1体につき」の頭数に含まれない。
  • このカードをコスト軽減を使って召喚して能力を使用する場合、使用宣言破壊コスト支払い→このカード本体の召喚→召喚時の破壊に付随するGR召喚、という手順が正しい。便宜上マナをタップしてから使用宣言する場合がままあるがこれは厳密には間違い。

環境において [編集]

登場するや否や、「DMGP-8th」でDay2(殿堂レギュレーション)で【メタリカミッツァイル】(当時【赤白ミッツァイル】と呼ばれていた)が優勝したことで一躍有名になった。
とはいえ、この頃のGRクリーチャーはバニラ準バニラ、もしくはそれに近いスペックのカードばかりであったこと、同じ色でより速くて安定した【赤白“轟轟轟”ブランド】が存在したことから、「強力なデッキの一つ」という程度の評価が多かった。

DMSD-10期になると、専用構築よりも「【赤白“轟轟轟”ブランド】における、中盤以降のエースカード、またはS・トリガーで唱えたGR召喚呪文を起点に召喚できるカウンター手段」としての側面が強くなった。ただ、コスト軽減の際にメタクリーチャー破壊してしまうため、召喚した後にカウンター札で凌がれると返しのターンに相手に動かれる恐れもあり、そちらのデッキにおいてこのカードをプレイするタイミングはシビアであった。

《“轟轟轟”ブランド》殿堂入りすると【赤白“轟轟轟”ブランド】は消滅に至った。そちらの基盤を継いだ、【メタリカミッツァイル】とは別物の【赤白ミッツァイル】が注目された。

DMEX-06期からジョーカーズを使った【赤緑ジョーカーズミッツァイル】超天篇環境のトップメタの一角となった。豊富なGR召喚持ちのクリーチャーで大量展開し、《夢のジョー星》アドバンテージを稼ぎ、タップしたクリーチャーをこのカードで破壊することで、大量の打点を用意できる。最速で4ターンに《ジョジョジョ・マキシマム》G・ゼロを達成することも可能である。

同じくDMEX-06期には【赤白ミッツァイル】《S級原始 サンマックス》を採用した【赤白サンマックス】が成立した。

DMBD-09DMBD-10期に【青黒緑デッドダムド】が登場したことで再び環境入りした【赤単ブランド】でも採用される。

ミッツァイル・マスターズの到来 [編集]

そして、DMRP-11にて、マナドライブ6を持つ重量級GRクリーチャーが登場すると、それらを使い回して膨大なアドバンテージを稼ぐ【青赤緑ミッツァイル】【4色ミッツァイル】が成立する。こちらは対応力が高く隙の少ないデッキであり、以降は超天篇環境トップメタになり、環境を一気に荒らしていくようになる。

DMEX-07にて【赤青ジョーカーズミッツァイル】環境入り。メタに対して脆弱ではあるが安定して4ターン前後で安全にフィニッシュできる、所謂アンフェアデッキであるため、こちらもトップメタへと昇り詰める。
この時期になると、速攻なら《ミッツァイル》、ループに《ミッツァイル》、コントロールに《ミッツァイル》、ビッグマナでも《ミッツァイル》といったように、あらゆるデッキで採用されるようになる。【ミッツァイル】対策に【ミッツァイル】を選択するプレイヤーも多く、CSでも全体の半数以上が《ミッツァイル》をデッキに投入していたということもザラにあった。その圧倒的な支配率は自嘲気味に「ミッツァイル・マスターズ」「核戦争」等と呼ばれた。

これほどまでに環境を支配した理由は、このカードの登場時に比べてマナドライブなど強力な能力を持ったGRクリーチャーが次々登場し相対的にこのカードの性能も凶悪になったことと、有効なメタが限られておりそれらもこのカードが同型対策に取り込んでしまっていることが挙げられる。

『デュエル・マスターズ全国大会2019』店舗予選では《DROROOON・バックラスター》と共に【青黒GRハンデス】に投入されるケースまで見られた。『デュエル・マスターズ全国大会2019』エリア代表戦でも2ブロック環境を一色に染め上げており、例として九州大会Bブロックではベスト16進出者中11人が使用していた。

そして、ついに2019年12月17日のコロコロ生配信にて、2020年1月1日付けでこのカードの殿堂入りが決定した。登場から殿堂入りまでの日数は277日。ゲーム開始時にバトルゾーンに存在出来るカードを除き、登場から1年足らずで殿堂入りしたのはこのカードが8例目。これより早く殿堂入りした前例はゲーム開始時にバトルゾーンに存在出来るカードを除けば、《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》の275日、《暴龍警報》の268日のみである。ワンダフォースとして、またGR召喚関連のカードとしてはゲーム開始時にバトルゾーンに存在出来るカードを除けば初の殿堂入り

