制御(せいぎょ)(つばさ) オリオティス》 [編集]

制御の翼 オリオティス R 光文明 (2)
クリーチャー:ジャスティス・ウイング 2500
ブロッカー
このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
相手が、自身のマナゾーンにあるカードの枚数よりコストの大きいクリーチャーを出した時、相手はそのクリーチャーを自身の山札の一番下に置く。

DMR-15で登場したジャスティス・ウイング

初めて登場した不正メタ

コスト踏み倒しコスト軽減は、革命編に入ってから環境において強力さをましているため、著名なデッキでも侵略【墓地ソース】【超次元コントロール】革命チェンジなど名目値が実質コストを上回るケースは数多い。
他にも、正しくコストを支払って出てきたマナ進化クリーチャーマナカードを1枚進化元にしたことによってマナの枚数が減っているので強制送還の対象となる場合がある。
コスト2と軽いので光のデッキに入れやすく、パワー2500によりギリギリ《超次元ミカド・ホール》除去範囲外であるところが嬉しい。
ただし一度バトルゾーンに出してからの山札の下へ送るので、cipは使われてしまう。また、マナゾーンの枚数が十分に達した後のコスト踏み倒し等には反応しなくなるため、あくまで最序盤にしか機能しないのが最大の弱点である。

後に全く同じ能力を持つ《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》が登場。
ツインパクト故に相手のマナが伸びきった後でも腐りにくく、コスト踏み倒しメタとしてはあちらが採用されるケースが多くなっている。あちらと異なりブロッカーである点、パワーが500高い点で差別化を図りたいところ。

ルール [編集]

  • マナゾーンカードの状態は問わないので、マナゾーンのカードの数がコストを上回ってさえいればどれだけコストを踏み倒しても山札送りにはならない。またあくまで「マナゾーンにあるカードの枚数」を参照しているため、5色レインボー等も1枚として計算する。
  • 置換効果ではなくトリガー能力によるコスト踏み倒しメタなのでマッドネスも山札送りにできる。そのため、わずか2コストで出せるこのカードの登場以降は、2ターン目(特に先攻の場合)にハンデスを飛ばすのは裏目が多いという点が強調され、行わないプレイヤーも見られるようになった。

環境において [編集]

登場当初のドラゴン・サーガ環境では【墓地ソース】【ミステリー・キューブ】に対する強力なメタとして評価されていたが、当時としても前者は《学校男》で、後者はファッティcipでこのクリーチャー除去できるため、それほど対処は困難ではなかった。【サイクリカランデス】をこのカードに寄せた亜種【オリオティスランデス】でもその名前を広めていた。

革命編環境では【レッドゾーン】への強力なメタとして【ドロマー超次元】【サザン・ルネッサンス】を中心に活躍していたが、メタを張るよりも「目には目を」というつもりで【速攻】で対処した方が良い場合もあったため、【レッドゾーン】に対してどうしても使わなければならないメタカードではなかった。

革命ファイナル環境では【赤黒ドギラゴン剣】が仮想敵になったが、この頃は《革命の鉄拳》《悪革の怨草士 デモンカヅラ》で簡単に除去されてしまうため若干不遇であった。よしんば除去されなくとも《禁断〜封印されしX〜》禁断解放に近づかれるだけでもマイナスであった。だからといって環境で全く使われなかったわけではなく、【ドレミ団】【ジョバンニスコール】で出番を貰っていた。

新章デュエル・マスターズ環境では【赤単ブランド】に刺さる札として利用されることもあったが、【ジョーカーズ】【白緑メタリカ】のようなウィニー中心のデッキ、【緑単ループ】のような無限マナブーストによりこのカードの能力を避けるデッキなど、刺さる対面と腐る対面にはっきり分かれるようになった。

《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》登場以降は基本的には5枚目以降の《奇石 ミクセル》として運用され、双極篇環境における【赤白“轟轟轟”ブランド】【サザン・ルネッサンス】などでは《奇石 ミクセル》と同時に採用されていた。

【ドロマー超次元】の場合はブロッカーで【速攻】に対処できること、完全に手札を枯らせていれば呪文をロックする必要がそもそもないこと、《ヴォルグ・サンダー》プランの場合は1ショットキルを行わないことから、依然としてこちらが採用されることもあったが、超天篇環境における《ヴォルグ・サンダー》殿堂入り及びプレミアム殿堂によってライブラリアウト戦略ができなくなったため、それ以降は事情が異なっていくか。

他のカード・デッキとの相性 [編集]

「不正」について [編集]

  • あからさまなコスト踏み倒し・コスト軽減へのメタ能力に加え、フレーバーテキストの「不正は許さない!」から、デュエマプレイヤーに「コスト踏み倒し=不正」という概念を誕生させた張本人である。
  • このカードの存在から、マナにあるカードの枚数より大きいコストのカードを使うことを「不正」と呼ぶ者がいる。特に、侵略や革命チェンジなどの高速環境でそう呼ばれることが多かった。言うまでもないが、ルール上の不正とは全く関係がない。ネタを知らないプレイヤーもいるので、ネタでこの言葉を使うときは、きちんと相手がネタを理解していることを確認すべきである。相手に言いがかりをつけられたと勘違いされてトラブルになりかねないので注意。
  • なお、上述したようにマナ進化などで正規コストを支払って出したクリーチャーも除去してしまうことがあるため、このような事態を「冤罪」と呼ばれることもある。

その他 [編集]

  • 名前の由来はオリオン座から。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]