腐敗勇騎(ふはいゆうき)ドルマークス》 [編集]

腐敗勇騎ドルマークス R 闇/火文明 (4)
クリーチャー:ヒューマノイド/ゴースト 4000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のクリーチャー1体を破壊し、カードを1枚自分のマナゾーンから墓地に置く。その後、相手は自身のクリーチャーを1体破壊し、自身のマナゾーンからカードを1枚選んで墓地に置く。
※殿堂入り

DM-10で登場したヒューマノイド/ゴースト

《ドリル・スコール》が追加された《銃神兵ディオライオス》のようなクリーチャー
除去ランデスは強制なので使いどころは難しいものの、黒赤緑などでマナブーストが可能なら、強力な除去要員となる。

除去ランデスで相手の展開を阻害しつつカードを2枚墓地に落とせるため、墓地肥やしとしても有効。
ただし相手にとっても墓地肥やしとなるため逆に利用される恐れがある系統のデッキミラーマッチだと使いづらい。

環境において [編集]

《爆走戦鬼レッド・ライダーズ》の登場後は、《凶星王ダーク・ヒドラ》と合わせて繰り返しランデスを行う【ドルマークスランデス】が作られた。

マナゾーン経由の墓地肥やし《ダンディ・ナスオ》《カラフル・ダンス》が優先されていたが、それらが殿堂入りするとこちらも墓地肥やしの手段として候補に挙がった。
特に自然が入らないデッキではマナゾーンカード墓地に落としづらかったので、重要な役割を担った。

十王篇環境では【アンダケインランデス】にて最速2ターンのロックを可能とするコンボパーツを担う。このギミックを用いた【墓地ソース】【デ・スザーク】が話題となった。そして、間もなく2020年7月1日付で殿堂入りとなった。
大会での優勝報告などあがってはいたものの、コロナウィルスの影響で実施数が少なく、十分な実績を築いたとは言い難い。
おそらくはランデスが環境で暴れる事を危惧した事前の措置と見られる。

その他 [編集]

  • ゴーストからの殿堂入りは初。登場してから5891日後(約16年)のことであり、殿堂入りするまでの最長記録を更新した。さらにDM-10のカードとしては、8枚目の規制カードとなった。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]