ZERO(ゼロ) ハンド》 [編集]

ZERO ハンド P 闇文明 (6)
呪文
侵略ZERO:相手のターンの終わりに、そのターン相手がコストを支払わずにクリーチャーをバトルゾーンに出していたら、この呪文を自分の手札からコストを支払わずに唱えてもよい。
相手のクリーチャーを1体、破壊する。

DMD-35で登場した侵略ZEROハンド呪文

侵略ZEROと相手のクリーチャー1体を破壊する効果を持つ。

侵略ZERO持ちの初の呪文
同じ侵略ZERO持ちの《ZEROの侵略 ブラックアウト》《ZEROの暴走 デッドリー・ハイウェイ》と違い破壊の対象に条件が一切ないため、敵対勢力である革命チェンジのみならずあらゆるコスト踏み倒しに対して脅威となりうる強力なカード

コスト《デーモン・ハンド》と同じであり、相手がコスト踏み倒し戦術を避けても、遅れが作れれば手打ちの機会は十分にあるだろう。

特筆すべきは、呪文であるゆえに侵略ZEROとして発動した時点で効果解決する点。これを利用して、コスト踏み倒しメタロック能力を持つ《ウソと盗みのエンターテイナー》《制御の翼 オリオティス》《百族の長 プチョヘンザ》、あるいはpig除去を放つ《雪精 チャケ》《奈落の葬儀人デス・シュテロン》などを先に除去し、同時に侵略ZEROを発動したクリーチャーD2フィールドは後から安全に呼び出せるという、フレーバーテキスト通りの動きが可能。
このほか、相手のターン中に処理する事から《宇宙 タコンチュ》《高貴の精霊龍 プレミアム・マドンナ》除去できる。

ただし呪文であるため、《ファイナル・ストップ》などの呪文ロックを使われると唱えることができなくなってしまう。対策したい相手に合わせて《ZEROの暴走 デッドリー・ハイウェイ》と共に調整しよう。

環境において [編集]

革命チェンジ全盛の革命ファイナル環境ではカウンター手段としてよく使われていたが、新章デュエル・マスターズに入ると【ジョーカーズ】を中心としたウィニー環境が到来したため単体除去であるこのカードの評価は比較的低かった。

超天篇期の殿堂ゼロデュエルでは【転生サイクリカループ】の防御札として需要がある。

さらにDMRP-15期には序盤から大型ドラゴンも踏み倒してこれる【連ドラグナー】の台頭により、そちらへのメタカードとして【カリヤドネループ】を中心に使用率が上昇し、特に【カリヤドネループ】ではそれまで3枚から4枚の枠を使っていた《スーパー・デーモン・ハンド》をこれに総入れ替えする事態となった。あちらのデッキではたとえ除去として効果が薄い場合であっても最悪《魔導管理室 カリヤドネ》着地を早める1枚の墓地肥やしとしては機能する。《スーパー・デーモン・ハンド》と異なり《∞龍 ゲンムエンペラー》を選んでもデメリットを被ることが無いのも利点。
《∞龍 ゲンムエンペラー》で能力を無視されずにそれを破壊でき、《ヘブンズ・フォース》を使った2ターン目着地の動きにも手札にさえあれば対応出来るのはこのカードくらいである。しかし、《ニコル・ボーラス》を踏み倒されてハンデスされるとどうしようもない。

その他 [編集]

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.相手は自身のターン中に《インフェルノ・サイン》を唱えて《劇の根源 マクガフィン》を墓地からバトルゾーンに出しました。そのターンの終わりに、相手の《劇の根源 マクガフィン》の効果で、自分は《ZERO ハンド》を引きました。
自分は「侵略ZERO」能力で、《ZERO ハンド》を手札から使用できますか?
A.いいえ、「ターンの終わり」にトリガーする能力を宣言するタイミングは過ぎているので、《ZERO ハンド》を使用することはできません。(総合ルール 511.1)
引用元