《ソーナンデス》 [編集]

ソーナンデス VR 自然文明[ジョーカーズ] (6)
クリーチャー:ジョーカーズ 7000
マッハファイター
Jチェンジ8
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、自分の手札を1枚捨ててもよい。そうしたら、クリーチャーを1体、自分のマナゾーンから手札に戻す。

DMRP-07で登場した自然ジョーカーズ

マッハファイターJチェンジ8、さらに離れた時ディスカードを条件にマナ回収を行う能力を持つ。

マッハファイターによって、出したターンにすぐJチェンジが使える。
攻撃先はクリーチャーのみだが、大型クリーチャーへと入れ替わることで、このクリーチャーではパワー不足となる相手でもバトルで打ち勝つことができる。
序盤でマナに置いた大型クリーチャーをそのままバトルゾーンに持ってくることができるため、このクリーチャーを使う前提なら安心してマナゾーンに置くことができる。

マナ回収も同様にマナに置いてしまった味方を回収、次のターンへの召喚に繋げられる。
この回収Jチェンジと噛み合っており、チェンジしたこのクリーチャーをそのまま回収して使い回す事も可能。自分のマナ攻撃対象の相手クリーチャーが許す限り、毎ターン大型ジョーカーズを実質コスト6で出し続けられる。
また、条件となるディスカードジョラゴン・ビッグ1のタネにもなる。
このカードから《ジョット・ガン・ジョラゴン》Jチェンジした場合、Jチェンジしてからディスカードするためジョラゴン・ビッグ1が誘発する。

回収単体をアドバンテージ的に見ると、マナ1枚を墓地に置いているようなものでやや分が悪い。Jチェンジとの組み合わせで補うのはほぼ必須。

味方のJチェンジ6から繋げるとマッハファイターは腐ってしまうが、パワー7000のW・ブレイカーと6コストでは及第点の基礎スペックを持つため、クリーチャーと相手プレイヤーどちらへの攻撃からチェンジしても最低限の仕事はしてくれる。

マナ回収の効率の悪さも、《凶鬼02号 ドゴンギヨス》などの早期に着地するマナタップインによる疑似ランデスを受けた場合には、手札を溜め込みがちになることからあまりディスカードによるデメリットが気にならなくなる。

  • 名称は、同意を表す「そうなんです」と「遭難です」のダジャレ。イラストも、遭難者が無人島から脱出する際に使われるイカダを模しており、さらにはイカダの上に取り付けられる帆も救助信号の一つである「SOS」を顔文字に変換させたものと、ある意味ジョーカーズらしいジョークとなっている。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]