ササゲール [編集]

腐勇 ドルマーク-2 P 闇/火文明 (3)
クリーチャー ゴースト/ヒューマノイド/ディスタス 2000
G・ストライク(このクリーチャーを自分のシールドゾーンから手札に加える時、相手に見せ、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。このターン、そのクリーチャーは攻撃できない)
スレイヤー(このクリーチャーがバトルする時、バトルの後、相手クリーチャーを破壊する)
ササゲール2(ディスペクターを召喚する時、コストを2少なくしてもよい。そうしたら、このクリーチャーを破壊する。そのディスペクターのコストは0以下にはならない)

王来篇で登場したキーワード能力

ディスタスが持つ能力。自壊と引き換えにディスペクターコスト軽減を行う。

cippigなどで役に立つ小型・中型クリーチャーを立てつつ、用済みとなったササゲール持ちを砕けば大型ディスペクターの早期召喚を可能にする。
墓地にササゲールを使ったクリーチャーが残るのもポイントで、《滅将連結 パギャラダイダ》などの墓地利用とも組み合わせられる。

  • 自分のディスペクター」とは書かれていないが、相手のディスペクターを対象にすることはできない。
  • デュエチューブによれば、能力名の由来は「自身の命を『捧げ』、コストを『下げる』」とのこと。
  • アニメ「デュエル・マスターズ キング!」では、ディスタスの体のお札が紫色に光ることで能力を発動する描写が見られた。

略歴 [編集]

DMRP-17からDMRP-18期の環境ではほぼ活躍は無かった。

クリーチャーの常在型能力で発動するコスト軽減の常として除去に弱く、ササゲール持ちも《電脳 ハルカス-1》《黙示 ゲンシャコ-1》など淡白な性能なものばかりであった。
また、ササゲールを使うとディスタスが破壊されるため、ディスペクターを出してもクリーチャーの頭数が増えない、この時期のササゲール1体では優秀なコスト8以上の超大型ディスペクターにはマナカーブ的にスムーズに続けにくいという問題もあった。
1ターン放置していてもすぐには脅威にはならないこと、すぐに除去されてしまった場合のディスアドバンテージが大きく、デッキにスロットを割く価値が低いことが問題点といえる。

例外的に環境シーンでも活躍していたササゲール持ちクリーチャーは、《霊峰 メテオザ-1》などがあるが、単体性能を買われてのことでもっぱらディスペクターが入らないデッキが活躍の場であった。

サポートされる側のディスペクターは、【5色コントロール】の強力なマナブースト手段、ないしは《ナウ・オア・ネバー》《襲来、鬼札王国!》《ヘブンズ・ゲート》などのコスト踏み倒しを用いて出すことが主流だった。

とはいえ、当時でも《魂晶 リゲル-2》《霊騎 フィーク-2》など「何かしら優秀なアドバンテージを稼いで、その後ササゲールに転化する」方向性はササゲールを運用する上で重要であるという認識はあった。

DMSD-19DMRP-19期では、《妖精 アジサイ-2》《電磁 アクアン-2》《霊宝 ヒャクメ-4》といったササゲール抜きでも1:X交換ができるものの登場により、一気に環境にも姿を見せた。
それぞれが単発利用でも、リアニメイトなどを使った再利用でも高いバリューを生み出す。
これに伴い《ディスタス・ゲート》の採用率が伸び、その影響を受けて以前に登場したササゲール持ちの一部(《猛菌 キューティ-2》など)も再評価された。
【5色コントロール】をはじめとして、ササゲールを主軸に置いた【4色ディスペクター】、【0色(ジョー星)ディスペクター】など様々なデッキタイプが考案されている。

この時期になると「除去されたら計画が狂うので弱い」というコスト軽減の弱点は、「除去されてもすでに及第点の仕事は終えており、除去されなかったら自分の動きが大きく強化できる」ということで相殺されている。

「ササゲール」に関連する能力を持つカード [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.「ササゲール」とは、どういう能力ですか?
A.種族にディスペクターを持つクリーチャーを召喚する時に、それを持つクリーチャーを破壊することでコストを指定数減らす能力です。ディスペクターが実際にバトルゾーンに出る前に「ササゲール」持ちクリーチャーは破壊されます。
引用元

Q.自分の《滅将連結 パギャラダイダ》を召喚する時、《黙示 ゲンシャコ-1》の「ササゲール」で自身を破壊しました。《滅将連結 パギャラダイダ》の「出た時」の能力で、この破壊した《黙示 ゲンシャコ-1》を墓地からバトルゾーンに出せますか?
A.はい、出せます。《滅将連結 パギャラダイダ》がバトルゾーンに出るタイミングでは、《黙示 ゲンシャコ-1》はすでに墓地にあります。
引用元

Q.「ササゲール」を持つクリーチャーが3体いる場合、自分のディスペクターを召喚する時のコストをまとめて下げられますか?
A.はい、下げられます。例えば「ササゲール1」を持つクリーチャーが3体いる状況で「ディスペクター」を召喚する場合、その3体を破壊することによってコストを3少なくできます。
引用元

Q.ディスペクターを召喚する時に「ササゲール」を余分に使うことはできますか?
例えば、コスト6の《炎機混成 ボルスレン・バスター》を召喚する時、《腐聖 ブラッドウ-2》を4体破壊して、「ササゲール」でコストを8少なくすることはできますか?
A.はい、できます。その場合でも「ササゲール」の注釈にあるように、コストは0以下になりません。
引用元

Q.種族にディスペクターを持つ、相手のクリーチャーを召喚する時も、自分の「ササゲール」を持つクリーチャーの能力を使えますか?
A.いいえ、使えません。「ササゲール」は自分のディスペクターを召喚する時にのみ使えます。
引用元

Q.自分の《天光の精霊ミハイル》《機勇 スタバ-2》がバトルゾーンにいる状況で、自分は《仙祖電融 テラスネスク》を召喚する時、《機勇 スタバ-2》の「ササゲール」でコストを2少なくしました。《天光の精霊ミハイル》の置換効果で《機勇 スタバ-2》はバトルゾーンに残りましたが、この場合でも《仙祖電融 テラスネスク》は「スピードアタッカー」と「マッハファイター」を得ますか?
A.はい、この場合でも《仙祖電融 テラスネスク》は「スピードアタッカー」と「マッハファイター」を得ます。結果的に《機勇 スタバ-2》が破壊されなくても、「ササゲール」能力を使っていないことにはなりません。
引用元(2021.9.24)