《ゼニガタ入道(にゅうどう) [編集]

ゼニガタ入道 UC 火文明 (2)
クリーチャー:デモニオ/鬼札王国 3000
このクリーチャーが攻撃する時、自分のシールドを1つ手札に加える。ただし、その「S・トリガー」は使えない。
<鬼タイム>自分と相手のシールドの数が合計6つ以下なら、真上の能力を無視する。

DMRP-15で登場したデモニオ/鬼札王国

アタックトリガー強制シールド回収を行うデメリットを持つが、鬼タイム発動時にはそのデメリット無視される。

スピードアタッカーやコストの違いはあるものの、《キズグイ変怪》を事実上8枚体制で投入できるようになったと捉えられるだろう。
こちらもシールド枚数の調整として優秀である。

  • 実際のテキストでは鬼タイムテキストは以下のようになっている。
    <鬼タイム>自分と相手のシールドの数が合計6つ以下なら、真上の■能力を無視する。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《ゼニガタ入道》の「攻撃する時」の能力で自分のシールドを1つ手札に戻したら、お互いのシールドの数が合計6つになりました。「鬼タイム」能力で、この攻撃で手札に戻したシールドの「S・トリガー」を使用できますか?
A.いいえ、「S・トリガー」として使用できないカードとして手札に加えますので、「S・トリガー」の宣言ができません。
引用元