至高無上神(しこうむじょうしん) [編集]

至高無上神 R 闇/火/自然文明 (マナコストなし)
ゴッド
ゴッド:次のいずれかのゴッド・クリーチャーとして召喚する。
►[闇/火(6)]《至高神オービタル》
►[火/自然(4)]《無上神アンダーワールド》
《至高神オービタル》と《無上神アンダーワールド》がリンク中⇒《至高無上神オービタル・アンダーワールド》
至高神オービタル R 闇/火文明 (6)
ゴッド・クリーチャー:ゴッド 6000+
G・リンク[火/自然(4)]:《無上神アンダーワールド》とリンクして《至高無上神オービタル・アンダーワールド》となる。
攻撃する時、相手は自身の手札を1枚捨てる。
W・ブレイカー
無上神アンダーワールド R 火/自然文明 (4)
ゴッド・クリーチャー:ゴッド 3000+
G・リンク[闇/火(6)]:《至高神オービタル》とリンクして《至高無上神オービタル・アンダーワールド》となる。
バトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンからゴッドを探索し、1枚を手札に戻してもよい。

TCG版ではデュアル・リンクと名付けられた4パターンのG・リンクが可能だったが、デュエプレではそれは不可能になった。

《至高神オービタル》《無上神アンダーワールド》も特に能力には変更点はない。

状況に応じて使い分けることができるゴッド・カードといえど、《卵胞虫ゼリー・ワーム》よりコスト論で劣るアタッカーと、代用カードの存在するマナ回収効果では、どちらかを選べることのメリットが小さい。

《バイオレンス・フュージョン》を使うデッキならゴッドはマナゾーンにあったままで問題なく、マナ回収で不用意にマナを減らすのが悪手なのも痛い。

ゴッドを回収したいなら、マナを減らさず回収できるようになった《献花の化身》も存在する。デュエプレではデッキの多色カードがかさみやすいので、単色カードでそれができるのがそちらの利点である。
効果自体は、終盤に《竜極神》を回収したり、《究極神アク》《策略と魅了の花籠》を使われたときなどで使える。

至高無上神(しこうむじょうしん)オービタル・アンダーワールド》 [編集]

至高無上神オービタル・アンダーワールド R 闇/火/自然文明 (10)
ゴッド・クリーチャー:ゴッド 9000
(《至高神オービタル》と《無上神アンダーワールド》がリンク中)
W・ブレイカー
攻撃する時、相手は自身の手札を1枚捨てる。
バトルに勝った時、アンタップする。
ゴッド・カード:《至高無上神》

TCG版では、リンク時は《至高神オービタル》の能力でT・ブレイカーになれたが、デュエプレではW・ブレイカーである。

《バイオレンス・フュージョン》ではマナ基盤として活躍できるほか、出るゴッドの数合わせにあるいはパワー9000未満のブロッカーを貫通してダイレクトアタックができる召喚酔いしないアタッカーという点を買われて採用されることもある。

どうしても単品で採用する場合、6マナで《オービタル》→7マナでG・リンク《バリアント・スパーク》とすることで流れるように盤面制圧を行うことが可能。

通常のデッキでは、コスト10なのにパワー9000という点で一見すると魅力に欠けると思うかもしれないが、実際には中速ビートダウンを強烈に牽制できる置物として活躍できる。

【ドリームメイト】のような除去札をあまり入れないデッキには、無防備に《無上神アンダーワールド》や《至高神オービタル》を召喚してもどかされることが少ない。
そして、そのどちらかをバトルゾーンに出しておけば6マナないしは4マナの追加支払いで、タップした9000未満は全員殴り返し&大量セルフハンデスできる状態となる。《独裁者ケンジ・パンダネルラ将軍》の持つバトルの移し替え効果も貫通して倒すことができるため、相手は攻撃の手を緩めざるを得ない。

《機動聖霊ムゲン・イングマール》はシールドが1つ以下でないとほぼ召喚できないが、条件を満たしていたなら奇襲性が抜群なカードに対し、《至高無上神オービタル・アンダーワールド》は奇襲性こそは皆無だがシールドに依存せず召喚を狙えるクリーチャーであるといえる。

さらに、相手が《無限掌》内蔵のアタッカーの脅威から、クリーチャーを溜めてワンショットに切り替えてきた場合にも、《クエイク・ゲート》《バリアント・スパーク》での制圧が突き刺さる。

《バイオレンス・フュージョン》デッキと同じく、《無限掌》効果は《聖鎧亜ジャック・アルカディアス》などのS・トリガー持ちブロッカーでリーサルをずらされないフィニッシャーに転用もできる。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-09
    • 大地にエネルギーを戻すため、半身と別れし神が世界を駆け巡る。(至高無上神/至高無上神オービタル・アンダーワールド)
    • 仙界の有り余るエネルギーを消費するため、オービタルは至高の空間を作り出した。(至高神オービタル)
    • 仙界の有り余るエネルギーを消費するため、アンダーワールドは無上の時間を生み出した。(無上神アンダーワールド)

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]