無敵悪魔(むてきあくま)カースペイン》 [編集]

無敵悪魔カースペイン SR 闇/自然文明 (4)
クリーチャー:デーモン・コマンド/ジャイアント 0000+
このクリーチャーのパワーは、自分の墓地にあるクリーチャー1体につき+2000される。
このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。

DM-24で登場したデーモン・コマンド/ジャイアント

自分の墓地クリーチャーの数だけパワーが上がる。

コスト軽いが、相手プレイヤー攻撃できないのでアタッククリーチャーとしては活躍できない。
殴り返し役と見ても、3枚以上墓地にある状態でやっとまともなレベル。
その上墓地クリーチャーが1体もいない時はパワー0となり破壊されてしまう。つまり《埋め立てロボ・コンクリオン》等の墓地リセットでもついでのように破壊されてしまう。

また、いくらパワーが上がっても所詮は準バニラ。単純に低コストで高いパワーを求めるなら、《ブルーレイザー・ビートル》などで事足りる。1コスト上に《死神戦鬼ベル・ヘル・デ・バラン》がいるのが致命的である。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

無敵悪魔カースペイン VR 闇/自然文明 (4)
クリーチャー:デーモン・コマンド/ジャイアント 2000+
自分の墓地にあるクリーチャー1体につき+2000される。
パワード・ブレイカー

TCG版での汚名を晴らすかの如く、大幅な強化を受け、十分な活躍ができるようになった。

素の状態でも2000のパワーが保証され、墓地のカードが1枚もなくても自壊しなくなった。さらに、相手プレイヤー攻撃できるようになったどころかパワード・ブレイカーまでついた。

TCG版で問題視されていた点は完全に改善されており、パワード・ブレイカーがついたおかげで、墓地肥やしすれば軽量・高パワーのメインアタッカーにもなりうる。

スムーズに墓地肥やしができれば、高いビートダウン性能を発揮できる。W・ブレイカーはもちろんのこと、T・ブレイカーQ・ブレイカーになることも決してオーバーキルではないだろう。

また、破壊マナ送りにされても、闇と自然は墓地・マナ回収が得意なので、軽量級であることも相まって、すぐに前線に戻ってきやすい。このカード自体がクリーチャーなので、破壊されても2体目以降の《カースペイン》のパンプアップの手助けになる。墓地が肥えれば肥えるほど強くなるので、長期戦でも十分活躍ができ、序盤から終盤まで、相手の攻めや守りを手堅く崩していける。

高パワーブロッカーを並べてくる【ヘブンズ・ゲート】も、文字通りパワーで乗り越える場面さえ多々ある。

持っている種族にしては軽いというTCG版の数少ない長所はそのままに、自壊しなくなったことで、進化元シンパシーのために出しやすくなった。ジャイアントに関しては、より軽い進化元たりうるジャイアント・インセクトがプレイスでは存在しない[1]のも追い風。レアリティがベリーレアとなり入手しやすくなっているのも嬉しい所。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-24
    悲しみの音が、恨みの香りが、呪いの祈りが、カースペインのエネルギーだ。
  • DMPP-04
    人を呪わば穴二つ。しかし、それに伴う痛みは我にとっても至極の喜びである。――無敵悪魔カースペイン

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]


[1] 本家においてジャイアント・インセクトに該当する種族はギガント・インセクトに変更されている