DMR-10 「エピソード3(スリー) デッド&(エンド)ビート」 [編集]

エピソード3の2番目となるエキスパンション。2013年9月21日発売。全62種類。現在は絶版
読みは「デッド・エンド・ビート」。

有名なカードとして

  • 前弾では登場していなかったアンノウンオラクリオンが登場している。特にオラクリオンは通常エキスパンションには初収録となる。
  • オラクルの新階級としてマントラ、ファミリアが登場し、さらにカルマと呼ばれる階級が存在することも示唆されている。
  • 背景ストーリー上の理由から、ビクトリーは両方ともアウトレイジMAXである。もっともオラクルにも優秀なカードは多数登場しており、オラクル側の戦術を好むプレイヤーにも買って損はないエキスパンションであるといえる。
  • 余談だが、ニュージーランドには「Dead End Beat」というバンド、及びセルフタイトルのアルバムが存在する。また、「デッドエンド」という言葉は「袋小路、行き止まり」という意味にもなる。「&」を単に「アンド」ではなく「エンド」という読み方にしたのはこういった事情からかと思われる。

収録カード [編集]

ビクトリー [編集]

スーパーレア [編集]

ベリーレア [編集]

レア [編集]

アンコモン [編集]

コモン [編集]

参考 [編集]