U・S・A・CAPTEEEN(ウサキャプティーン) [編集]

U・S・A・CAPTEEEN SR 火文明 (5)
クリーチャー:ビートジョッキー/チームボンバー 8000
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このターン中に自分の他のクリーチャーが攻撃していなければ、このクリーチャーは攻撃できない。
<マジボンバー>7(このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を見る。その後、コスト7以下のクリーチャーを1体、自分の手札または山札の上から、バトルゾーンに出してもよい)

DMRP-14で登場したビートジョッキー/チームボンバー

5マナパワー8000のW・ブレイカーであり、マジボンバー7を持つ。一方、他のクリーチャーがそのターンに攻撃していなければ攻撃できない。

事前に他のクリーチャー攻撃していないと攻撃できないデメリットはあるが、それさえクリアできれば召喚した傍から、大型クリーチャーを呼び出せる。
ビートジョッキーであるため《“必駆”蛮触礼亞》で最速3ターンコスト踏み倒し可能だが、その場合、事前に他に攻撃可能なクリーチャーを用意しなければならないうえにB・A・D・S2で手札を1枚捨てるためかなり手札を消費してしまう。
マジボンバー5以上からも呼び出せるため最軽量のマジボンバー5を持つ《BIRIBIRIII・ビリー》から繋げるという手も。

こちら自身《生命と大地と轟破の決断》で呼び出せる上に《BUNBUN・ヴァイカー》本体がマジボンバーの範囲内なので【BUNBUN・ヴァイカー】にも適している。《生命と大地と轟破の決断》による2体出しのおかげでこのカードの攻撃制限を解くことができる。

環境において [編集]

効果判明当初はマジボンバーの発動条件、すなわち攻撃制限の解除の条件が厳しいと見られてあまり評価が高くなかった。

ところが登場から程無くして《爆龍皇 ダイナボルト》との相性の良さが判明し、特に十王篇1ブロック構築環境で【白赤緑バーンメアジョーカーズ】のパーツとして頭角を現すことになった。

同じく十王篇1ブロック構築では【白赤緑ダイナボルト】でも使われている。予め《正義の煌き オーリリア》を立てていればこのカード2枚を連鎖的に出してから《清浄の精霊ウル》でこのカードをアンタップさせることで5ターン目に呪文ロックしながら1ショットキルすることができる。十王篇1ブロック構築の速度を考えればこれでも十分な速度なので、3ターン目までドローゴーで終えて4ターン目《正義の煌き オーリリア》から動くプランもあるほどである。このカードをマジボンバーで連鎖できるかどうかが勝敗を決するほどである。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]