《ゴゴゴ・Cho絶(チョーゼツ)・ラッシュ》 [編集]

ゴゴゴ・Cho絶・ラッシュ R 火文明 (4)
呪文
S・トリガー
自分の手札を1枚捨てる。相手のクリーチャーを、コストの合計がその捨てた手札のコスト以下になるように好きな数選び、破壊する。

DMRP-07で登場した呪文

捨てた手札コストを参照し、その分だけ相手クリーチャーを破壊する、S・トリガー付きの割り振り火力を持つ。

普通に使う分には、コストが下がり手札損失がある《めった切り・スクラッパー》と言ったところ。ディスカードG・G・Gの発動をアシスト出来るようにデザインされているのだろうが、低コストのカードも多い【赤単ブランド】では使い辛い。

同じように手札を捨てる除去の《ゴゴゴ・Go1・ナックル》は手札が0枚でも除去が行える一方で、こちらはディスカードが必須であるので、焼ける範囲以外でも差別化ができる。しかし、このカードを入れる事で、S・トリガーで出てもいいようにコストの高いカードを常に手札に貯めておく必要が生じてしまうため、《ゴゴゴ・Go1・ナックル》より扱うのは難しくなるだろう。

相手の場にもよるが、基本的にはコストの高いカード手札に無いと効果的ではない。最大値はコスト無限《超法無敵宇宙合金武闘鼓笛魔槍絶頂百仙閻魔神拳銃極太陽友情暴剣R・M・G チーム・エグザイル〜カツドンと仲間たち〜》《∞龍 ゲンムエンペラー》で、アンタッチャブル以外のほとんどのクリーチャーに全体除去をかませる。自分のターンに使っても、たった4コストと手札2枚で敵軍を一掃できるのでロマンがある。さらに、《ゲンムエンペラー》なら墓地から使用する事も出来るため、実質的にディスカードによる損失を0にする事も可能。

もちろん、そこまでしなくともコスト71の《伝説の正体 ギュウジン丸》や、99の《月下卍壊 ガ・リュミーズ 卍》でも十分に一掃が狙える。
相手ターン中のS・トリガー《翔竜提督ザークピッチ》などの提督を捨てれば、除去しつつ大型クリーチャーを展開する事が可能なので、当初は【カウンターマッドネス】などで使われていた。

環境において [編集]

DMRP-10以降は【青魔導具】に出張するようになり、4枚フル投入した構築も見られるようになった。手札でダブついてしまった《月下卍壊 ガ・リュミーズ 卍》をコストにすれば、アンタッチャブル持ちを除く相手のクリーチャーを容易に全滅できる。
【赤緑ジョーカーズミッツァイル】などは、GR召喚が軌道に乗ればクリーチャーの合計コストが優に30を超えることもあるので、その対策としても有用となる。

極論として2枚程度の手札消費で十分メインの動きができる【連ドラグナー】手打ち前提で採用される場合もある。

ルール [編集]

  • デュエル・マスターズでは、「無限」に別の数を足した場合、「無限より大きい」という状態になるかのような処理が行われる。
    • なお、その考えは数学上で用いられる「無限」とは完全に反しているので注意したい。
    • このカードの場合、自分がこの呪文を唱えてコスト無限のカードを捨てたら、コストが無限のクリーチャーを1体破壊するか、コスト無限ではないクリーチャーを好きな数破壊するかのどちらかしかできない。

他のカード・デッキとの相性 [編集]

  • コスト4の呪文なので、《伝説の禁断 ドキンダムX》除去することができない。尤も、《ドキンダムX》のコストは高いため、それが痛手になることは【青魔導具】でもほぼ無い。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]