(げき)根源(こんげん) マクガフィン》 [編集]

劇の根源 マクガフィン SR 水/火文明 (5)
クリーチャー:ムートピア/美孔麗王国 9000
ビビッドロー[水/火(3)](自分のターン中、攻撃の前にこのクリーチャーをドローした時、表向きにしてもよい。そうしたら、このターンこのクリーチャーを[水/火(3)]支払って召喚してもよい)
スピードアタッカー
W・ブレイカー
自分のターンの終わりに、相手のクリーチャーを1体選ぶ。相手はそれを自身の山札に加えてシャッフルし、自分はこのクリーチャーを山札に加えてシャッフルする。その後、各プレイヤーはカードを1枚引く。

DMEX-13で登場した/ムートピア/美孔麗王国

5コストながらパワー9000とW・ブレイカーに加えスピードアタッカーまで持ち高い攻撃力を誇る。さらにビビッドローで3コストにまでコスト軽減可能で速度と破壊力が上乗せされている。3コストと軽ければドローカードでマナを使用した余りでも出せるチャンスも多いだろう。

その代わり自分のターン終了ステップ時に山札に送られてしまうので戦力としては使い捨てになる。
山札に送られる際相手クリーチャー1体も道連れにするため、除去カードとしての側面もある。攻めきれなかった際相手クリーチャーの頭数を減らし防御を固めることが可能。S・トリガー革命0トリガーなどで不意に出てきたクリーチャーも除去してしまえる。
また、山札送りの後おまけのようにドロー能力も持っておりリソース消費を軽減してくれる。

ターン終了ステップのドローは、ビビッドローと相性悪いのがマイナス。さらにご丁寧にシャッフルもする為、山札操作系のカードともアンチシナジー。しかし、ビビッドローと山札操作の組み合わせも下火になって使われなくなってきているので、この問題はかなり解消させる。

しかし、自身のコストが5、ビビッドローで3と《即効!ホット・スプリングス》にあったコストの重さを克服している。
単純に《襲撃者エグゼドライブ》の様な軽いアタッカーとしてデッキに忍ばせてみるのも手か。

  • 「マクガフィン(MacGuffin)」とは、物語において登場人物の行動の動機づけとなる事物を指す言葉。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.相手は自身のターン中に《インフェルノ・サイン》を唱えて《劇の根源 マクガフィン》を墓地からバトルゾーンに出しました。そのターンの終わりに、相手の《劇の根源 マクガフィン》の効果で、自分は《ZERO ハンド》を引きました。
自分は「侵略ZERO」能力で、《ZERO ハンド》を手札から使用できますか?
A.いいえ、「ターンの終わり」にトリガーする能力を宣言するタイミングは過ぎているので、《ZERO ハンド》を使用することはできません。(総合ルール 511.1)
引用元