パワード・ブレイカー 節を編集

パワード・ブレイカー:このクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする

1回の攻撃で、そのクリーチャーパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクできるキーワード能力

ア・ストラ・ゼーレ MAS 水文明 (6)
オレガ・オーラ:トリックス/デリートロン +6000
これを付けたクリーチャーに「パワード・ブレイカー」を与える。(「パワード・ブレイカー」を持つクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする)
これをクリーチャーに付けた時、そのクリーチャーよりパワーが小さい相手のクリーチャーをすべて、持ち主の手札に戻す。こうして6体以上が手札に戻されたなら、このターンの後にもう一度自分のターンを行う。
オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体に付けるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。
ファーラー王 VR 自然文明 (6)
クリーチャー:ジョーカーズ/ワンダフォース 6000
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、GR召喚する。
自分のGRクリーチャーすべてに「パワーアタッカー+6000」と「パワード・ブレイカー」を与える。(「パワード・ブレイカー」を持つクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする。)

ルール 節を編集

  • クリーチャーパワー6000ごとに素のブレイク数が増えるというデザイン。「そのパワー6000ごとにシールドをさらに1枚ブレイクする」なので、パワーが6000だと通常ブレイクにさらに1枚ブレイクが加わって2枚ブレイク、パワー12000だと通常ブレイクにさらに2枚のブレイクが加わって3枚ブレイクになる。要するに、パワー÷6000の答えから小数点を切り捨て、それに1を足した数値がブレイク数となる。

その他 節を編集

  • 超天篇(2019年)にて登場したキーワード能力だが、テキストの簡略化のためか、黎明期の環境を踏襲したデュエル・マスターズ プレイスではDMPP-02という早い段階から登場した。むしろ、本家での登場が遅すぎたとも言える。

参考 節を編集