サバイバー(種族) 節を編集

DM-05DM-06DMD-26に存在する特殊種族

サバイバーの持つ固有の能力はこちら→サバイバー能力
デッキとしてのサバイバーはこちら→【サバイバー】

5つの文明全てに存在し、進化クリーチャー以外はサバイバーともう1つの種族を持っている。
サバイバーは味方同士でサバイバー能力を共有することができ、数が並ぶほど強力になっていくという特性を持つ。

命名ルール 節を編集

名前の最後にギリシア文字のα(アルファ)、β(ベータ)、γ(ガンマ)、δ(デルタ)のいずれかがつき、これはレアリティによって変化する。
DMD-26で新規に収録されているカードにはレアリティが付いていないものの、デッキ内での役割に応じていずれかのギリシア文字が入っている。

非進化進化
(コモン)〜α(アルファ)〜・トゥレイト
(〜にはギリシャ文字のカタカナ読み)
(アンコモン)〜β(ベータ)
(レア)〜γ(ガンマ)
(ベリーレア)〜δ(デルタ)
ただし、例外的な存在である《究極男》にはギリシャ文字がつかない。

種族欄に記載される際、多種族の場合はスラッシュで分割されるかわりに「 [サバイバー] 」と表記される。意味はスラッシュによる分割と変わらない。
単種族の場合は他の一般的種族と同様な角括弧なしの「サバイバー」表記で永らく統一されていたが、DMD-26再録された《シータ・トゥレイト》では多種族サバイバー同様の「 [サバイバー] 」表記が用いられている。

主なクリーチャー 節を編集

ブレイズザウルスα(アルファ) C 火文明 (2)
クリーチャー:ロック・ビースト[サバイバー] 1000
SV−パワーアタッカー+1000
サバイバー(このクリーチャーがバトルゾーンにある間、自分の他のサバイバーも上のSV能力を得る)
シェル・ファクトリーγ(ガンマ) R 自然文明 (6)
クリーチャー:コロニー・ビートル[サバイバー] 2000
SV−このクリーチャーがバトルゾーンに出たとき、自分の山札を見る。その中からサバイバーを1体選び、相手に見せてから自分の手札に加えてもよい。その後、山札をシャッフルする。
サバイバー(このクリーチャーがバトルゾーンにある間、自分の他のサバイバーも上のSV能力を得る)
シグマ・トゥレイト R 火文明 (6)
クリーチャー:サバイバー 9000
進化−自分のサバイバー1体の上に置く。
クルー・ブレイカー:サバイバー

サバイバー種族の最大の特徴は、仲間同士で能力を共有できるサバイバー能力である。サバイバーアイコン以下に書かれた能力を他のサバイバーにも与えることができる。

例えば、ブロッカー《鉄壁の守護者ガリア・ゾールα》バトルゾーンにいる状態で、スレイヤー《ギガリングα》を出すと、サバイバー能力によってこれらのクリーチャーブロッカースレイヤーを両方持つようになる。

ここにさらに《ブレイドラッシュ・ワイバーンδ》を追加すると、W・ブレイカーも共有されて、ブロッカースレイヤーW・ブレイカーを併せ持つサバイバーが3体並ぶことになる。このように、味方が並ぶほどにどんどん能力を共有し合って強化されていくのである。

ただし、共有できるのは、アイコンで示されたサバイバー能力だけである。サバイバーアイコンが付いていない《シグマ・トゥレイト》クルー・ブレイカー《キング・ムーγ》W・ブレイカーは共有できない。

同様に《ビックリ・イリュージョン》を唱えて《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》を「サバイバー」に変えた場合も、《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》シールド焼却を他のサバイバーが得ることはできないので注意。

基本セット時代のDM-05に登場した古いシステムではあるが、なかなかアクが強く、闘魂編ではメタゲームで活躍することもあった。

その後は背景ストーリーでの全滅を契機として、およそ10年にわたって再録がないなど、長らく不遇な時代を過ごした。
しかし、DMX-12においてサバイバーを含む特殊種族を全て併せ持つ、《究極男》が登場。例外的な存在とはいえ、10年越しのサバイバーの復活に往年のファンは驚いた。

革命編期に発売されたDMD-26では、とうとう【サバイバー】が取り上げられた。少数ながら強力な新規サバイバーが登場し、再録も果たした。
以降のサバイバーの登場はBBPを中心に行われるようになっている。

味方が増えれば増えるほど強力になっていく性質からコンボ性が強いが、大量展開に長けており強力なデッキを組むことも可能である。

いかにもデュエマらしいトリッキーな動きを楽しみたい人にはおすすめの種族だろう。

  • DMD-26では、背景ストーリー上でのサバイバーの活躍が描かれている。
    • 時系列はエピソード3の後日談になっている。元々過酷な環境に適応していたサバイバーは、闘魂編後も全滅を免れ休眠状態で生き残っていたことが明らかとなる。アウトレイジとオラクルの戦争が終わった後の世界で、《電磁星樹アマリンα》が戯れに動かした禁断のプログラム「O.V.E.R.Evo.」によって復活し、急速な進化を遂げた。
    • その後のDMEX-08では、サバイバーは一大勢力となっており、アウトレイジ・オラクル連合と数百万年に渡る戦いを繰り広げている。戦いのさなか、並行世界である超天篇に呼応して到来したGRの力を支配しようとするが、アウトレイジ犬アウトレイジ猫超GRを支配したため失敗に終わる。彼らの戦いは、GRのような新たな力を求めてのものであり、力が目覚めるたびに行われているようである。(《シザー・アイGR》《フウセンアワダケβ》等参照)。
  • サバイバー(Survivor)とは生存者という意味。

サバイバーを進化元とするカード 節を編集

参考 節を編集