ウェーブストライカー [編集]

ウェーブストライカーとは、「バトルゾーンにウェーブストライカーを持つクリーチャーが他に2体以上いる限り、このクリーチャーはWS(ウェーブストライカーアイコン)以下の能力を得る。」を意味する常在型能力。名前の意味は「波の打撃者」。背景ストーリーやフレーバーテキストでは「無限軍団」とも言われる。
デッキとしてのウェーブストライカー→【ウェーブストライカー】

この能力を持つクリーチャーは総じてマナコストに対してパワーが低いが、条件を満たした後は爆発的にスペックが高くなる。

炎舞闘士サピエント・アーク  C 火文明 (3)
クリーチャー:ドラゴノイド 2000+
ウェーブストライカー(バトルゾーンに「ウェーブストライカー」を持つクリーチャーが他に2体以上あれば、このクリーチャーは次のWS能力を得る)
WS−このクリーチャーのパワーは+4000され、タップされていないクリーチャーを攻撃できる。

また、バトルゾーンにある自分のクリーチャーだけではなく、相手のウェーブストライカーを持つクリーチャーがいても条件を満たすため注意が必要である。
それを逆に利用したウェーブストライカーのメタカード《爆輪男》も存在。

種族ではないので、《光器ペトローバ》《凶星王ダーク・ヒドラ》などの恩恵は受けられない。

  • 設定ではレインボー軍団に破れ全滅し[1]、ゲーム的にも新規収録が途絶えていた。再登場は絶望視されていたが、約15年のブランクののちDMEX-08にて《炎舞闘士サピエント・アークGR》が1枚ながら登場を果たした。
    サバイバー[2]のように過去のテーマが再フィーチャーされた例もあるため、ウェーブストライカーにも再起が期待される。
  • 背景ストーリー上は「レインボー軍団」と争っていたにもかかわらず、多色のウェーブストライカーが存在している。 
    • デュエル・マスターズ プレイスでは、全てのカードにフレーバーテキストがついたため、「レインボー軍団」との戦いの様子、無限軍団が全文明を支配下に置くまでの過程がより細かく描かれている。この設定がTCG版に追加された設定なのか、あるいは独立した世界での設定なのかは不明。
      DMPP-05では、五大王が登場した。TCG版とは五大王と敵対色の登場順序が逆になっており、ウェーブストライカーが戦っている相手も異なることから、独立した世界での設定である可能性が高くなった。

一覧 [編集]

コスト論 [編集]

能力とパワーのシナジー、自身が他のウェーブストライカーの補助になるという点によりあまり安定していないが、だいたい1〜5マナのアドバンテージがあるようだ。
ただしTCG版《炎舞闘士サピエント・アーク》やデュエプレ版《炎神兵ゴリアック》など、コストと特性の組み合わせのおかげでコスト論以上の強さを持つものも存在する。

以下の表は、比較的コスト論を求めやすいもののみを掲載してある。

カード名WS発動時の特性コスト論
《リバイバル・ソルジャー》コスト3、パワー6000、モヤシ《アクア・ソルジャー》からパワー+5000
《薔薇公爵ハザリア》コスト4、パワー2000、cip選ばせ除去選ばせ除去が2マナ相当[3]
《骨折人形トロンボ》コスト2、パワー1000、cip墓地回収墓地回収が1マナ相当+cipでの墓地回収としては例のない軽さという特徴あり
《斬神兵グランドルメス》コスト3、パワー2000、cipで2000全体火力2000全体火力が1マナ相当[4]
《スカイフレーム・リザード》コスト6、パワー4000、cipで2体ブロッカー破壊2体ブロッカー破壊がパワー-3000[5]相当
《炎舞闘士サピエント・アーク》コスト3、パワー6000、アンタップキラー《騎兵総長キュラトプス》からパワー+4000
《炎神兵ゴリアック》コスト5、パワー4000、cipで5000火力5000火力が1マナ相当
《シェル・チャーチ》コスト4、パワー2000、cipマナ送り選ばせ除去選ばせ除去が2マナ相当[6]
《マッチョ・メロン》コスト2、パワー1000、パワーアタッカー+3000《原始の棍棒》からパワーアタッカーの上昇値が+1000
《命運の伝道師ラミエル》(デュエプレ)コスト4、パワー1500、S・トリガー、1体タップ《予言者コロン》からパワー+500
《アクア・トリックスター》(デュエプレ)コスト2、パワー1000、ブロックされない《キャンディ・ドロップ》からコスト-1
《ピリリパ》(デュエプレ)コスト4、パワー3000、cipバウンス《一角魚》からパワー+2000
《邪口虫ラフレシア・ワーム》(デュエプレ)コスト3、パワー6000のW・ブレイカースレイヤー《虐食虫グリード・ワーム》からパワー+5000
《斬神兵グランドルメス》(デュエプレ)コスト2、パワー1000、スピードアタッカー《解体屋ピーカプ》からコスト-1
《スカイフレーム・リザード》(デュエプレ)コスト5、パワー4000、cipで2体ブロッカー破壊2体ブロッカー破壊が1マナ相当
《炎舞闘士サピエント・アーク》(デュエプレ)コスト3、パワー6000のW・ブレイカー攻撃されない《クック・グレンオー》からパワー+4000
《ニンジャ・パンプキン》(デュエプレ)コスト3、パワー6000のW・ブレイカー、パワー5000以下にブロックされない《ゼノ・マンティス》からコスト-4

参考 [編集]


[1] 全方位カードファイル5参照
[2] サバイバーは約10年ほど新規収録がなかったあとDMX-12で1枚、さらに約2年後のDMD-26で複数枚の新規収録があった。さらにその後も細々ながら新カードが収録され続けている。背景ストーリー上でも闘魂編で滅んだとされていたが、「実は休眠状態に入り生き延びていた」とされたうえ、新たな役割が与えられた。
[3] S・トリガーのない《死の宣告》は計算上3マナ相当の効果
[4] S・トリガーのない《バースト・ショット》は計算上5マナ相当の効果
[5] 6マナ以上優位の法則
[6] チャージャーのない《ソイル・チャージャー》は計算上2マナ相当の効果