《「火球の祈り手(ファイアボール・チャネラー)(アンド)伝承の語り部(レジェンダリー・テイルテラー)」》 [編集]

「火球の祈り手」&「伝承の語り部」 R 光文明 (4)
クリーチャー:メタリカ/レクスターズ 4000
G・ストライク(このクリーチャーを自分のシールドゾーンから手札に加える時、相手に見せ、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。このターン、そのクリーチャーは攻撃できない)
このクリーチャーが出た時、コスト4以下のクリーチャーを1体、自分の手札から出してもよい。

DMRP-17で登場したメタリカ/レクスターズ

G・ストライクを持ち、cipコスト4以下のクリーチャーを1体、手札からコスト踏み倒しできる。

【メタリカサザン】に入れれば展開の補助になるだろう。《正義の煌き オーリリア》あたりが狙い目か。

環境において [編集]

DMRP-17期には主に白青構築の【鬼羅.Star】における展開補助札として活躍。

その他 [編集]

  • このカードの登場により、十二神騎のメンバーが全て出揃ったことになる。
    • 十王篇で十二神騎のメンバーは《「新時代の福音」》を除いて全員消し飛ばされてしまった筈だが、何故この2体が生き残っているかは不明。
    • 《十・二・神・騎》のイラストに描かれている「伝承の語り部」「火玉の祈り手」らしきクリーチャーとは全く見た目が異なる。名前を受け継いだ二代目かもしれない。
    • クリーチャー名をよく見ると「火玉の祈り手」ではなく「火の祈り手」である。
    • 余談だがフレーバーテキストにて、「伝承の語り部」は「王来空間」を知らない模様。授かった名前とはいえ、名前負けしていることになる。そういったジョークが利いたカードなのかもしれない。
  • フレーバーテキストの元ネタは漫画作品「魁!!男塾」にて敵や味方が謎の行動や謎の武器を出した際、雷電というキャラが反応して、他のキャラが「知っているのか雷電」と返し、雷電がそれを解説するというものである。なお、この解説は現実的にはデタラメなものが多くネタにされている。
  • 《火玉の祈り手》の元ネタは、Magic:The Gathering黎明期に存在したデッキ「チャネルボール」か。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-17(通常版)
    あ、あれはまさか「王来空間」!? ― 「火球の祈り手」
    知っているのか火球!? ― 「伝承の語り部」
    ああ……「王来空間」とは! 未来の王に選ばれた者しか入ることができない空間なのだ! ― 「火球の祈り手」
  • DMRP-17コロコロレア
    どんなに悪が強くても絶対に負けない。それが警察官なんです。

収録セット [編集]

参考 [編集]