黒赤緑 [編集]

文明と、その友好色である文明自然文明の3色の色構成のこと。またはそのカラーで組まれたデッキのこと。

デアリ」と俗称されることが多い。
例:【黒赤緑ビートダウン】→【デアリビートダウン】

除去が非常に得意。多くの優秀な除去カードを抱える。
マナブーストハンデスランデスという強い戦略も扱え、スピードアタッカー付加による爆発力も備える。一方で墓地マナゾーンからの回収コスト踏み倒し手段もあるなど、攻撃的な色構成だがかなり器用な面もある。

弱点はブロッカーの質の低さによる守りの薄さ、そして手軽なドロー手段が非常に少ないことである。
よって、長期戦はかなり不得手となる。

ドロースーサイドドローかサルベージ、または自然の一部のドローカードに頼ることになる。
一手間かませないと引けないタイプのドローソースが多いため、デッキを上手くそれに合わせて構築する必要がある。
エピソード3からは手札交換を行うカードが登場したため、この点は以前ほど致命的ではなくなっている。

明らかにビートダウン向きのカラー。
だが、典型的な動きのパターンがあまり存在せず、どっしりと構えることが苦手でやや不安定な面があるため、デッキビルダーの腕が試されるデッキタイプが多い。
攻めに対して前のめりなデッキが多く、【除去コントロール】相手に時間を稼がれると不利な展開になることが多い。
逆にうまくデッキを構築できると破壊的な素質を十分生かせる。
総じて上級者向けの色構成と言えるだろう。

これらの文明を持つカード [編集]

カードパワーが高いカードが目立つ。《鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス》殿堂入りしており、《勝利のガイアール・カイザー》も一時期その汎用性の高さから殿堂カード候補に上がるほど強力だった。

《偽りの王 モーツァルト》《偽りの王 ヴィルヘルム》フィニッシャーとしては最高峰のスペックを誇ることで、今も根強い人気を誇る。

その他 [編集]

参考 [編集]