《「迅雷(じんらい)」の(おに) ライジン(てん) [編集]

「迅雷」の鬼 ライジン天 SR 闇/火文明 (6)
クリーチャー:デモニオ/鬼札王国 6000
W・ブレイカー
自分のターンの終わりに、相手は自身のクリーチャーを1体選び、破壊する。
<鬼タイム>相手がクリーチャーを選ぶ時、自分と相手のシールドの数が合計6つ以下なら、相手のかわりに自分が選ぶ。

DMRP-15で登場した/デモニオ/鬼札王国

自分のターンエンド時に、相手に自身のクリーチャーを1体選ばせて破壊させる能力を持つ。

鬼タイム発動時は、相手がクリーチャーを選ぶ時、かわりに自分が選べるようになる。前述の能力と組み合わせる事で、ターンエンド時に任意クリーチャー破壊できるようになる。
また、「このクリーチャーの効果で選ぶ時」とは書かれていないため、相手が唱えた呪文などで自分のクリーチャーが選ばれる時も、選択権は自分に与えられる。そのため、1ショットキルを仕掛けに行く時に、S・トリガーなどで除去が飛んできても、攻撃済みのクリーチャーを選ばせるというプレイングが可能。

ただし、《ライジン天》の効果で相手のアンタッチャブルを倒せなくなってしまったり、本来なら自分のアンタッチャブルが選ばれない状況でも、可能なら選ばないといけなくなったりする[1]ので相性が悪い。

ルール [編集]

確認待ち [編集]

  • 相手がムゲンクライムの能力でクリーチャーをタップする時も、自分がクリーチャーを選択できるか。
  • もし、相手がムゲンクライムの能力で、自分がクリーチャーを選べるとして、相手のクリーチャーの中にアンタッチャブルがいて、指定の数のクリーチャーを選べない時はどうなるか。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-15
    ワシとフウジン天のコンビネーションを見よ! これにかけては、鬼札王国でも右に出る者はおらぬ! ― 「迅雷」の鬼 ライジン天

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.バトルゾーンに自分の《「迅雷」の鬼 ライジン天》が1体いて「鬼タイム」が発動中です。自分のターンの終わりに自分が相手のクリーチャーを1体選び破壊しますが、「かわりに」選ぶ能力なので《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》を破壊することはできますか?
A.いいえ、破壊できません。《「迅雷」の鬼 ライジン天》の能力はクリーチャーを選ぶプレイヤーを置換効果で変更しているだけで、破壊する効果自体を置き換えているわけではありません。
引用元

Q.バトルゾーンに自分の《「迅雷」の鬼 ライジン天》が1体いて「鬼タイム」が発動中です。相手が自分のターンの終わりに《ジョリー・ザ・ジョルネード》の能力の使用を宣言しました。この《ジョリー・ザ・ジョルネード》で手札に戻すジョーカーズ・クリーチャーを選ぶのは、どちらのプレイヤーですか?
A.《「迅雷」の鬼 ライジン天》を出しているプレイヤーが、手札に戻すジョーカーズ・クリーチャーを選べます。例えば、バトルゾーンに相手のコスト5のジョーカーズ・クリーチャーが3体いた場合、そのうち好きな2体だけを手札に戻すことも、3体すべてを手札に戻すこともできます。1体も選ばない事はできません。
引用元

Q.バトルゾーンに自分の《「迅雷」の鬼 ライジン天》が1体いて「鬼タイム」が発動中です。相手が《父なる大地》を唱えた際、バトルゾーンからマナゾーンに置くクリーチャーと、マナゾーンからバトルゾーンに出すクリーチャーを選ぶのは、どちらのプレイヤーですか?
A.《「迅雷」の鬼 ライジン天》を出しているプレイヤーが、バトルゾーンから自分のマナゾーンに置くクリーチャーを1体選べます。この効果はバトルゾーンでのみ影響を与えますので、マナゾーンから出すクリーチャーを1体選ぶのは《父なる大地》を唱えたプレイヤーです。
引用元


[1] 《ムシムタマ》など、一度に2体以上選ぶ効果にて「相手が選ぶ場合」よりも「自分で選ぶ場合」のほうが被害が大きくなることがある。