【BUNBUN・ヴァイカー】 [編集]

《BUNBUN・ヴァイカー》専用デッキ。ここでは赤緑型について記載する。

BUNBUN・ヴァイカー R 火文明 (5)
クリーチャー:ビートジョッキー/ソニック・コマンド/ワンダフォース 5000
スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)
自分のクリーチャーの攻撃の終わりに、その攻撃中にそのクリーチャーがシールドを1枚以上ブレイクしていれば、GR召喚する。(GR召喚:自分の超GRの上から1枚目を、コストを支払ったものとして召喚する)
自分のターンの終わりに、バトルゾーンに自分のGRクリーチャーが3体以上あれば、自分の手札をすべて捨ててもよい。そうしたら、カードを3枚引く。
生命と大地と轟破の決断 SR 自然文明 (5)
呪文
この呪文を自分のマナゾーンから唱えてもよい。そうしたら、唱えた後、墓地に置くかわりに自分の山札の一番下に置く。
次の中から2回選ぶ。(同じものを選んでもよい)
►自分の山札の上から1枚目を、タップしてマナゾーンに置く。
►コスト5以下のクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出す。
►このターン、自分のクリーチャー1体はパワー+3000され、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる。

主要カード [編集]

候補カード [編集]

《フェアリー・ライフ》S・トリガー付き2コスト初動マナブースト
《霞み妖精ジャスミン》呪文メタが効かない2コスト初動マナブースト
《鼓動する石版》9枚目以降の2コスト初動
《【神回】バズレンダでマナが大変なことに?!【驚愕】》
《ラ・ズーネヨマ・パンツァー/逆転のオーロラ》マナドライブ補助、リソース確保、シールド落ちケア
《逆転のオーロラ》5枚目以降の《ズーネヨマ/オーロラ》、もしくは墳墓避け
《獣軍隊 ヤドック》マナ枚数より大きいコストの相手クリーチャーは出ること自体を規制される
《呪紋のカルマ インカ》持ち主のターン中、その相手は召喚自体が出来ない
《お騒がせチューザ》タップされている間全プレイヤー呪文ロック
《轟壊!切札MAX》モードコスト火力/マナゾーンからの踏み倒し
《DROROOON・バックラスター》GR召喚付き汎用除去
《爆烈マグマロイヒ》5枚目以降の《チキチキ・JET・サーキット》
《単騎連射 マグナム》原則クリーチャーによるカウンターをすべて封殺
《「疾風」の鬼 フウジン天》自分クリーチャーcipで自己シールド焼却するとそのクリーチャースピードアタッカー付与
《キタカゼマンA》キリフダッシュ0で出せる打点補強要員 《逆転のオーロラ》との噛み合いは良くないので注意

超GRゾーン [編集]

《マシンガン・トーク》cipで敵味方問わず1体任意アンタップ
《アカカゲ・レッドシャドウ》自壊して敵か味方に1ブレイクを入れることができる
《ソニーソニック》単体でスピードアタッカーを持つ
《ダダダチッコ・ダッチー》山札の一番上からコスト6以下非進化コスト踏み倒し
《マリゴルドIII》マナゾーンからロック持ちにアクセスするのが主な役割
《“魔神轟怒”ブランド》打点補強

このデッキの回し方 [編集]

  1. 2コストマナブーストから動いて
  2. 4マナで《チキチキ・JET・サーキット》展開し、
  3. 5マナで《BUNBUN・ヴァイカー》を出して
  4. そのまま1ショットキルする。

1ショットキルの途中で《マリゴルドIII》を捲ってロック持ちで安全に残りのシールドを処理するのが理想。

相手の動きによっては《獣軍隊 ヤドック》を立てて牽制したり《DROROOON・バックラスター》で邪魔なクリーチャーを退かしたりしよう。

《逆転のオーロラ》を唱えてからの《生命と大地と轟破の決断》《BUNBUN・ヴァイカー》《爆烈マグマロイヒ》を同時に出す動きも強力。脇のクリーチャーをタップすることで《BUNBUN・ヴァイカー》で後続を供給することと合わせて《爆烈マグマロイヒ》で無限アタックが可能になる。

《逆転のオーロラ》で思うようにパーツが揃わなかった場合、《DROROOON・バックラスター》2体を並べてGR召喚に賭けるという最後の手段がある。

《U・S・A・BRELLA》登場後は《逆転のオーロラ》を唱えてから《U・S・A・BRELLA》を立ててターンを渡し、《U・S・A・BRELLA》によるロックで相手のターンの攻撃を防いで次のターンに10枚以上に達するマナでやりたい放題するという動きも十分取れるようになった。こうしてマナゾーンの《生命と大地と轟破の決断》2枚で《BUNBUN・ヴァイカー》《爆烈マグマロイヒ》《呪紋のカルマ インカ》《お騒がせチューザ》を並べることができれば、相手にブロッカーが立っていない限り原則として安全に1ショットキルできる。

長所 [編集]

マナが伸びやすくロック持ちも豊富であり、《逆転のオーロラ》+《生命と大地と轟破の決断》で簡単にフィニッシュパーツが並ぶので、安定して早期に始動しやすく詰めの性能も高い。

《“魔神轟怒”ブランド》《マシンガン・トーク》などのアンタップクリーチャー生成手段が捲れると1回の除去では1ショットキルがなかなか止まらなくなる。

《爆烈マグマロイヒ》でタイムラグなしに《お騒がせチューザ》のロックを発動させることができるのも大きい。《単騎連射 マグナム》と合わせればほぼ全ての対抗手段を封殺できる。

