《カチカチジェットT(ティー).N(エヌ).K(ケー).》 [編集]

カチカチジェットT.N.K. C 自然文明 (1)
クリーチャー:ジョーカーズ/チーム切札 3000
ガードマン(このクリーチャーをタップして、相手クリーチャーの攻撃先を、自分の他のクリーチャーからこのクリーチャーに変更してもよい)
自分の火のクリーチャーがバトルゾーンになければ、このクリーチャーは攻撃できない。

DMRP-16で登場した自然ジョーカーズ/チーム切札

自分のクリーチャーバトルゾーンにいなければ攻撃できないデメリットを持つガードマン
ジョーカーズでは貴重な2ターン目から攻撃可能なクリーチャー

チーム切札かつ文明を要求する能力だが、キリフダッシュとの相性は良いとは言い難い。
このクリーチャーを1ターン目に出したとしても、2ターン目にクリーチャーを出さなければ攻撃できないため、2ターン目に攻撃できたとしてもキリフダッシュに使えるマナがなくなってしまう。
キリフダッシュの中では、《キタカゼマンA》マナを使わずにキリフダッシュできるため比較的相性がよい。

例え攻撃できなかったとしてもガードマンを持つため相手クリーチャー攻撃から味方を守る事ができる。

ジョーカーズとして見ても、《ジョジョジョ・マキシマム》などで1ショットキルを仕掛けるジョーカーズでは、2ターン目から攻撃できるメリットが薄い。
加えてコスト2のジョーカーズには有用なものが少なく、「2ターン目から攻撃できるジョーカーズ」としての運用は難しいだろう。
かといって攻撃せずジョーカーズ武装の頭数を揃えるために使うのであれば、よりパワーの高い《パンケーキ・タベタイガー》の方が使いやすい。

ジョーカーズとの相性は悪いものの、自然デッキであればデメリットのほぼ無い攻撃可能な1マナクリーチャー
自然で組まれる速攻デッキであれば1マナクリーチャーとして採用候補に上がるだろう。
《冒険妖精ポレゴン》と違い攻撃してもバトルゾーンに残れるため、クリーチャーの数を要求される【サンマックス】のようなデッキとの相性がよい。

  • イラストは、タヌキが背中に薪を背負っており、昔話「カチカチ山」が元ネタだろう。なお、背中の薪はジェットパックになっている。
    カード名の「T.N.K」は、タヌキ(TaNuKi)の子音のみを取り出したもの。

関連カード [編集]

サイクル [編集]

DMRP-16単色チーム・王国クリーチャーサイクル。
種族に各陣営を持っており、もう片方の文明を持つ自分のクリーチャーがバトルゾーンにあれば、追加効果が発生する。

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-16
    モモキングが編み出したさらなる必殺技。その名もキリフダReVo(レヴォリューション)! キリフダッシュによって生まれた爆発的なエネルギーで時の流れに革命を起こし、「時間」という概念を打ち破ることができるのだ!!

収録セット [編集]

参考 [編集]