殿堂入り直後、【メルゲドッカンデイヤー】が消滅に見舞われた《MEGATOON・ドッカンデイヤー》と手を組み、新たに誕生した【ドッカンデイヤーミッツァイル】で活躍。それがCSで優勝、上位入賞を果たしたため、環境でしぶとく生き残った。【バーンメアジョーカーズ】でもたまに採用されていた。後に登場した【4色ドッカンデイヤー】では、初めはこのカードが確定で投入されていた(【4色ドッカンデイヤーミッツァイル】)が、その後このカードがなくても十分デッキが回ることから、必ずしも投入されるとは限らなくなった。

十王篇では【零龍墓地ソース】のサブフィニッシャーとして考察された。場に残ると足手纏いになりがちな《暗黒鎧 ザロスト》や準バニラである《暗黒鎧 ダースシスK》を優秀なGRクリーチャーに変換できる上に、《破壊の儀》達成に役立つ。《盗掘人形モールス》《龍装鬼 オブザ08号》などのノーコストないし低コストの種にも恵まれている。また、1枚制限のハンデを大量ドローによって克服できることから【オボロティガウォック】フィニッシャーとしても使われている。

その他 [編集]

  • 登場した年のWINNERカードに指定され、なおかつ登場から1年未満で殿堂入りしたのはこのカードが初めて。
  • 開発部の射場本氏のTwitterアカウントにて、開発中のテキストが公開されている。→参考
    開発段階では「マルチブランド」というカード名が使用されており、《“罰怒”ブランド》の派生カードとしてデザインされていた事が伺える。
    マルチブランド 火文明 (7)(9)
    クリーチャー:ビートジョッキー 900012000
    スピードアタッカー
    W・ブレイカー
    このクリーチャーを召喚する時、自分のクリーチャーを好きな数破壊してもよい。こうして破壊したクリーチャー1体につき、このクリーチャーの召喚コストを2少なくする。ただし、コストは0以下にならない。
    このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、このターン破壊されたクリーチャーの数だけトークンを超召喚する。
    スピードアタッカー付与は無かったもののコストが7で、超召喚(GR召喚)する回数が「そのターンに破壊されたクリーチャーの数」だった。
    あまりに強すぎたためか、テストプレイの途中でコストが7から9に変更された跡がある。
  • 結局、これでも強すぎたのは周知の通りである。
  • 狙ったかは不明だが、《ミッツァイル》の殿堂入りが発表された日はミサイル実験で有名な某国の二代目最高権力者の命日でもある。所謂「不謹慎ネタ」として《ミッツァイル》及び《ミッツァイル》をとするデッキもその某国の名で呼ばれる事がある。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]

ルール [編集]

公式Q&A

Q.《BAKUOOON・ミッツァイル》の最初の能力で破壊した自分のクリーチャーの中に、「このクリーチャーが破壊された時」という能力を持つクリーチャーがいました。その能力をすぐ使ってもよいですか?
A.いいえ、まずこのクリーチャーの召喚を終わらせてから、能力を使ってください。このクリーチャーの持つGR召喚の能力とどちらを先に使うかは選ぶことができます。
引用元

Q.《BAKUOOON・ミッツァイル》の最初の能力で、破壊したクリーチャーの数だけコストを少なくしても召喚するマナが足りない場合でも、自分のクリーチャーを破壊だけすることはできますか?
A.いいえ、自分のクリーチャーを破壊できるのは最終的にこのクリーチャーを正しく召喚できる時だけです。
引用元

Q.2番目のQ&Aの「正しく召喚できる」とは何ですか?「このクリーチャーを召喚する時」というのは、自分のクリーチャーを破壊しなくても召喚可能なマナ(9マナ)がある時だけ使える能力ということですか?
A.いいえ、召喚とは召喚を宣言してコスト軽減を適用してバトルゾーンに出すという一連のプロセスです。コスト軽減を適用しても召喚するに必要なマナを確保できない場合召喚を宣言できないということになります。
引用元

Q.《BAKUOOON・ミッツァイル》を召喚する時、自分のクリーチャーを2体破壊しました。この際、破壊したクリーチャーの内1体が「エスケープ」などでバトルゾーンに残った場合、《BAKUOOON・ミッツァイル》の召喚コストはいくつになりますか?
A.5コストになります。「破壊した」とテキストに書かれている場合、破壊という行為自体を参照するため、破壊対象に選んだクリーチャーが実際には破壊されなかったとしても、その分召喚コストを少なくすることが出来ます。
引用元

Q.《BAKUOOON・ミッツァイル》を召喚する時、自分のクリーチャーを2体破壊しました。この際、破壊したクリーチャーの内1体が「エスケープ」などでバトルゾーンに残った場合、GR召喚は何回行われますか?
A.1回です。「破壊された」とテキストに書かれている場合、実際に破壊されたクリーチャーのみを参照します。
引用元

Q.《超神星ビッグバン・アナスタシス》の能力でコストを支払わずに《BAKUOOON・ミッツァイル》を召喚する時、《BAKUOOON・ミッツァイル》の能力を使ってクリーチャーを破壊することができますか?
A.いいえ、できません。コストを支払わずに召喚する際には、《BAKUOOON・ミッツァイル》のコストを少なくする能力は使えません。
引用元