B・A・D・S(バッドアクションダイナマイトスペル) [編集]

DMRP-03で初登場した能力
B・A・D・Sと書いて「バッドアクションダイナマイトスペル(Bad Action Dynamite Spell)」と読む。

“必駆”蛮触礼亞(ビッグバンフレア) R 火文明 (5)
呪文
B・A・D・S 2(この呪文を、コストを2少なくして唱えてもよい。そうしたら、自分の手札を1枚捨てる)
ビートジョッキーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。そうしたら、相手のクリーチャーを1体選ぶ。その2体をバトルさせる。そのターンの終わりに、その出したビートジョッキーを破壊する。

コストを払って唱える際に、能力で指定されている数だけ任意コストを軽減する事ができるが、代償として手札を1枚捨てなければならない。

要するにB・A・D呪文版。あちらは代償として出したクリーチャー破壊しなければならなかったが、呪文はもともと唱えた後に墓地に行くものであることから、こちらは代償の取り方が変わっている。

参考 [編集]


公式Q&A

Q.手札に《“必駆”蛮触礼亞》と他にビートジョッキーが1体だけがあります。B・A・D・Sを使ってそのビートジョッキーを出せますか?
A.いいえ、出せません。B・A・D・Sでコストを軽くして唱える時に自分の手札1枚捨てる必要があります。そうするともう1枚のカードであるビートジョッキーが手札から捨てられてしまっているので、解決時に手札から出せるものがありません。
引用元

Q.《龍装艦 チェンジザ》の能力で墓地から《“必駆”蛮触礼亞》を唱える時、B・A・D・Sを使って手札を捨てられますか?
A.捨てられません。コストを支払わずに唱える場合はB・A・D・Sを使うことはできません。
引用元