異端流(いたんなが)し オニカマス》 [編集]

異端流し オニカマス UC 水文明 (2)
クリーチャー:ムートピア 2000
相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。(ただし、このクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい)
相手のターン中に、相手が召喚以外の方法でクリーチャーをバトルゾーンに出した時、そのクリーチャーを持ち主の手札に戻してもよい。

DMRP-01で登場したムートピア

2コストでありながら、アンタッチャブル召喚以外に対するコスト踏み倒しメタ能力を持つ。しかもパワーは2000と標準クラスと、破格のスペック

《デスマッチ・ビートル》《洗脳センノー》と共に、DMRP-01を代表するコスト踏み倒しメタであり、新章デュエル・マスターズウィニーインフレ具合を象徴するようなカードでもある。

召喚による踏み倒しは防げず、cipの再利用を許してしまうバウンスである点は、あらゆるコスト踏み倒しメタ能力の中でも弱い所ではあるが、このクリーチャーはアンタッチャブルを持っている点が強み。
軽量級コスト踏み倒しメタクリーチャーの中でも、類を見ないこの除去耐性の高さスペックは、よくあるシステムクリーチャーのジレンマを完全に克服している。マナが足りない序盤では、アンタッチャブルに手出しできないケースが多いため、かなり厄介。このクリーチャーを除去できるという点だけで、カードの評価に影響してしまうと言えば、その強さが分かるはずである。

デッキタイプによっては対抗手段を有さない事も多い。

ウィニーとしてパワーも標準クラスであり、《デスマッチ・ビートル》のような攻撃制限が付いているわけでもないため、踏み倒しメタ能力が腐っても、最悪選ばれないアタッカーとしても十分なスペックを誇る。例えば、【モルト NEXT】に採用される受け札は精々《熱血龍 バトクロス・バトル》《ボルシャック・ドギラゴン》位のものだが、それらも易々と通り抜ける。一応、《ボルシャック・ドギラゴン》の場合、革命0トリガー《メガ・マグマ・ドラゴン》が捲れれば対処できるが、確率的に期待できない。
後に《龍装者 バルチュリス》が登場してからは、そのターン2回目の攻撃をこのクリーチャーに一任することもある。別のクリーチャーの1回目の攻撃でS・トリガーで除去が飛んできても、アンタッチャブルであるこのクリーチャーは除去されにくいため、より安全に2回目の攻撃を決めることができる。無論、《テック団の波壊Go!》《ハムカツ団の爆砕Go!》などの全体除去を放つS・トリガーには弱い。

バウンスは任意のため、コスト踏み倒ししたクリーチャーcip能力持ちや《D2M2 ドグライーター》のような除去すると厄介なクリーチャーバウンスさせないほうが良いこともあるので、見逃してくれる可能性は高い。
もっといえば、そういうカードもこのクリーチャーの対策になるとも言える。

ルール [編集]

環境において [編集]

能力が判明するなり清々しい程に侵略革命チェンジなど前シリーズで登場した踏み倒しギミックをメタる能力が注目された。超高速化した環境を減速させる一因となるかと騒がれたが、むしろ《ドギラゴン剣》デッキや《レッドゾーン》デッキが同系対策のために採用する形となった。特に赤青系統での活躍が目覚ましく、【赤青ブランド】【赤青ドギラゴン剣】などの強力な環境デッキの確立に一役買った。

登場当時の環境では軽量級アンタッチャブルに対処できるカードは一握りしかいなかったため、序盤は有用なコスト踏み倒しメタとして堂々とバトルゾーンに居座ることができた。同弾で登場したマスターカードである《ジョリー・ザ・ジョニー》エクストラウィンを防げることも評価を大きくしており、色が合えばとりあえず投入を考えられるほどだった。

このカードを採用できるか、このカードに詰ませられないかどうかが新章デュエル・マスターズ環境デッキの評価に直結し、刺さる対面ではこれ1枚で勝利も同然の状況になるほどであった。【ドギラゴン剣】の跋扈もあって、色さえ合えば最速コンボ成立が命となるはずのループ系統にも積極採用されたほどである。【ジョーカーズ】【赤青ブランド】【白緑メタリカ】【緑単ループ】はほぼ召喚だけで完結していることでこのカードがほとんど刺さらなかった点が評価の1つとなっていたと言える。下手な除去札を積むよりこのカードを採用して踏み倒しを牽制し、自らは素出しプランによるコントロールを行った方がデッキの汎用性を損なわなかったため、当時これに対する有効な除去札を持たなかった型の【ドギラゴン剣】が環境で隆盛していたともいわれる。

また、【青黒ハンデス超次元】を再び環境デッキに押し上げた張本人でもある。それまで【青黒ハンデス超次元】【白青黒超次元】と比べて速攻対策など防御力に劣る部分があったが、を必要としない踏み倒しメタであるこのカードのおかげで侵略革命チェンジにも随分と強くなった。
このカードの登場以降、このカードによって相手の行動を大きく縛った上で無造作にビートダウンしても勝てるケースが格段と増え、マナが貯まり次第《S級不死 デッドゾーン》によるビートダウンで早期に決着をつけるプレイング【青黒ハンデス超次元】において一般的になった。
言い換えると「ハンデスによるロックがあまりデッキにおいて重要視されなくなった」ということであり、「勝負をつけるまでの間に撃ったハンデス《ブレイン・タッチ》1発だけであった」というケースもざらである。

