十王篇環境(じゅうおうへんかんきょう) [編集]

DMSD-14DMSD-15期(発売日 2020年3月14日) [編集]

新戦力カード [編集]

概要 [編集]

初の新最高レアリティカードを収録したDMSD-14DMSD-15によって華々しく幕を開けた十王篇環境だが、新型コロナウイルスの蔓延に伴い大会を中止する店舗が相次いだため、詳しいデータを取る事ができなくなっている。
しかし、キリフダッシュが強力で特に《熊四駆 ベアシガラ》が大いに活躍していることは確かな情報であり、鬼タイムの評価はマチマチ。

【4色ドッカンデイヤー】【バーンメアジョーカーズ】は、超天篇環境から引き続き環境の中心となっている。

DMRP-13期(発売日 2020年3月28日) [編集]

新戦力カード [編集]

概要 [編集]

【赤緑キリフダッシュ】【白青ギャラクシールド】【黒緑フシギバース】など、新たなデッキタイプが数多く形成された。
《不敵怪人アンダケイン》【アンダケインループ】【アンダケインランデス】を形成した。特に後者は《腐敗勇騎ドルマークス》とのコンボで大暴れしている。
GRによるソリティアメタ《U・S・A・BRELLA》《リツイーギョ #桜 #満開》などは発売当初から注目され、超天篇で荒んでしまった環境の是正の期待はこの2体に寄せられていた。

平年通りであればそれらのデッキも大会で活躍し始めている頃だが、引き続き新型コロナウイルスの影響で大会はほとんど中止になっており、多くのデッキタイプが活躍の場を持て余している。

これらの登場以降も【4色ドッカンデイヤー】【バーンメアジョーカーズ】の優勝、上位入賞の報告もネット上で数多く、《U・S・A・BRELLA》《リツイーギョ #桜 #満開》が登場してもなおGRによるソリティアは収束の兆しを見せなかった。

一方でGRに対する新たなメタデッキとして、ギャラクシールドによって大幅に強化された【ダッカルパラノーマル】が注目を集めた。《凄惨なる牙 パラノーマル》が1体でもシールドに表向きに置かれれば、cip能力のトリガー自体は防げないが《ヨミジ 丁-二式》のような自壊式のcip能力や、《せんすいカンちゃん》《無限合体 ダンダルダBB》のようなアタックトリガー持ちも能力が機能する前に除去できるので、これだけでGRを主軸としたデッキをほぼ詰ませることができるようになった。

これら2枚のメタクリーチャーや新規ギミックを活用したデッキが【4色ドッカンデイヤー】【バーンメアジョーカーズ】が席巻する環境にどこまで食い込めたのかは謎のままとなっている。

緊急事態宣言発令(2020年4月7日) [編集]

新型コロナウイルスの影響を受けながらも多くのデッキタイプの活躍が期待されていたが、4月7日の緊急事態宣言を受け多くの大会が延期または中止に追い込まれた。

緊急事態宣言の発令から1週間が経過した4月14日には、5月1日以降の公認CSサポートおよび公認店舗大会サポート(デュエマパラダイスは6月1日以降、デュエマフェス、デュエバトルは6月15日以降)を休止とすることが公式サイトで発表された。
これにより殆どの大会が中止になることが確定付けられ、それに伴い今後の環境データの測定も困難になることが予想される。

DMEX-09DMEX-10期(発売日 2020年4月18日) [編集]

新戦力カード [編集]

概要 [編集]

DMEX-09DMEX-10はそれぞれ再録カードが中心で、【赤緑キリフダッシュ】【黒緑フシギバース】などといった、DMRP-13で新たに形成されたデッキタイプを強化するカードが全体的に多いのが特徴。

中でも《ロールモデルタイガー》は強力なコスト踏み倒し能力を持っており、ビッグマナ系統の希望の星とも呼べる存在となっている。

《【神回】バズレンダでマナが大変なことに?!【驚愕】》は最初は甘く見るプレイヤーも一定数いたが、バズレンダの打ち分け可能な性質から新たな初動呪文として定着した。

《鬼寄せの術》は効果が判明した当初から多くの注目を集めていたが、GR召喚系統のデッキとアンチシナジーであることからさほど活躍しなかった。

発売からしばらく経った4月29日に、GP-10thを正式に開催中止とすることが発表された。
これに伴い今後の環境を推し量るのが困難になった上、追い打ちをかけるように5月4日より緊急事態宣言の期限が同月31日まで延長されることになった。

かといって今後のデュエマの未来が暗くなったわけでもなく、公式オンライン大会が新たにスタートすることが公式より明らかにされた。(参照:クリエイターズ・レターvol.35
その一環として日本一決定戦メンバーによるエキシビション大会が開催される予定となっていて、今後のオンライン大会の発展次第ではまた環境のデータも取りやすくなるだろう。

主流デッキ(通常環境) [編集]

参考 [編集]