《BUNBUN・ヴァイカー》S・トリガー解決した後にGR召喚するので《スローリー・チェーン》にも強い。

短所 [編集]

メインデッキ超GR共に5コスト以下のクリーチャーで固めてあることから、もし呪文ロックが用意できない場合は《テック団の波壊Go!》1枚で詰みかねない。

意外と通常のコスト踏み倒しを多用するので、1ショットキル自体には支障が出ないものの細かいところで《異端流し オニカマス》の影響は受ける。

手札補充がないのでハンデスには弱い。再現性を極限まで高めるためにマッドネスを積む余裕はほぼ無い。

《逆転のオーロラ》で自らシールドを削ることから1ターンを凌げるS・トリガーを備えた速攻も苦手。

カウンター札からGR召喚されて《全能ゼンノー》バトルゾーンに出ると1ショットキルが止まる。1枚目か2枚目のブレイクで出て来ると、次の自分のターンに1ショットキルに再開してもそれすら通らなくなることも。

環境において [編集]

DMEX-08発売直前にチャンピオンシップ4位以内入賞が相次ぎ、メジャー格の仲間入りを果たした。

DMEX-08発売1週間前の双・超マーク2ブロック構築環境では【青赤緑バーンメアジョーカーズ】との折衷型がチャンピオンシップ4位入賞を果たした。

DMRP-13《U・S・A・BRELLA》《リツイーギョ #桜 #満開》が登場。こちらのデッキ側が出された場合を考えると放置したが最後ゲームにならなくなるが、出す側に回れば特に前者に関してはGRに依存したデッキは《ラ・ズーネヨマ・パンツァー》《逆転のオーロラ》によるマナブーストを増幅させる動きを邪魔するためのごり押しもままならなくなる。何よりマナブースト増幅により爆発的に増えたマナでメタカードをいくらでも除去することができる。

2020年7月1日殿堂レギュレーション改訂後、白赤緑構築の型が2ブロック構築チャンピオンシップ優勝を果たした。カウンター封じには《正義の煌き オーリリア》が採用されていた。

DMRP-15期には《デスマッチ・ビートル》《Q.Q.QX./終葬 5.S.D.》《音奏 プーンギ》《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》などの【連ドラグナー】に刺さるメタカードで固めた型が結果を残した。DMRP-15発売から1ヶ月が経過した頃から続々と入賞が報告された。極端な例では、《ヘブンズ・フォース》から最速で《音奏 プーンギ》と《奇石 ミクセル》を同時に並べて相手を縛る構築もある。《BUNBUN・ヴァイカー》本体とスピードアタッカー化手段による無限攻撃にこだわらず、システムクリーチャーなどを並べることによって《BUNBUN・ヴァイカー》によるGR召喚のトリガーに繋げる型も主流化し、甚だしくはメインデッキにスピードアタッカー化手段が存在しない構築もチャンピオンシップ優勝を果たした。この有限アタック型だが、4、5体でも攻撃可能なクリーチャーがいればスピードアタッカー化手段がなくとも運次第で素でスピードアタッカーを持つクリーチャーや《マシンガン・トーク》が捲れることで1ショットキルが十分成立するまである。この頃の構築だと打点がギリギリになりがちなので、《DROROOON・バックラスター》で盤面を取り合うことが多くなり、《ゴルドンゴルドー》の重要性も増した。

超・十マーク2ブロック構築環境ではキリフダッシュで展開してから1ショットキルを行う型が結果を残した。

【ラララヴァイカー】 [編集]

【BUNBUN・ヴァイカー】を3ターンキルに特化させた型。スノーフェアリーシナジーを活かした構築。

主要カード [編集]

超天篇環境では5マナに到達させ次第《逆転のオーロラ》でリソースを稼ぎつつ重量級マナドライブの使用条件を満たす構築が多い上に、4ターン程度で勝てなければ手遅れになる相手もざらであるため、このようなスーサイドを利用した3ターンキル特化型構築はロマンでもギャンブルでもない。

無理に3ターンキルに特化するとカウンター封じとの両立がGR召喚の捲り運に左右されがちであり、GR召喚で思うようにカウンター封じにアクセスできないと単調な攻撃になりがちである。単に無限攻撃するだけにしてしまうと自らシールドを削る分【“B-我”ライザ】の劣化になってしまうので注意。

【ランデスヴァイカー】 [編集]

《マウントザウルス》《マナ・クライシス》を採用した型。

《マウントザウルス》スピードアタッカー化、複数体出しで真価を発揮する
《マナ・クライシス》5マナに達するまで安全に凌ぐための繋ぎ

相手を動かせずに一方的に殴り切るためのデッキタイプなので、【ラララヴァイカー】と折衷する場合も少なくない。

【ペンチヴァイカー】 [編集]

《マイキーのペンチ》《その子供、凶暴につき》の両方でGRクリーチャースピードアタッカー化できるように超GR自然のコスト3以下で統一した型。

主要カード [編集]

超GRゾーン [編集]

その他 [編集]

2020年7月1日に《マリゴルドIII》プレミアム殿堂に指定されたが、同時期に発売されたDMRP-14《U・S・A・ONE》《U・S・A・CAPTEEEN》といった優秀なマジボンバー持ちを手に入れたため、手札のカウンター封じクリーチャーにそれまでよりもアクセスしやすくなった。

参考 [編集]