星雲(せいうん)精霊(せいれい)キルスティン》 [編集]

星雲の精霊キルスティン VR 光文明 (7)
クリーチャー:エンジェル・コマンド 5000+
ウェーブストライカー
WS−バトルゾーンにある自分のクリーチャーすべてのパワーは+5000され、「ブロッカー」と「W・ブレイカー」を得る。

DM-12で登場したエンジェル・コマンド

ウェーブストライカーデッキフィニッシャーとなるカード
WS能力によってパワー10000前後のW・ブレイカー軍団が完成し、爆発的な脅威をもたらす。
能力の影響範囲はウェーブストライカーカードだけに留まらないのも強力。

ブロッカー化により、相手のブロッカー除去の対象になってしまうので、召喚後は早めに決着を狙いにいきたいところである。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

星雲の精霊キルスティン SR 光文明 (6)
クリーチャー:エンジェル・コマンド 5000+
ウェーブストライカー:自分のクリーチャーはすべてパワーを+5000し、「ブロッカー」と「パワード・ブレイカー」を得る。

スーパーレアに上がり、コストが7→6になったことで使いやすさが向上。
《アドラス》《略奪秘宝ジャギラ》から繋がり、詰めの一手として組み込みやすくなっている。

また「W・ブレイカーを得る」が「パワード・ブレイカーを得る」に変更された。
パワー500の《予言者クルト》パワー低下で6000未満になっている状態を除き、1体のクリーチャーの攻撃で2つブレイクできることには変わらない。

3つ以上のブレイクを得るには、《キルスティン》なしの状態でパワー7000以上であることが求められる。
《炎舞闘士サピエント・アーク》をはじめとしたパワー6000のウェーブストライカーではパワー11000となりブレイク数はTCG版と変わらないが、ここに《予言者ラメール》の強化を加えるとパワー12000に到達し、T・ブレイカーを得たことになる。

DMPP-04環境では、このカードを使い制圧を目指すコントロール型とこのカードに頼らず攻め続けるビートダウン型の2つに【ウェーブストライカー】 (デュエプレ)は分かれている。

DMPP-05期には、公式大会のベスト8進出者が使っていたこともあり、【白青黒ウェーブストライカー】型で使用率が上昇した。

  • 召喚時には3つの光る玉が三角形を描く演出が見られる。ウェーブストライカーが3体揃って能力が発揮されることに起因したものか。

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]