(ジョー)(ネツ)(りゅう) モモキング》 [編集]

勝熱龍 モモキング KGM 火/自然文明 (8)
クリーチャー:ヒーロー・ドラゴン/ジョーカーズ/チーム切札 11000
<キリフダッシュ>[火/自然(5)](自分のクリーチャーの攻撃の終わりに、そのクリーチャーがその攻撃中にシールドをブレイクしていれば、このクリーチャーを[火/自然(5)]支払って召喚してもよい)
スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)
各ターン、このクリーチャーがはじめてバトルに勝った時、カードを1枚引き、このクリーチャーをアンタップする。

DMSD-14にて登場した/自然ヒーロー・ドラゴン/ジョーカーズ/チーム切札

パワー打点も同コストの《勝熱英雄 モモキング》より一回り小さくなっており、アンタップ効果も「バトルに勝った時」という条件に変更され、単色限定のアンタッチャブル能力も抜けた。そのため、一見《勝熱英雄 モモキング》より見劣りしがちだが、キリフダッシュのコストはこちらの方が1軽く、マッハファイタードロー効果がある点などで差別化は十分できる。

3ターン目に《タイク・タイソンズ》Jチェンジして《メイプル超もみ人》《天体かんそ君》などを出せば、《タイク・タイソンズ》の離れた時と《メイプル超もみ人》らのcipで5マナためてそのまま召喚できる。これは《勝熱英雄 モモキング》ではできない芸当。

マッハファイターとバトルに勝った時にアンタップできる能力が大きなシナジーを形成している。相手がコスト踏み倒しメタを立てていた場合、1度目の攻撃でそれを除去し、2度目の攻撃で革命チェンジするという使い方も視野に入る。《勝熱英雄 モモキング》と同じく、コスト8の火と自然のドラゴンなので、チェンジ先は豊富。

さらに、《ソーナンデス》などのJチェンジでバトルゾーンに出ても、バトルに勝てばアンタップできる点も《勝熱英雄 モモキング》にない強み。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]