学校男(がっこうおとこ) [編集]

学校男 R 闇文明 (2)
クリーチャー:ヘドリアン/エイリアン 8000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のクリーチャーを2体破壊する。その後、相手は自身のクリーチャーを1体選び、破壊する。
W・ブレイカー

DMR-07で登場したヘドリアン/エイリアン

《魔刻の斬将オルゼキア》を逆にしたような能力を持つ。

cipでこちらのクリーチャーを2体破壊しなければならないデメリットを持つが、コストに対してパワーが非常に高く、ついでのように相手のクリーチャーも1体破壊できる。

文明の十八番であるスーサイド戦術にはよく《魔刻の斬将オルゼキア》が用いられるが、このカードは非常に軽いため、序盤から使っていくことができる。

自分のクリーチャーを残すことにこだわらなければ、コスト2の《死の宣告》と同じ。その軽さを活かし、ハンデスの天敵である《墓守の鐘ベルリン》、こちらが召喚以外で出したクリーチャーバウンスさせられるアンタッチャブル《異端流し オニカマス》、優秀な超次元呪文を妨害する《封魔ゴーゴンシャック》《爆鏡 ヒビキ》など軽量システムクリーチャーの対策としてしばしば用いられる。

弱点はバウンス軽い故に《斬隠テンサイ・ジャニット》などで簡単に除去され、デメリットを再び被ることになる。また、《父なる大地》も要注意。不用意にマナゾーンに置くと、引っ張り出されて自軍に壊滅的な打撃を与える恐れがある。

DMBD-12オーラでありGR召喚ができる上に4コスト支払って自軍1体破壊で打ち止めることか、2コストで出して同じように使うことが選べる《斬罪 シ蔑ザンド》が登場。こちらはターンエンド時に無月の大罪の破壊コストを要求するあちらと異なりcip解決以降に出したクリーチャーが破壊されない、本体が《ドドド・ドーピードープ》よりパワーで1000勝りアタックトリガーによるデメリットも無いという差別化点はある。

環境において [編集]

効果判明当初から自軍のクリーチャーがいない時に使えば2コストで相手1体を破壊できるクリーチャーとして認識されていたが、当時《父なる大地》が流行していたため、エピソード2環境では「個性的なカード」止まりであった。当時これでなければどうしても破壊できないコスト踏み倒しメタが存在しなかったのも向かい風であった。

ところがエピソード3環境になると、墓地クリーチャーを貯めると強くなる【墓地ソース】で需要を得た。

横並びしやすい【ヒラメキドレーン】ではデメリットを相殺しやすく、相手の盤面を処理してワンショット失敗時の保険を掛ける用途でも使われた。【ヒラメキドレーン】はパワーの低いクリーチャーが多かったため、ソリティアをいったん中断してターンを1回返すと除去による頭数減らしが怖かったが、それを見越して(頭数の得失差などを総合的に考慮し、自軍に対する被害を承知で)これを立てる場合もあった。

革命編環境では【墓地ソース】【黒単ヘルボロフ】における必須級の【レッドゾーン】対策として重宝した。後攻でも相手の《一撃奪取 トップギア》に間に合う上に、事前に除去S・トリガーを踏ませて相手のクリーチャーを1体のみにしておけば、当時としては凶悪な進化ソニック・コマンドを僅か2コストで処理でき、そのままジリ貧に追い込めた。

革命ファイナル環境では除去力を高めた【白青黒超次元】《オリオティス・ジャッジ》《Dの地獄 ハリデルベルグ》などと共に採用されるケースが目立った。

新章デュエル・マスターズ環境では《異端流し オニカマス》対策として既存のデッキでの需要が増した。ただ、【白青黒超次元】では《オニカマス》の天敵であると同時に、《オニカマス》を巻き込むことが珍しくないため併用が難しいカードでもあった。実際のところ、フィニッシャーである《ヴォルグ・サンダー》はcipさえ使えれば良い(その点寧ろ《オニカマス》で手札に戻された方が好都合)、《学校男》がなくとも《オニカマス》があれば十分守りを固められるなどの理由により、何が何でも入るという訳ではなかった。

DMRP-04魔で同型再販の《堕魔 ドゥポイズ》が登場し、墳墓避けできるようになった。

ところがより大きいアドバンテージ量を稼ぐことができる《斬罪 シ蔑ザンド》が登場してからは型落ちのような存在となった。

他のカード・デッキとの相性 [編集]

その他 [編集]

  • エピソード2期には学校生活に関連したモチーフを持つヘドリアンがフィーチャーされていたが、このカードはその典型。

相互互換 [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMR-07
    丸ごと綺麗にしゃちゃえばいいんだー!ヘドゥルー!――学校男
  • DMX-16
    命を投げ出すことすら楽しむ魂無き者たち。人はそれを、ファンキー・ナイトメアと呼んだ。
  • DMD-24
    その身を犠牲にしても護るべきものがある。そのことを、誰しもいつかは学ぶ。
  • DMX-22
    今からちょっと殺し合いをしてもらいます。---学校男

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《学校男》を出した時、自分のクリーチャーが他にいない時はどうしますか?
A.このクリーチャーのみを破壊します。その後、相手は自身のクリーチャーを1体選んで破壊します。
引用元