予言者(よげんしゃ)クルト》 [編集]

予言者クルト C 光文明 (1)
クリーチャー:ライトブリンガー 500

DM-10で登場したライトブリンガー

デュエル・マスターズ史上初のパワー500のクリーチャー

通常、コスト1で相手プレイヤー攻撃できるクリーチャーは-1コスト分のデメリットを背負うため、デメリットを持たないクリーチャーでは本来パワーは0になる。

しかし文明を持つクリーチャーは時折パワーが+500されるという特徴があるため、1マナ500のクリーチャーとして存在することが可能であり、文明ゆえに存在するカードと言える。

《凶戦士ブレイズ・クロー》《ねじれる者ボーン・スライム》などのように、コスト1で相手プレイヤー攻撃できるクリーチャーには何かしらデメリットが付いている。
いわんや、パワー1000のクリーチャーにすらバトルで負けてしまうことがデメリットと言える。

入りの【速攻】での採用率は高く、必ずと言ってもいいほど4枚投入される。
後には同型再販《希望の親衛隊ラプソディ》が登場。両方採用して8枚体制にしたり、デッキに合わせて使い分けるのが良い。

  • DM-10版のフレーバーテキストにある「もっとも弱い者」という文言は、基本的に最弱のパワーであるこのカードの性質を表しているのであろう。因みに、このカードより前にこのカードの基礎パワーを下回る《緑神龍アンリストヴァル》を始めとする基礎パワー0ドラゴンサイクルが既に登場している。
  • 漫画「デュエル・ジャック!!」でこのクリーチャーのモノマネが出てきた話があった。そのモノマネは蹲った状態から両手にカサを持ち、頭に林檎を乗せるというなんともシンプルな物。
    さらに同上の漫画の4コマ漫画では人気獲得のためにかわいいクリーチャーをとショーに呼ばれたが、そのかわいい顔とは裏腹に毒吐きキャラとして登場した。

関連カード [編集]

相互互換 [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-10DMC-17DMC-34DMPP-04
    もっとも弱い者のみが、その奇跡を予言していた。世界は混迷し、憎しみを生み続ける。予言を知っていてさえも、この事態は複雑すぎた。
  • DMC-68
    釣った魚は流れ作業ですぐ調理! さばいて、ダシ取り、鍋で煮たてりゃ、かんたん・おいしい料理のできあがり! バトルだって同じだぜ! サクっとさばいて、煮ちゃいなヨ!――予言者クルト
  • DMR-20
    侵略者の黒幕が、正体不明の正体、ギュウジン丸であることが判明したその頃、別の事件の黒幕も判明しようとしていた。その事件とは...「クルト罠にかかっちゃった事件」だ!目の前のおにぎりに夢中で気がつかないクルト...。しかし、そこには見え見えの罠が!
  • プロモ
    秋といえばお月見! さーて、まんまるーいお月見だんごをお供えしてくると……って、クルト〜!?

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]