《バサラ》 [編集]

バサラ P 闇/火文明 (6)
クリーチャー:(種族なし) 9000
侵略ZERO:相手のターンの終わりに、そのターン相手がコストを支払わずにクリーチャーを出していたら、このクリーチャーを自分の手札から出してもよい。
スピードアタッカー
W・ブレイカー
革命0:このクリーチャーが出た時、自分のシールドが0枚なら、相手の一番パワーが大きいクリーチャーをすべて破壊する。こうして破壊された相手のクリーチャー1体につき、相手は自身のシールドを1つ選んで墓地に置く。

DMEX-08で登場した/無種族クリーチャー
《轟く侵略 レッドゾーン》《熱き侵略 レッドゾーンZ》《ZEROの侵略 ブラックアウト》を合わせたようなクリーチャーである。

cipで、シールドが0枚なら相手のパワーが最も高いクリーチャーを1体以上破壊し、破壊できた数だけシールド焼却する。
侵略ZEROスピードアタッカーを持つので、どのタイミングで出しても召喚酔いを気にせず攻撃出来る。

ただし、侵略ZERO革命0を同時に発動させるのはかなり難しい。
相手が侵略革命チェンジ持ちをコスト踏み倒しし、自分はそれらの猛攻をギリギリ耐えてターンを終えられれば発動可能だが、その様な状況はかなり限定的。

種族が無いので、自分の侵略や革命チェンジと相性が悪いのもネック。
《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》存在下だと攻撃自体が出来ない点もある。

単純なアタッカーとして手打ちしたり、侵略ZEROで奇襲したりも出来る器用な性能ではあるが、中々扱いが難しいクリーチャーである。
この際侵略ZEROはおまけと見て、強力な革命0持ちと捉えておくのが得策だろう。
革命だけなら《デビル・ドレーン》などのシールド回収で能動的に発動させる事が出来るからである。

環境において [編集]

《百鬼の邪王門》登場を機に、【赤黒邪王門】系統で度々チャンピオンシップ上位入賞の実績が報告されるようになった。

このカードの登場時点ですでに《ボルシャック・ドギラゴン》という相性の良いカードがあったが、《百鬼の邪王門》登場から活躍を見せたのはやはり山札の一番上に依存する《ボルシャック・ドギラゴン》と異なり、《百鬼の邪王門》の場合山札の上から4枚にいればその中から狙ってこのカードをコスト踏み倒しできるというのもあるだろう。

他のカード・デッキとの相性 [編集]

その他 [編集]

  • 元ネタはアニメ「VSRF」最終回で切札 ジョーが作成したオリジナルカード。
    作中でも殆ど同じ性能だが、オリジナルカードらしく革命0で使える能力が無条件になっている。
  • よくよく考えてみれば、革命軍敵対勢力の使い手だったバサラ革命を持っているというのは変な話である。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]