しかし、双極篇になると自力のコスト軽減で召喚できる《ジョット・ガン・ジョラゴン》や、無月の門マスターG・G・Gなどの召喚によるコスト踏み倒しが行える《卍 デ・スザーク 卍》《卍月 ガ・リュザーク 卍/卍・獄・殺》《“轟轟轟”ブランド》など、このカード能力が効かない早出し手段を持つカードが次々とトップメタになる。さらに、アンタッチャブルの効かないマッハファイター【白青赤ドギラゴン剣】にも入る《ゼンメツー・スクラッパー》などが普及するなど、このカードに向かい風が吹き始める。そしてコスト踏み倒しメタとしてはこちらより汎用性が高い《奇石 ミクセル》《ポクチンちん》などが登場し、居場所を追われることが増えた。
それでも【赤青ドギラゴン剣】同士のミラーマッチでは何枚立てられるかが勝負を分けるカードとなっていた。そのため、《月光電人オボロカゲロウ》でひたすら手札交換してはこのクリーチャーを召喚する光景がよく見られた。

GR召喚に関してはそれ自体には全く刺さらない。GR召喚は召喚扱いであるためである。裏を返せば、GR召喚というシステムはこのカードに動きを阻害されてゲームにならないデッキに対する救済と言える。

それでもこのカードが立っているとゲームにならないデッキは依然として多い。DMRP-10期のチャンピオンシップを優勝した【青黒ハンデス超次元】にはこのカードを除去することができる札が7枚も入っていたケースもあり、コスト踏み倒しを活用するデッキではこのカードの存在を意識しなければならない状況が続いた。さらに《Wave All ウェイボール》《超次元キル・ホール》《超次元エクストラ・ホール》と好相性を見せることから、それらの超次元呪文の需要が上昇。それに伴ってこのカードも需要を回復した。

DMSD-13期には【青黒緑デッドダムド】【サンマックス】への対処として再びメジャーカードとなり、このカードの存在は【クラッシュ“覇道”】が再びトップメタの一角に押し上げられた一因となった。DMEX-07あたりになるとそれらが減った影響でまたしてもそれほど見ないカードとなった。

DMRP-11重量級マナドライブが登場して【青赤緑ミッツァイル】などが環境を支配すると、下手すれば全く刺さらないカードとなった。《マリゴルドIII》による通常のコスト踏み倒しに刺さる点ですらも、《ハリケーン・クロウラー》でのアンタップマナ生成の前では意味を為さなかった。

DMEX-08期には【バーンメアジョーカーズ】チャンピオンシップ上位入賞の実績を作ったが、《斬罪 シ蔑ザンド》で簡単に退かされるので環境的には安心し切れなかった。

DMBD-13DMBD-14期には【連ドラグナー】対策として【クラッシュ“覇道”】を中心に増加。しかし、《∞龍 ゲンムエンペラー》の登場によって能力を消されるため、以前より入ることは少なくなったと言える。

DMBD-15期に【ドギラゴン閃】が成立すると、系の型における2ターン目の理想の動きとして再び採用率が上昇している。

オリジナルでは [編集]

GR召喚ができないフォーマットであり大量展開が通常のコスト踏み倒しに限定されるため、アドバンス以上に強力。2020年2月に流行した【青黒赤トゥリナーツァッチ】が搭載するメタカードとしても存在感を示した。

その他 [編集]

  • DMRP-01版のカードイラストは二足歩行であることを強調したものとなっているが、17期プロモ版は尾鰭を強調したものとなっており足の部分はテキストに隠れて目立たなくなっている。
    • DMEX-06版では《蒼き団長 ドギラゴン剣》の剣を持っている。《ドギラゴン剣》系統のデッキで活躍した事の表れなのか、それとも《オニカマス》が《ドギラゴン剣》のメタである事を表しているのかは不明。ダブルミーニングの可能性もある。
  • ちなみに「オニカマス」は実在する魚。その名の通りカマスの仲間で、海外では「バラクーダ」の名で知られる。性格は凶暴で、生息地によっては体内に毒を持つとも言われている。
    • DMEX-08 「謎のブラックボックスパック」版ではなんと《オニカマス》が料理されてしまっている。果たして食する猛者はいるのだろうか。
    • ちなみに、実在する方のオニカマスの提供・販売は食品衛生法で禁じられており、違法である。くれぐれも、絶対にマスターの真似はしないように。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.相手に《異端流し オニカマス》があり、自分が《インフェルノ・サイン》で墓地から《霊騎ラグマール》を出し、自分の《霊騎ラグマール》をマナゾーンに置き、相手は《異端流し オニカマス》をマナゾーンに置きました。この時、《異端流し オニカマス》の効果でマナゾーンの《霊騎ラグマール》を手札に戻せますか?
A.手札には戻せず、マナゾーンに置かれたままです。
引用元

Q.相手に《異端流し オニカマス》ともう一体別のクリーチャーがあり、こちらが《インフェルノ・サイン》で墓地から《霊騎ラグマール》を出して、《霊騎ラグマール》をマナゾーンに置き、相手は《異端流し オニカマス》でない方のクリーチャーをマナゾーンに置きました。この時、《異端流し オニカマス》の効果でマナゾーンの《霊騎ラグマール》を手札に戻せますか?
A.手札には戻せず、マナゾーンに置かれたままです。
引用元

Q.《異端流し オニカマス》《奇石 ミクセル》がバトルゾーンにおり、相手が効果でマナゾーンよりコストの大きいクリーチャーを出した場合、両方の効果がトリガーしますが、手札に戻した後に手札から山札の下に置いたり、逆に山札の下に置いた後山札から手札に戻したりすることができますか?
A.同時にトリガーしている《異端流し オニカマス》《奇石 ミクセル》の効果どちらかのみ選んで使えます。
引用元