《ウマキン☆プロジェクト》 [編集]

ウマキン☆プロジェクト SR 水/自然文明 (4)
クリーチャー:トリックス/サイバー・コマンド/チームウェイブ 0000+
<バズレンダ>[無色(2)](このクリーチャーのコストを支払う時、追加で[無色(2)]を好きな回数支払ってもよい。このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのBR能力を1回と、追加で[無色(2)]支払った回数、使う)
BR-自分の山札の上から2枚を見る。そのうちの1枚を手札に加え、もう1枚をタップしてマナゾーンに置く。
パワード・ブレイカー(このクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする)
自分のマナゾーンにあるカード1枚につき、このクリーチャーのパワーを+1000する。

DMRP-13で登場した/自然トリックス/サイバー・コマンド/チームウェイブ

ざっくり言えば、《フェアリー・シャワー》からS・トリガーが抜かれ、クリーチャー化させてそこにバズレンダを追加させたようなスペック
《フェアリー・シャワー》とは違って、マナブーストタップインになっている。

S・トリガーの有無は大きく、防御力重視の【5色フェアリー・ミラクル】では《フェアリー・シャワー》に軍配が上がるが、こちらはコマンドクリーチャーなので、【青黒緑デッドダムド】など侵略を使う場合ではこちらが優先される。

【バーンメアジョーカーズ】でも優秀。そちらのデッキは4ターン目に1ショットキルできないことも多いが、そこでこのカードを打点に活かすと案外ダイレクトアタックまで持って行くことができる。最悪、GR召喚を完全に封じられてもこのクリーチャーを複数体立てつつ《奇天烈 シャッフ》を用意してそこそこ殴り切れることも。

自身の基礎スペックも、バズレンダなしの召喚では4コストのcip込みでパワー5000と良好な部類。返しのターンで1枚マナチャージすればパワー6000となりW・ブレイカーを得ることもできる。ただ、その程度のパワーだと《グレープ・ダール》からJチェンジした《エモG》にバトルで負けるラインなので、過信は禁物。

自分のマナゾーンが10マナ以上に達すれば殴り返し要員としても上々なスペックになり、終盤はパワー13000以上まで強化して《ボルシャック・ドギラゴン》貫通のダイレクトアタック要員にするのも悪くない。

深く考えず4→6と《勝熱英雄 モモキング》に繋げるのも強力。6マナだとこのクリーチャーはW・ブレイカーに育っているはずなので、このクリーチャーで2枚ブレイクしてから《勝熱英雄 モモキング》の耐性を活かして3枚ブレイク、ダイレクトアタックという動きを行うことができる。しかもコストを支払っての召喚でこの2体を並べることになるため、《奇石 ミクセル》方式のものを除けばコスト踏み倒しメタにも引っ掛からない。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]