《ドマンモ龍樹(ドランジュ) [編集]

ドマンモ龍樹 SR 闇/自然文明 (7)
クリーチャー:ジャイアント・ドラゴン/不死樹王国 12000
T・ブレイカー
自分のターン中、クリーチャーを1体、自分のマナゾーンから召喚してもよい。
自分の他のクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手は自身の手札を1枚選び、捨てる。
<フシギバース>[闇/自然(10)](自分のクリーチャーを1体タップしてマナゾーンに置き、[闇/自然(10)]からそのクリーチャーのコストを引いた数のコストを支払って、このクリーチャーを自分の墓地から召喚してもよい。ただし、コストは[闇/自然(2)]より小さくならない)

DMEX-10で登場した/自然ジャイアント・ドラゴン/不死樹王国

《無敵剣 カツキングMAX》と同じ、クリーチャーをマナゾーンから召喚できる能力はフシギバースと強く噛み合っており、マナゾーンにクリーチャーを送るというデメリットを緩和してくれる。
またcip効果の使い回しも可能となるため、額面以上の利便性を発揮してくれるだろう。

他のクリーチャーがバトルゾーンに出た時にセルフハンデスを行わせる能力も、上記の能力と噛み合う。
フシギバースやマナ召喚を連打すればあっさりと手札を枯らせるだろう。
ただし《斬隠蒼頭龍バイケン》を始めとした各種マッドネスには注意が必要。

一方でマッハファイターなどの積極的に盤面に干渉する能力は持っておらず、肝心の能力も、《ドマンモ龍樹》自身が盤面に出ただけでは機能しない。
そのため、最速でのフシギバースによる登場を狙うよりも、十分に盤面を制圧してから、反撃の目を摘み取る形で活躍させたいところ。

  • 一方で、キリフダッシュとの相性も決して悪くは無い。マナゾーンからキリフダッシュが可能になるだけでなく、キリフダッシュのために増えた手札を刈り取ることができる。
    更にはフシギバースcip持ちキリフダッシュをマナに再装填も可能。もちろん、隣に殴れるクリーチャーがいるならそのターン中に出すこともできる。
    このカード自体は決して軽くは無く、上記の通り盤面には干渉できないため、速攻よりも少しコントロール寄りのデッキに数枚刺せば、潤滑油的な活躍を見込めるだろう。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.オレガ・オーラが1枚付いたGRクリーチャーをマナに置いて《ドマンモ龍樹》の「フシギバース」を使おうとしています。付いていたオレガ・オーラはアンタップ状態でマナゾーンに置かれますが、これを《ドマンモ龍樹》の召喚コストのためにタップできますか?
A.いいえ、できません。「フシギバース」によるコストの支払いは、クリーチャーをマナゾーンに置くのと同タイミングで実施されます。クリーチャーをマナに置くことで使用できるマナが増えたとしても、それを「フシギバース」のコストの支払いに使うことはできません。
引用元