聖霊龍騎(せいれいりゅうき)サンブレード・NEX(ネックス) [編集]

聖霊龍騎サンブレード・NEX P 光/火文明 (6)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/エンジェル・コマンド 6000
このクリーチャーを召喚する時、コストを2少なくしてもよい。そうしたら、相手は自身の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとしてシールドゾーンに置いてもよい。
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の手札を1枚捨ててもよい。そうしたら、カードを2枚引く。

DMBD-15で登場した/アーマード・ドラゴン/エンジェル・コマンド

自前のコスト軽減スピードアタッカー更には手札交換までついたドラゴンであり、能力すべてが革命チェンジに使ってくださいと言わんばかりのスペック。マナブーストや他のコスト軽減と組み合わせることで3ターン目にはフィニッシャーに革命チェンジ可能。手札交換能力を持っていることでコンボの再現性が高いのは大きな強みである。

コスト軽減能力を使用すると、相手は任意で1つシールド追加を行えてしまう。逆転の可能性を与えてしまうのはもちろん、このクリーチャー単独で攻撃する場合にW・ブレイカーが活きなくなる。ただ、相手にシールド追加させることによって逆転のチャンスを与えてしまうデメリットは、単体除去S・トリガーに無類の耐性がある《シン・ガイギンガ》革命チェンジすることである程度回避可能。

また、普通に6コスト払って召喚しても、《リュウセイ・ジ・アース》にそれほど劣らないスペックであり、十分強力。

名目コストが6なので《∞龍 ゲンムエンペラー》の能力を避けることもできる。特に主要侵略元やシステムクリーチャーが悉く《∞龍 ゲンムエンペラー》の能力の範囲内である【レッドゾーン】には願ったり叶ったりの侵略元。《一撃奪取 トップギア》などの初動コスト軽減から繋げば3ターン目に出せる。

当然だがコスト踏み倒しバトルゾーンに出すとシールド追加のデメリットは機能しない。その点《蒼き守護神 ドギラゴン閃》ファイナル革命で出す動きはデザイナーズコンボと言えよう。《ボルシャック・ドギラゴン》とも好相性であり、手札交換によって2枚目以降の《ボルシャック・ドギラゴン》を供給できることがある。

このカードのための初動コスト軽減は《チャラ・ルピア》《一撃奪取 トップギア》の最大8枚体制にすれば足りるだろう。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《聖霊龍騎サンブレード・NEX》を自身の能力でコストを2少なくして召喚し、バトルゾーンに出しました。
この時、「召喚する時」の能力と「出た時」の能力は、好きな順番で解決できますか?
A.いいえ、「召喚する時」の能力を先に解決します。
まず「召喚する時」の能力を解決して相手が新しいシールドを置いた後、《聖霊龍騎サンブレード・NEX》がバトルゾーンに出て、「出た時」の能力がトリガーし、それを解決します。
引用元