凄惨なる牙(タスク・プロデュース) パラノーマル》 [編集]

凄惨なる牙 パラノーマル R 闇文明 (7)
クリーチャー:アウトレイジ 7000
W・ブレイカー
シールド・ゴー
このカードが自分のシールドゾーンに表向きであれば、バトルゾーンにある相手のクリーチャーすべてのパワーは-3000される。

DMR-10で登場したアウトレイジ

シールド・ゴーと、シールドゾーン表向きである限り相手クリーチャーパワーを3000下げる能力を持つ。

7コストの能力持ちクリーチャーとしては標準的なパワーを持ち、とりあえず破壊されると《ローズ・キャッスル》の3倍のパワー低下をしつつシールド追加可能なアタッカーとしての運用ができる。

逆にシールド・ゴー能力をメインとして使いたいならば7コストと重く、更にそこから破壊する手間がかかるため、《驚異的陣形 アレキサンドライト》との併用が必要となるだろう。

一度シールド・ゴーしてしまえば《早撃人形マグナム》《突撃奪取 ファルコン・ボンバー》等のスピードアタッカーを含めたウィニー全般を封殺できるので場持ちが良く、安心感がある。
攻撃を介さずにシールドに干渉できる能力は少ないため、複数枚シールド・ゴーできれば相手にほぼ何も出来なくさせることも可能である。

  • 上記の通り、複数シールド・ゴーさせられれば効果は重複する。2体埋めればパワー-6000と《殲滅の覚醒者ディアボロス Z》をも上回る数値となり、4体埋めればパワーは-12000され殆どのデッキが機能停止してしまう。シールド・ゴーという条件の難しさが、これだけのパワー低下を可能にしたのかもしれない。
  • 名前の由来は映画「パラノーマル・アクティビティ」だろう。また「凄惨」と「生産(produce)」をかけている。

サイクル [編集]

DMR-10シールドゾーンに表向きである時に発揮する能力を持つシールド・ゴーサイクル。

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《「剛力の火砲」》の「自分のカードをシールドゾーンに置いた時」の能力は、《凄惨なる牙 パラノーマル》などが持つ「シールド・ゴー」でシールドゾーンにカードが追加された場合にも発動しますか?
A.はい、発動します。「ギャラクシールド」のような「シールドゾーンに置く」と書かれた能力に限らず、シールドゾーンに新たなカードが加えられた場合はいつでも発動することができます。
引用元