《ダーク・ライフ》 [編集]

ダーク・ライフ P(UC) 闇/自然文明 (2)
呪文
自分の山札の上から2枚を見る。そのうちの1枚をマナゾーンに、もう1枚を墓地に置く。

DMD-25で登場した/自然呪文

《フェアリー・ライフ》の新たなバリエーションのひとつで、文明を持って多色化。山札から2枚を見た上で、それぞれをマナ墓地に置く。
要するに2コストマナブーストカード墓地肥やしを兼ねたカードである。

2コストマナブーストのついでに1枚墓地肥やしが出来るだけでも十分な有用性を持つ。だが、さらに言えば山札の上から2枚を見て「選んで」行うという部分がミソであり、墓地にキーカードを集める分には山札を2枚掘り返すのと同じ効力を期待できる。それを初動のついでに行うわけだから、このカードのポテンシャルが良く分かるだろう。

また、これはマナブーストの部分にも同じことが言うことが出来、マナゾーンにキーパーツを集める分にも上記と同じ効力を期待できる。マナ利用は墓地利用と比べればハードルが低いため、コンボデッキ以外でも少なからずマナ利用することが多く、それだけ広い範囲で恩恵を期待できる。具体的には《母なる星域》《獰猛なる大地》《フェアリー・ミラクル》《蒼き団長 ドギラゴン剣》などがあり、それらの運用性を向上させることが出来る。
何も考えず普通に使う分にもマナ基盤収集や多色カードタップイン事故避け、意図的な墳墓避け、が行えるため、マナブーストとしても極めて高い質を持っていることがわかる。

墓地に2枚のカードが落ちる状態になるのも注目すべきポイントであり、《再誕の社》《社の死神 再誕の祈》につなげば簡単に4ターン目7マナを達成できる。
特に《社の死神 再誕の祈》との相性は最高であり、過去に猛威を奮った「社ブースト」を1マナ分強化しつつ簡単に再現できる。

2コストマナブースト墓地肥やしを兼ねるだけでも十分すぎる性能であるが、選べることで飛躍的にポテンシャルを向上させている、極めて完成度の高いカードである。性能や運用性は申し分なく、競合が激しい2コストマナブースト枠でも幅広い活躍が期待できるだろう。
ただし2ターン目に多色カードを安定して使うにはそれなりの色調整が必要なので、ビルディングの際には気を付けたい。

  • 単純な計算から考えて、2マナ山札を2枚掘れる時点でそのスペックが伺える。この性質を持つカードは他にもたくさんあるが、それらが行うのは山札から直接、もしくは手札交換での墓地肥やしであり、やはりマナブーストを兼ねる点で他カードとは一線を画している。
  • DMEX-10で再録された際には、《大樹王 ギガンディダノス》 の頭上で鳥のクリーチャーが巣をかけ子と卵を育てるという心温まるイラストになっている。背景ストーリーでは鬼札王国の配下で大長老の監視役という侵略者だが、命を育むという点では心優しい面もあるようだ。

デュエル・マスターズ プレイスでは、 [編集]

ダーク・ライフ UC 闇/自然文明 (2)
呪文
自分の山札の上から1枚をマナゾーンに置き、もう1枚を墓地に置く。

はじめに山札を見ることができなくなり、マナゾーン墓地におくカードを順に処理するようになった。TCG版と異なり、選ぶことができなくなったものの、2コストでマナと墓地を増やすという性質自体は変わっていない。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]