襲撃者(しゅうげきしゃ)エグゼドライブ》 [編集]

襲撃者エグゼドライブ C 火文明 (3)
クリーチャー:ドラゴノイド 3000
スピードアタッカー
自分のターンの終わりに、このクリーチャーを自分の手札に戻す。

DM-06で登場したドラゴノイド

ターンの終わりに手札に戻る能力を持つスピードアタッカー

ターン手札に戻るためバトルゾーンに残せず、召喚するたびにマナを消費してしまうが、反面殴り返しを食らわないので非常に生き残りやすい。
相手のデッキタイプや状況次第ではこのカードだけで勝ててしまう事もあり、【赤単速攻】を強く支えたカード

他のスピードアタッカーとは違いパワーが高いので、《ローズ・キャッスル》《火焔タイガーグレンオー》等の【速攻】メタをいとも容易くすり抜けることが可能。
また、定番のシノビである《斬隠テンサイ・ジャニット》《威牙忍ヤミノザンジ》の影響を受けにくいため、【速攻】では群を抜いて強力なカードであった。

放っておくと一方的にシールドが削られていくため、除去S・トリガーが出れば真っ先に狙われてしまうものの、結果として他のクリーチャーが生き残りやすくもなるため、囮としての役割も担った。
また能力の性質上、《アクア・サーファー》などのバウンスも無力化できた。

ただ、場のクリーチャーが増えないのでクリーチャー展開では後れをとることになる。
【速攻】ではわずか3マナのクリーチャーですら重い扱いとなるため、他のクリーチャーを展開し切った後に出すと効果的であった。

また、殴り返されないかわりに、当然だがハンデスには弱い。しかし逆に言えばハンデスぐらいしか弱点がなかった。

長年、強力なアタッカーとして活躍したが、侵略が登場すると《音速 ガトリング》擁する【赤単ガトリング】が3ターンキルを実行出来るようになる。この様に高速化した環境下で、3コストクリーチャーを繰り返し召喚する事はあまりにテンポが悪く、使われなくなってしまった。

  • 手頃な対策としては、このクリーチャーよりパワーの高いブロッカーを用意する事が挙げられる。しかし、このカードを使うようなデッキは大概ブロッカー対策を積んであるので、あくまでも一時的な足止めと割り切る必要がある。
    また、《ディオーネ》《聖霊王エルフェウス》などを出されると全く攻撃できなくなる。
  • 「EXギャラクシー・テルセット」付属の「クリーチャーズ・シークレットファイルDVD」において、詳細な設定が明かされている。元々はドラゴノイド族で構成された盗賊旅団「ドラゴ・シーカー」の下っ端戦士だった。ところが、水文明の襲撃で家族を失ったことを機に旅団を脱退して軍に入隊。入隊後は音すらぶっちぎるスピードを活かして数々の武勲を立てて頭角を現し始めたらしい。
  • また、2009年3月17日に発売した「デュエル・マスターズ パフチョコレート」にイラスト替えが2種類再録されている。

関連カード [編集]

相互互換 [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-06DMC-06DMC-21DMC-27DMC-41DMC-42DMPP-01
    音すらぶっちぎり。
  • DMC-55
    一撃離脱の風が一瞬の隙をつく!
  • DMD-01
    俺って男はイケイケメン!――襲撃者エグゼドライブ
  • パフチョコ2(P37/Y7)
    マッハの世界も悪くない。――襲撃者エグゼドライブ
  • パフチョコ2(P38/Y7)
    俺を捕まえることなんて、誰にも出来ないぜ!――襲撃者エグゼドライブ
  • パフチョコ4(P65/Y8)
    俺様の豪速について来れるかな?――襲撃者エグゼドライブ
  • パフチョコ4(P73/Y8)
    俺って男は、斬れるしキレる!――襲撃者エグゼドライブ

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]